技術そのものと同じくらい受け入れる心も大事だと思う

 29, 2017 23:39
ちなちゃんがお買い物に来てくれました。
大好きなチョコレートを持って♪
 
 
fc2blog_20170329174530808.jpg
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
 
 
ちなちゃんは、【Colorful Body】ピラティスのインストラクターさん。
カラダのメンテナンスのプロです。
 
 
私は、なかなかレッスンを受けられないのだけれども、行った時には
「どこか痛いところはある?
気になるところは?
ちょっとこの辺ガチガチだねー」
 
 
と笑顔で優しく受け入れてくれて、難しいことを考えなくてもその通りにやるだけで
「どうかな!?さっきよりこのへんが緩くなったよ!」
そんな風にほぐしてくれます。
 
 
 
 
 
本当はプロだから、言いたいことなら沢山あるだろうし、
たとえば、「この人の今の身体の状況だと、週に2回はきて、この器具を使って、何とか筋と、何とか筋をどーのこーのして、、、」
なんて、あると思うんですね。(筋肉の名前とかわからないから適当ですけど)
 
 
でも、人それぞれに生活や考えがあって、
(どの分野にも言えることですが)必ずしもプロの
「こうしたらいいのに」
が、受け入れられるわけではありません。
 
 
 
それを理解したうえで、受け入れてくれるというのは、ありがたいものです。
プロの意見がとても大切なのはわかっています。
 
 
自分にとって、最優先事項であれば、そうすべきでしょう。
でも、すべてのことを「最優先」にはできないですよね。
そうでない場合、状況によってはそれでは疲れてしまうだろうし、よほどストイックか、もしくは時間に余裕がない限り、続けることができません。
言われる通りのペースで続けられないからと、
「もう無理!!!」
と全てを放り出してしまったら、本末転倒です。
 
 
少し緩い部分を持ってくれていることにより、行くことを楽しみにできるのです。
「彼女のところに行けば大丈夫」
そんな安心感を持っています。
もちろん、そうなる前に行くべきなのだけれども、その「安心感」こそが、彼女のレッスンを受けられないときでも、私の身体をほぐしてくれるのです。
 
 
 
「あの人に任せておけば大丈夫。」
 
 
 
私も、誰かにとっての、そんな人でありたいなと、思いました。
 
 
 
では、今日も1日、お疲れさまでした。
いい夢を♪
 
 
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

WHAT'S NEW?