fc2ブログ

記事一覧

考えているときより、感覚に任せているときのほうがいいアイデアが浮かぶ

閉店後は、お友達の期待に添えられるよう、お皿を探してコーディネートしていました。はー楽しい。
 
fc2blog_2017111600264528e.jpg
 
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
 
Riyonではお客様にサービスで珈琲をお出ししています。
 
fc2blog_201711152328315af.jpg
 
たとえばこんな感じで。
それを初めて経験する方は、なぜ珈琲カップ&ソーサ―じゃないのかって思われるんです。
でも、「珈琲カップ」というのは、珈琲を飲むのに適してるでしょって勝手につけられただけなのに、それが浸透したらそれがいわゆる「普通」になってしまった。
珈琲を飲むときには珈琲カップって。
 
 
春ならこんな感じ
 
fc2blog_2017111523430640b.jpg
 
昨日はお店に、新潟のお菓子屋さん【HAPPY SUGAR】のウチコさんが来てくれました。その際はこんな感じで。
 
fc2blog_20171115142909047.jpg
 
 
普段、添えている葉は自宅の庭にあるものを切ってきていますが、ウチコさんに出すときは、お店の前の公園の銀杏の葉を、2枚ひろってきました。(もちろん洗ってから添えてます)
 
fc2blog_2017111514282591d.jpg
 
 
 
この、珈琲カップにとらわれない方法は、どなたに提案しても喜ばれます。たまに、どうやってそういうのを思いついたんですかと聞かれることがあります。
でも、だいたいが適当です。
考えて出てきたことのほうが少ない。
それはたとえば、ソーサ―が必ずしもセットのものでなくてもよいではないかと考えたときに、そこにあった大きめのお皿に目がいっただけでした。
たとえば、ソーサーの代わりにこれくらいのーーー。の次に、「というか、まさにこれでいいじゃん」と思ったのです。
そうすれば、みんなそんなにアイテムをそろえなくても、おうちにあるもので楽しめるように提案できますしね。
 
 
 
私は何もないところから、様々なアイデアが降ってくるような人ではありません。
だから、間違えてしまったとき、意外とそっちの方がいいんじゃないかとか、全然関係ないものを見たときに、ああ、例えばコレを和風でやるならば和紙をちぎって表現したらどうだろうとか、こんなものを散らしたらどうだろうとか、色を変えたら印象的だなとか、そんなふうに思うのです。
アイデアって、意外とそんなものではないでしょうか。
 
 
 
2年前、雪が降るほど寒かったお正月。寒がりの私は、横浜の街を歩きながら、いつの日か電気毛布のような本気で温めてくれるインナーが出来ることを夢見たのでした。(汗で発熱とか言ってないで、本格的に温めて欲しい。こんなに文明が発達してるのに)
新商品もきっと、不便からきていますよね。
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

プロフィール

Riyon

Author:Riyon
埼玉県熊谷市。籠原駅から徒歩15分ほど、公園のめぐりにある、珈琲豆と器とお洋服の、小さな小さなセレクトショップ、Riyonです。
Open 11:00~18:00 日/月曜/祝日はおやすみです。  

記事カテゴリ【月別】