美容師さんはみんな髪が切れるけど

 07, 2016 22:39
「髪質、変わりましたね!」
数か月前から、DO-Sシャンプーに替えたのですが、それがよかったのか、髪を乾かしながら店長のハカセはそういってくれました。
 
 
fc2blog_20161207163926696.jpg
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・陶器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
髪を切ってきました。
重くてずっと気になっていたのですが、とうとうガマンできなくなって、ほんの少しなのだけれども、切ったらスッキリしました。
 
 
いつもの親戚ののりちゃんのいる、伊勢崎市にある【kanon】さんです。
 
 
のりちゃんのブログはコチラ
 
 
シャンプーのとき、いつもホットタオルを首の後ろにあててくれるのですが、そのやり方がいつも、気に入っています。
 
それは他のサロンでもやっているところはあるし、なんなら男の人の方が手が大きいから、頭を持ち上げるときなんかはやりやすいのだろうけど、彼女のそれは、とてもお客さまの目線にたったやり方をしてくれるからです。
 
 
のりちゃんの性格を知っているから尚の事なのだけれども、優しく優しく包み込むように扱ってくれる。
腕も手も細く小さいので、大変だと思う。
でも、私は髪を切ってもらうことと同じくらい、その瞬間が楽しみでたまらない。
 
 
ヘアサロンでのシャンプーが好きな人はとても多いと思うのだけれども、それは、ただ髪を綺麗にしてほしいからではないですよね。
 
 
 
私はのりちゃんに言いました。
「順番通りに、ただシャンプーをしてるだけじゃないね」
はじめは、何を言っているのか伝わっていませんでしたが、私がそう思った理由を話すと、彼女はこう言いました。
 
「直接お客さまに触れるから。触れたらお客さまには、全部伝わるじゃないですか?」
 
 
 
fc2blog_20161207163940edd.jpg
 
 
 
彼女だけではなくて、店長のハカセも、今日はおやすみの、オーナーの長さんも、ここのスタッフさんはみんな、技術だけではなくて、別の価値を売っていると感じます。
 
 
ヘアサロンは特別な場所。
ただお客さんの思い通りの髪型に仕上げれば、満足するかといったら、そうでもない。
心も見た目もさっぱりさせたくて、いろんな荷物を持ってやってくる場所だと思うのです。
カットが上手な美容師さん。
パーマが上手な美容師さん。
みんな髪は切れるし、素敵な髪型に出来る美容師さんは、きっと沢山いると思います。
 
 
でも、それぞれの人にとっての「私のスタイリストさん」は探さないといない。
 
 
fc2blog_20161207161514d09.jpg
 
 
 
最後に、何回教わってもうまく出来ない私に、コテの巻き方を教えてくれます。
「あれ?なんでそうなっちゃうかなぁ?」
と、何度も首をかしげながら。
 
のりちゃん、いつもありがとう。
おかげで清々しい気分で帰路につけました。
 
 
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

WHAT'S NEW?