すすめなまけもの

 13, 2017 23:53
今日、仕事の途中でパソコンを起動したら、こんな画面になりました。
 
 
fc2blog_20170513184423809.jpg
 
 
ウインドウズは、いつも勝手に壁紙が変わるのですが、こうしてナマケモノがたまに出てくると、ちょっとハッとします。
そして嬉しくなります。親近感がわくから。
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
熊谷のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
今日は母の日直前の駆け込みで、ギフトがよく出ました。
お母さんがなになら喜んでくれるかなぁって、考えている姿ってとてもいいですね。
お陰でおなかがすきすぎて、超高速で食べました。
 
 
fc2blog_20170514002331ee6.jpg
 
 
 
 
とりあえず今夜も この辺で良しとしよう
 
 
そんな風に始まる歌があります。
それが、
「進めなまけもの」
 
 
斉藤和義の曲です。
そのタイトルを初めてみたとき、驚きました。
 
斉藤和義ならではの、いい意味での脱力感。
 
変わらないことも一つの才能
なんて言っちゃって。

 
あぁ。でもそういえば、最近斉藤和義の曲を聴かなくなりました。
意味は特にないけれど。
 
 
数年前までは、よく聴いていました。
古い曲ばかり。
 
 
ちょっと疲れて、何か大切なものを見失いそうになったときなんかに聴くと、沁みます。
音楽なんて、人に言われて聴くものではないでしょうけれども、よかったら聴いてみてくださいね。
 
 
私が好きな曲。
聞かれてもいないのに勝手に数曲ご紹介します♪
 
 
 
「やわらかな日」
 
「事故で亡くした夫の体から取り出した精子で受精成功」
彼女は言った
「すごい愛だと思わない?」
 
 
「ねぇどうなの?」
って彼女がせかす
「ねぇ ものすごい愛だってあなたは思わないの?」
「まだ何も言ってないだろ」
「じゃ どうなの?」
「うん そうだね」
「もう つまんない人」
 
 
幸せってきっとこういうものなんじゃないかな。
当人しかわからないであろう、目に見えにくい幸せのカタチ。
愛情がたっぷり降り注がれていて、聴いてるこちらが眩しくなる曲です。
 
 
 
「歌うたいのバラッド」
 
これは有名すぎてもはや語る必要もないんだけど、
初めて聴いたときに、よくわからないけど、涙が止まらなかった。
シンプルなことを、ストレートに言うって、実は難しいもの。
 
 
ハッピーエンドの映画を今イメージして唄うよ
こんなに素敵な言葉がある
短いけど聞いておくれよ
「愛してる」
 
 
 
「ウエディング・ソング」
 
その人と選んだ
人生が今始まる
誰も幸せしかいらないだろう
それだけを祈るだろう
 
言葉を足す必要もない、透明な歌詞ですね。
 
 
 

 
 
「君の顔が好きだ」
 
 
僕が僕であることを人に説明することの無意味さを
君の表情はいつでも教えてくれる
言葉はいつも遠回り空回り風にのって消えちまう
形あるものを僕は信じる
 
 

 
 
 
でも、一番好きなのはこれかもしれないなー(と誰にも聞かれてないけど答える)
「ベリーベリーストロング~アイネクライネ 」
 
 
「立っている仕事は大変ですね」やさしいねぎらいの言葉
不意におれは答える「でも座りっぱなしも大変でしょうね」
自分の仕事が一番辛いと思うやつにはならない
 
 
これは正確には斉藤和義ではなくて、伊坂幸太郎が小説を書き、そこから生まれたものですが、慌ただしい現代のなかの、ほんのすこし、時間を切り取った感じがします。
だから、時間の流れがすごくゆったりしている。
でも周りはものすごいスピードで、人様のことなんか目もくれずに早歩きしている感じとでも言いいましょうか。
 
情景が浮かんでくるのです。物凄くリアルに。喧騒とか、はにかんだ笑顔とか。
それがなんだかとても好きです。
 
 
 
 
番外編
「幸福な朝食 退屈な夕食」
これは歌詞云々というより、こんな曲を作る人は天才に違いないと思った曲です。
 
 
 
ちなみに、「進めなまけもの」では、最後にこんな歌詞で終わっています。
 
 
言い訳はほどほどに 進めなまけものよ
最後には 最後には笑え なまけものよ
 
ってね。
最後には笑おう。
休みながらでいいから、進もう。
 
 
では、今日も1日お疲れさまでした。
おやすみなさい。
いい夢を♪
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

WHAT'S NEW?