届きそうで届かない距離

 23, 2017 23:51
北海道では、セブンイレブンでアメリカンドッグを買うと、お砂糖が付いてくる。
という話を聞いたのは、3日ほど前のことでした。
 
お友達の忍さんの投稿に、
「それは甘いの?しょっぱいの?」
とツッコんだところ、いつか私が北海道に行ったら、アメリカンドッグをご馳走してくれるという。
 
fc2blog_201705231914078a6.jpg
 
 
でも、そこまで待たなくても、普通に砂糖をまぶせばいいと気付くまでに、時間はかかりませんでした。
だがしかし、そこは気づかないふりを決め込みました。
 
 
ところがです。
気付いたら、セブンにいました。
ここのアメリカンドッグが美味しいのは、皆さんご存知かと思いますが、砂糖をつけても普通に、きわめて普通に美味しいという、なんとも普通の感想を持ちました。
 
 
 
 
こんにちは。
セブンイレブンでアルバイトした経験はありません。
 
珈琲豆・器・洋服
熊谷のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
 
さて、先日。
電車内で、友人たちと(スマホのトークルームで)おしゃべりしていたら、いつもは繋がるところで、何故か電波が悪くて、送ることも読むこともできなくなってしまいました。
 
 
 
利用する頻度の高い電車なら、電波の悪いエリアは、認識しています。
池袋-赤羽間。ここ、必ず切れるんですよ。
 
 
なのに、そこ以外で繋がらなかったから、ちょっとイライラ、、、まではいかないけどイライラ(どっちだよ)。
とにかく、「むむっ」となってしまった。
 
 
 
ああそういえば、先日TVで、
「電車内で電波が繋がらないのは、満員電車よりもストレス値が高いことがわかった」
と言っていました。
 
 
これか。
そしていつだったか、新潟に新幹線で向かったとき、トンネルを抜けたら、そのときに書いていたブログが全部消えたことがあったことを思い出しました。
 
 
でも、しょっちゅう使っている人は、そんなこと知っています。
知っていれば問題なかったんじゃないかな。
 
 
「繋がるはずのエリアで繋がらなかったこと」
は、「自分のペースを乱されること」だから。
ブログや友達との会話。ネットでの調べ物も途切れてしまう。
 
 
繋がっているかどうかより
「繋がっていないことに気付くこと」
が、うずうずの原因です。多分。
 
 
 
でもね。
自分でどうすることも出来ないからこそ、満たされることもあるのです。
それは特に、相手が人の場合。
「思い通りにならないからこそ惹かれる」
 
 
 
いつも届くのに、今日は届かない。そんなもやもやと。
それならばきっと今日もダメだろうと思ったら、今度は届く。
そんな、絶妙な距離の輪投げみたいにね。
 
 
「おはよう」
と言えばいつも笑顔で
「おはよう」
とかえしてくれるあの人が、今日は笑顔をくれなかったとか。
 
 
いつもなら
「どこどこに行きたい」
といえば
「じゃあ行こうよ」
って言う友達が、今回は言ってくれなかったりとか。
 
 
逆に。
落ち込んでる友達にかける言葉が足りなくて、もどかしく思っていたのに、想像していなかった方法で気持ちを返してくれたりとか。
 
 
 
「どうしたんだろう。」
「なぜだろう」って。
 
 
 
会社の人も、お友達も、家族ですら、
人はいつも、自分の思ったようにはいかない。
 
 
そんなことは当たり前だとわかっているのに、ときにそれがもどかしくて、掻きむしって自分で傷を広げてしまうこともあるし、
 
どこからともなくやってきた人が手を差し伸べてくれて、また立ち上がれることもある。
それは、友達だったり、家族だったり、ときには音楽だったり、その原因を作った人だったり。。。
 
 
 
そんな、マイナスとプラスの針が振れることが、私達をいちいち悲しませたり喜ばせたりします。
人ってすごいですね。
本当はすべて冷静に受け止められたらと思うけど、そうもいかないのだから。
 
 
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

WHAT'S NEW?