夢の国の住人こそ現実を見ている

 02, 2017 23:53
午前中ちょっと用事で出たので、帰りにパンを買って帰ってきました。
焼きたてのパンって、幸せな気持ちにさせてくれますねー。
 
 
fc2blog_201708022255590e9.jpg
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
 
いやあ、映画って本当にいいですね。
って言うほど全然映画を観ていない私ですが、同じ映画を何回も観るという習性がございます。
 
 
とりあえず昨日、「ラ・ラ・ランド」が届いて、ラララな私です。
ララランドは「LA LA LAND」と書きます。
「LA」とは、「Los Angeles」のこと。
 
 
私はロサンゼルスにいったことがないし、映画を観た後に知ったのですが「LA LA LAND」の「LA」は「現実離れしている状態」「夢の国」などの意味もあるそうです。
 
 
She is living in la-la land.
彼女は夢ばかりみている(現実を見ていない)
 
というふうに使うんですって。まさに「LALALA〜♪」ですね。
 
 
この映画は、ただのミュージカル映画ではなくて、物語もただのラブストーリーではないし、ファッションも鮮やかで美しい。歌やダンスは言うまでもない。
 
 

 
黄色いワンピースを着た、ルームメイト役のソノヤ・ミズノさん。日系イギリス人である彼女は、バレエダンサーなだけあって、ダンスがしなやかで目を奪われます。
 
 
共に夢を追いかけ、それぞれが頑張るこの4人で闊歩するシーンが好き。
ここで流れる「Someone in The Crowd」は、個人的に思い入れもあって、好き。
なにかにつけて聴いています。
 
 
fc2blog_201708022240391bd.jpg
 
 
まだご覧になっていない方は、機会があったら是非見てみてくださいね。
 
 
さて、私はミュージカルが大好きで、ミュージカル映画も大好きです。
最も好きなミュージカルは「コーラスライン」(CATSも捨てがたい)
だから映画「ブロードウェイブロードウェイ」は何度もなんども観ました。
 
 
「ブロードウェイブロードウェイ」は、「コーラスライン」再演にあたり、オーディションが行われた模様を撮った、ドキュメンタリーです。
 
 
場所はニューヨーク。
長い列に並んでいるのは、オーディションを受けに来たダンサーたち。
応募者数3,000人は、最終的に19名に絞られます。
 
 
彼らはこう言います。
「これは私の物語だ」ってね。
それもそのはず。コーラスラインとは、まさにオーディションの物語だからです。
 
 
 
「手に入れたい この仕事 何人採るのか
諦めよう諦めよう とても無理だもの 
気にいるわけない 顔もダンスも」
 
fc2blog_201708030112184cf.jpg
 
 
「この仕事がどうかとれますように。神様お願い」
 
 
「写真を見ても 履歴書を見ても 本当の自分はわからない
僕は誰に なればいいのか
たくさんいるけど 僕は僕
どうか 僕に この仕事を 」
 
fc2blog_20170803011209af8.jpg
 
 
それは単純にダンスや演技、歌の技術だけではありません。
 
友達と参加した者はどちらが選ばれるのか。複雑な心境でこう言います。
「どちらが選ばれても嬉しいわ」
「そうね!」
(半分は本音だと思うけど、ちょっとゾクッとしました)
 
 
プロかアマかも関係ない。
代役のはずの人に、役をとられる一流ダンサー、絶対的な自信を持つ、素晴らしい経歴のダンサー。
誰が残り、誰が去るのか。
一瞬の隙も許されない。数ヶ月もの間、ライバルというより、自分に負けなかった者だけが立てる舞台。
人間味あふれる、文字通り汗と涙の世界が広がっていました。
 
夢の国に住んでいる方々、夢を見せる職業の方々こそ、現実をよく知っているのかもしれません。
 
 
fc2blog_20170803011418f41.jpg
 
 
「ラ・ラ・ランド」にも言えるけれども、これは決してこのオーディションの中だけの世界ではなく、私達の世界と似ています。誰もが経験すること。
現実には、誰かと役や舞台の取り合いをすることはそうそうありませんが、人様を見て、自分の不甲斐なさに嫌気がさして、ときに気合を入れたり、ときに逃げ出したくなったりしながらも、果敢に自分の人生に挑み続けることは、誰もが経験していること。
 
 
技術のある人だけが、素晴らしい経歴を持った人だけが、「幸せ」を約束されているわけではない。
幸せは、技術ではなく、自分で自分を認めたり、環境を受け入れたりするときに感じるものだと思うからです。
 
私はいつもブログの最後に
「いい夢を」
と書きます。
 
 
しかしながら本当の「いい夢」は、「幸せ」同様、目を開けているときに見られることであり、それを追う努力をすることであり、その努力をする自分を認められることなのではないかと思います。
 
 
 
今日も1日お疲れさまでした。
いい夢を♪
 
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

WHAT'S NEW?