食べたいという欲求は、生きたいという欲求なんだ

 05, 2017 21:55
私が機嫌が悪いとすれば、それは多分おなかがすいているときだと思う。本当に。
話しかけるときは、何か食べ物を手にしていると、少なくとも殴りかかることはないかと思います(´∀`*)
 
 
fc2blog_20170808211044d19.jpg

 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
 
自分を正当化するわけではないけど、お腹が空くって、とても健康的なことだと思う。
生きていくっていうことに直結するもの。
そう考えると、食べたいって、生きたいってことかな。
 
 
なにか食べるまで、ずっと「食べたい」って思い続けるじゃないですか。
お腹が空きすぎて、本当にすいているのかわからなくなることはあっても、やっぱり「お腹が空いている」ことに飽きたからもういいやということはないですもんね。
 
 
 
同じように、仕事でも趣味でも、何かを強く「やりたい!」と思ったとして、それをやらなかったら、やらないままでいたら、それが満たされることはありません。
やらないままで「まぁいいや」と思うようなことは、自分の中でその程度のことなのかも知れないなぁ。
 
 
少し前に、やりたいことをきちんとやるために、「やりたいこと」を、絶対にやりたいこと、いつかやりたいこと、やれたらいいなの3つにちゃんと分けてみるというブログを書きました。
 
 
ただのメモであったとしても、きちんと分けてあげた(あげたって!(笑)自分の為なのに(笑))ことで、その3つがゴチャゴチャなまま、脳内にぼんやりとある状態ではなく、2つは綺麗に引き出しにしまわれて、すぐにでもやりたいことだけが机の上に置いてある状態になり、とても整理しやすく、その為にまずやるべきことが明確になりました。
それで早速動けたこともあります。
 
 
 
求めるということは、それを今持っていないと認識しているということでもあります。
今持っていないから、それを手に入れるために頑張るのは大事なのだけれども、今持っているものの確認だったり、感謝だったりがないと、ただ「欲しい」「やりたい」では、たとえ手に入れたとしても幸福感は感じられない気がします。
 
 
 
 
昨日、お友達に
「お菓子作りに興味ないよね?」と言われました。
 
実は(というほどのこともないけれど)私は子供の頃からお菓子作りが好きで、作っては友達にあげて、喜ばれて調子にのってまた作るというのが割と好きでした。
 
一時期はパン作りにハマり、こんなに作るのならと、ホームベーカリーを買い、北海道から小麦粉を取り寄せ、クックパッドのありとあらゆるレシピを試しました。そして最終的に気に入ったレシピを食べ続け、そして飽きました。
 
 
作らなくなったのは、喜んで食べてくれるひとがいなくなったから作りがいがなくなったのと、以前ほどものづくりに費やせる時間がなくなったから。
 
 
 
そういうことを私は自分のためだけに出来ないのです。
というと聞こえがいいけど、そうではなくて、単純にやりがいの話で、欲しいものが違うのだと思う。
 
 
自分のために、きちんとお菓子やお料理を作れる人を、素晴らしいと思うし、きちんと生活できている感じがします。
とても格好いいと感じます。
 
 
 
人は、自分が持っている箱が満たされていなかったら、人様に心から優しくできません。
そしてその箱を満たすのは、他でもない自分自身です。
 
 
 
求めるものは人それぞれだけど、大事に、丁寧に自分自身を生きていなかったら、満たされることはありませんし、人様の心を満たすこともできません。
 
 
私の器好きも、ミュージカル好きも、他の色んな好きなものも、それを満たしてくれるものの1つ。求めて、自分から受け取ろうとするもの。それによって、満たされる。
 
 
あなたの心にある箱も、好きなもので埋まっていますか。
 
 
 
 
では、今日はこの辺で。
おやすみなさいませ。
いい夢を♪
 
 
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

WHAT'S NEW?