女性はお花に吸い寄せられる

 18, 2017 23:15
新しい花器が届きました。その形が個性的で、とても楽しい。
 
 
fc2blog_20170317235608d6b.jpg
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
ミツバチ達は花に吸い寄せられるように、寄って行きます。
 
 
きっと女の人もそうなんだと思う。
 
 
 
先日、品川駅でエスカレータを下っていたら、たくさんの花が目に飛びこんできました。
地元にはないのですが、大宮でも、渋谷でも、気付くと私は、青山フラワーマーケットに目を奪われているのです。
 
 
fc2blog_20170318000445abc.jpg
 
 
全てのお花屋さんかというと、そうでもなくて、でも、決まってこのお花屋さんは、時間がなくて歩きながらでも、横目で見てしまうのです。
 
 
それが自分でもとても不思議でした。
もちろん、チェーン展開していてあちこちにあるからというのもありますが、それ以外にも理由があるはずだと。
 
 
そこで、気付いたことがあります。
上の写真は品川駅、次の写真は青山なのですが、共通点がわかるでしょうか?
細かすぎて、ナンチャンを探せみたいになってますね。(あ、若い人はおわかりにならなくて当然です)
 
 
fc2blog_20170318000718be1.jpg
 
 
間違えました。
 
 
fc2blog_20170318000740f7a.jpg
 
 
いかがでしょうか?
青山フラワーマーケットの前を通りかかったことのある女性なら、この写真を見なくてもお気づきかもしれません。
 
 
 
そうです。
プチブーケがあるのです。(この写真ではわからない)
これがあることによって、買ったあとのイメージが容易に湧くのです。
どんな花器に飾って、どこに置こうかって。
 
 
そのブーケの大半は、ピンク系をベースに作られています。
そしてブーケ以外でも、1番目立つ場所にはピンクや赤などのお花が並べられており、それは、普段お洋服などで「ピンクや赤は着れないわ」という人でも、やはり女性ならばピンクに目がいくし、幸せな気分になるし、お洋服と違ってお花であれば、ピンクを選べますよね。
 
 
個人的には、いざ買うとなると枝物のほうが好きなのですが、やはりかわいいブーケをもらってうれしくない女性はいません。(多分)
 
 
 
先日、お友達とランチをするために、表参道駅からすぐのところにある「青山フラワーマーケット ティーハウス」というカフェを訪れました。
お友達もお花が好きだから、きっと喜んでくれるはず。と。
あ、上の写真が入口です。
 
 
fc2blog_2017031723582831b.jpg
 
 
リア充っぽく、食べられるお花がのっているパンケーキをたのんでみました。
 
 
fc2blog_20170318002032e94.jpg
 
 
お花があると、女性は自然と笑顔になるし、日常どんなに男勝りに振舞っていても、自分が女であることを実感する時間でもあります。
 
 
 
男性の皆さま。奥さまや彼女、お母様に、たまには花束を差し上げてみてはいかがでしょうか♪
 
 
 
 
では今日も1日お疲れ様でした。
いい夢を♪そして楽しい週末を。
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

WHAT'S NEW?