自分だけが楽しければいい

 17, 2016 23:57
昨日行ってきたその場所は、笑い声が響く場所でした。
 
 
fc2blog_201611171357349a2.jpg
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・陶器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
そこは神宮前にある、螺旋階段を少しあがったところにあります。
 
 
遡ること1時間前、私はあるスターバックスにいました。
そこには、この時間にいるはずのない短パン社長が。でもね、なぜここにいるかって、落ち着いて仕事したいからいるんです。座っている場所(一番奥)を考えればわかること。
挨拶ならいつでも出来る、私は声もかけずひっそりと。。。
 
 
fc2blog_201611180049132ae.jpg
fc2blog_20161118004922c75.jpg
 
 
盗撮。
いやコレ、ストーカーやん!!!!!(笑)
 
 
結局神様に見つかるというアクシデントはありましたが(笑)約束していたみんなと無事合流。
 
fc2blog_2016111800505717c.jpg
 
 
右から長野の【ふじや】けんちゃん、【ラクーン】由希ちゃん、【アローラ】みきてぃ。
そしてほぼ毎朝、短パン社長の投稿に登場する、このスタバで働くあやかちゃん。
 
 
私たちはそこで少しお話したあと、ピーアイさんに向かいました。フラムクリップの展示会です。
短パン社長と、【丸安毛糸】の岡崎社長がいらっしゃいました。
 
 
fc2blog_2016111801540271b.jpg
 
 
そうなんです。私達が今ココで、こうして楽しくお仕事出来ることは、すべてこの、短パン社長の手の中に詰まっています。
由希ちゃんが私達を、短パン社長に巡り合わせてくれたからです。
 
 
お仕事は楽しんでいいと教えてくれた方。
 
お客さまはお店とは友達になれない。でも、そのお店にいつも立っているあなたとは友達になれるでしょ?って。
だから、顔を出して投稿して、「私からの発信」をしていこうよって。
 
 
「お客さまの為」「公平に」。
そんなの誰が決めたんだろう?
それまでの私は、いつの間にやら「こうであるべき」に縛られて、私の方からお客さまとの間に壁を作っていたのかもしれません。
 
 
この服、あの方に似合うんじゃないだろうか。
私が展示会で考えていることは、だいたいそんなこと。
 
fc2blog_2016111718340716f.jpg
 
 
 
お客さまを楽しませたい。
伝えたいという気持ちが、そのままきちんと伝わって、お客さまが喜んでくれる。
嬉しそうに笑ってくれる。
「こないだのお友達へのプレゼント、あれすごく喜ばれたよ!」
「こないだの服着ていったら、お友達に褒められたよ!」
 
お店をやっていて、それ以上にやりがいを感じるときなんてあるんだろうか?
 
 
 
そのために必要なことは、自分が楽しむことであり、伝えたいことをきちんと伝えることであり、けれども勘違いしてはいけないのは、自分がコレがベストだと思ったからといって、お客さまにとってのベストであるとは限らないのだから、結果、喜んでくれたならそれでいいのだということ。
押し付けてはいけない。
 
 
自分の思うようにいくことが1番なのではなく、お客さまが満足することが大事なのだから。
 
 
 
 
 
 
展示会を終えると、短パン社長がBlakesという、行きつけのカレー屋さんに連れて行ってくれました。
 
 
fc2blog_201611171833305aa.jpg
 
 
 
 
はじめに何気なく書いたスタバ、そしてBlakesさん。
 
 
fc2blog_201611180105255d6.jpg
 
 
そう。私にとっては、遠い街の、スタバと、知らないカレー屋さんでしかなかった。
それが、行く意味を持つ場所になった。
 
 
 
大好きなお友達や、尊敬する誰かがおすすめしているお店、行きつけのお店、それは誰かにとっての特別に加わるということ。
 
そんなお店、行ってみたいと思いませんか?
行ったときに「行ったよ!」と報告したくなりませんか?
なぜ?
美味しいから?
それだけではありません。
その方が喜ぶからです。もっと仲良くなれるからです。
そして自分の、その方との思い出にも加わるからです。
 
 
 
誰かを想う。
そうすると、誰かはそれを感じ取る。
そんな連鎖が生まれます。
だから人は、そんなことを思える人の元に、引き寄せられるように集まるのだと思います。
自分だけが楽しければいいと思っていたら、それは伝わるものです。
みんな伝わっていて、何も言わないだけです。
 
 
 
では、最後にこんな写真を。
これを撮ったとき、短パン社長は、私に言いました。
 
 
fc2blog_20161118015109d80.jpg
 
 
「どの写真を使ってもいいからね。」
 
 
振り向くと、短パン社長も岡崎社長も穏やかな笑顔。
どういう意味か、おわかりになると思います。
 
 
私は「ありがとうございます」と言うと、皆のもとに戻りました。
 
 
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

COMMENT 0

WHAT'S NEW?