自分を変えてくれる人なんて、周りにたくさんいる

 10, 2017 23:53
何人かお友達やお知り合いの方々を思い浮かべて、
その方々へ、それぞれの方にぴったりの形容詞を付けたとして。
 
 
その形容詞(印象)を、明日その人がはずしたら、面白くないですか。
 
 
fc2blog_2017061100012325b.jpg
 
この人達も相当面白い。
 
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
 
人は、頼まれてもいないのに、知り合った人に対して印象を持ちます。
 
 
そして私の周りには、その第1印象より、実際には面白い人のほうが多い。
(あぁ私はなんて恵まれているのだろう)
 
 
ブログの文章からはとても堅い印象だったある人は、実際会って挨拶してもやはりマジメで堅かった。
でも何度か会ううちに、こんなことでこんな顔して笑うんだと知ったとき、とても可愛いと思った。
 
 
完璧な人だと思っていたあの人は、実はとても人間味あふれる人で安心した。
 
 
話しにくい人かと思っていたあの人は、あちらから心をひらいて、仲良くなるきっかけをくれた。
 
 
明るい人かと思っていたあの人は、やっぱり明るかった。
 
 
私が勝手に作り上げた、
「きっとこの人はこんな人!」というのを、見事に壊してくれて、いろんな面を見せてくれる人。
あるとき、想像もしなかった展開になっていたり、とても興味深い。
 
 
 
人は、知り合った人皆に好きになってもらうなんて難しいし、
知り合った人皆を好きになるのも難しい。
 
 
でも、気の合う人をもっと好きになることはとても簡単。
なぜなら、好きになろうとしなくても、興味があれば自ずと近くに行ってしまうから。
 
 
その人のことが気になるのは、その人の魅力。
そしてその魅力は、多分天性のものというより、誰かを想う気持ちから選択された道によって出来上がったものだと思うのです。
努力だったり、習慣化してきた考え方だったりによるもの。
それが、あなたに近いから、あなたの心を揺さぶるんだ、きっと。
 
 
 
 
 
その人達の存在が、力をくれる。
ときには追いかけるために。
ときには同じスピードで、同じ景色をみるために。
ときには寄り添うために。
 
 
 
もしそういった人がいなかったら、自分自身が選ぶ道は、おそらく安定した平たい道です。
 
そこから刺激を得るのは大変でしょう。
その点、人は、自分の思うとおりにはなりません。
 
 
自分のペースに関係なく、いきなりペースアップしたり、角を曲がっていたり、坂道に挑戦しだしたりします。
そんな姿は、少なからず刺激をくれます。
 
 
前頭前野が活発になるのは、なれないことをしているときだといいます。
クリアしたゲームより、新しいゲームに挑戦しているとき。
新しい一面。
 
 
機会があれば、なんて待っているばかりでは機会は来ない。
だから、人を見ながら、常に刺激を確認して、機会を作って歩いていきたいものですね♪
 
 
 
では、今日も1日お疲れさまでした。
おやすみなさいませ。
いい夢を♪
 
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

WHAT'S NEW?