その行動にも意味がある

 11, 2017 21:31
昨日は、仕事を早退しまして、10♡20 30でおなじみの司法書士法人 新宿事務所さんに行ってきました。
 
 
fc2blog_2017011112191366b.jpg
 
 
昨日が4回目となる、いつまでたっても理解しきれていない、坪井さんの講演を拝聴するためです。
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・陶器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
全てのことには、きっと意味があります。
あのお友達に突然電話をかけたくなることにも。
あのお友達からお誘いがくることにも。
 
あのお客さまが久々にいらっしゃったことにも。
あのお客さまがいつも来てくださることにも。
 
あのお勉強をしようと思ったことにも。
あの話をこの人にしようと思うことにも。
 
珈琲が飲みたくなることにも。
今、私がこうしてブログをかいていることにも。
 
 
誰もが「何故だろう?」と疑問をいだくようなことだけでなく、日常の細かい行動1つひとつにも。
でも、それをいちいち意識する人は、多くはないでしょう。
 
 
 
 
人間は1日に6万回、何かしらのことを考えていると言われています。
でも、その大半を忘れて生きていくわけです。
 
 
忘れなければ、脳にとって負担になるからなのでしょう。
 
 
fc2blog_20170111121930caa.jpg
 
 
坪井さんのセミナーは、やはり疲れました。
だって、沢山のことを考えなくてはならないのですから。
 
隠れミッキーではないですが、話のどこに気づきのヒントが隠されているか、わからないのです。
表層的な部分でだけ聞いていたら、その大半が冗談にしか聞こえません。
 
 
 
でも、話を聴きながら、私は途中であることに気付きました。
スライドを見て
 
「あ!この話は、こういう流れで、あの結論に至るんだったな」
と思い出せるものがあるのです。
 
 
その瞬間、心の奥底でニヤリとする自分がいるのです。
「よし、このことは覚えていられたのだ」
と。
 
 
忘れていても、スライドを見たことで記憶が呼び戻されたということは、脳のどこかにはいてくれたのだなと。
生きていく上で不必要だと思うことを忘れていくのなら、自分の脳がそれを必要だと判断したのであれば、ひとまず
「Good job!!!」
です。
 
 
 
勿論、発揮されなければ意味がありません。
でも、そもそも覚えていなければ、それを思考の癖に変えることすら出来ません。
 
 
「なるほど」
と感心している時点で、自分からでたものでないわけだから、当然忘れてしまうのです。
ですからその場限りでなく、きちんと自分のものにするためには、それを思い出す回数を増やすことが必要だと思うのです。
 
ですから何度でも聞いて、思い出す回数を増やすことは、自分のモチベーション維持のためにも有効です。
何度も聞いているのに、初めて聞いたかのようなこともありますが、それを意味ないなどと言っていると、おそらくその日は永遠に来ません。
 
時間がかかってでも、少しずつ前へ。
 
 
 
 
坪井さんのセミナーの内容を書こうと思ったのに、自分の考えのみ綴ってしまいましたので、そちらはまた別の機会にするとします。
 
 
 
では、今日も1日お疲れさまでした。
いい夢を♪
 
 
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

WHAT'S NEW?