追憶にふける15分

 02, 2016 23:29
昨夜遅く、Twitterを見ていると、友達が懐かしい曲のリンクを貼っていました。
同年代の方なので、「へぇ」と、何の気なしにタップしたら、結局全部聴いてしまいました。
 
 
 
軽い気持ちで聴きだしただけなのに、小学生から高校生まで駆け抜けました。
こんな一瞬で、私の青春は終わるのかという速さで(笑)
時間にして15分です。
 
 
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・陶器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
 
 
「15分も!?意外と長いな」
と思われましたか?
でも、特に35歳以上の方は、聴き始めると、それはもう音楽というより、自分のアルバムを開いているような感覚に陥ると思います。
 
 
気になる方もいらっしゃるかもしれませんので、下に貼ってみました。
あなたに響くのはどの曲でしょうか?(途中、SLAM DUNK色がやや強くなります。はぁ。懐かしい)
 
 

 
 
 
好きでなかった曲も入っているかもしれない。
でも、音楽って不思議なもので、その当時ヒットしていたその曲は、どこかで耳に確かに残っているんですよね。
それを嫌悪感なく、ただ懐かしい想い出と一緒に聴けるものです。
 
 
今でこそアイドルの名前が覚えられない私ですが、当時はモーニング娘(昔のメンバー)の名前はちゃんと言えていました(なんの自慢)。多分皆さんもそうでしょう?覚えようとしなくても、覚えていましたよね。
 
 
 
小学生のときに、年末恒例の音楽番組で夢中になって聴いていた(というか見ていた)のは光GENJI。
プリンセスプリンセスやWinkも流行っていました。
 
 
そんな私の当時の楽しみは、土曜の深夜(確か23:30)にやっていた、ダウンタウンやウッチャンナンチャンが出演していたコント番組「夢で逢えたら」です。
 
 
その番組のオープニングに使われていたのは、サザンオールスターズ、ユニコーン、そしてリンドバーグでした。
このときにユニコーンが大好きになりました。奥田民生の力まない感じがかっこよかった。
 
 
 
 
中学生になり、学校帰りに自転車をこぎながら口ずさんでいたのはDreams Come True、大黒摩季に槇原敬之。
 
 
この頃夢中になっていたもの。
それは「岸谷五朗の東京RADIO CLUB」というラジオです。勉強しながら(しているふりをしながら?)ずっとレディクラを聞いていました。
 
 
 
 
高校生のときはJUDY AND MARYやMr.Children、そして小沢健二。
Boyz Ⅱ MenやMariah Careyなど、洋楽を主に聞いていました。Richard Marxを勧めてくれたのは、クラスメイトの女の子でした。
 
 
ファイル 2016-11-02 22 55 06
 
と写真を貼ったくせに彼女は写っていない。。。
 
 
 
彼女はとても頭のいいコで、そのうえピアノも上手かった。
 
だからいつも「なんでも出来ていいなぁ」と憧れていて、その歌を勧められたときも、すんなり受け入れたと思います。
今にして思えば、彼女のすごいところは、センスだけではなく、努力家なところだったんです。でも、当時は自分が頑張りたくないから、「彼女は何でもできるけど、私はどうせだめだから」と、やらない理由を探していたんですね。
 
 
 
私はごくごく普通に学生時代を過ごし、ごくごく普通に大人になりました。
上に書いたエピソードなど、おそらく誰にでもあることですよね。
 
 
特に変わったことはありません。
もちろん、100人いたら、100通りの学生時代があるでしょう。
でも、みんな、それなりに一生懸命、学生時代を過ごしました。友達を傷つけてしまったり、傷つけられたり、テストの点に一喜一憂したり、部活に夢中になったり、好きな人ができたり、友達と笑ったり泣いたり、色々あったと思います。
 
 
こういう歌が胸に響くのは、そして上のようなエピソードを読んで、あなたが誰かしらを思い出したのは、誰にでもある出来事だからです。
私だけでなく、誰にでもある、ありふれた出来事だからです。
 
 
歌の歌詞でも本でも、学校の校舎、そして教室、通学した道のことを、事細かに書かない限り、読み手、聞き手は、自分の記憶の中からそれらの風景をひっぱりだしてきます。
 
 
ブログや本を読むときに、細かく書いてくれたほうが想像しやすくていい場合もあるけれど、そうでない場合もある。
そういうとき、その歌は、文章は、読み手、聞き手のものになると思います。
主人公は、自分自身。
 
 
これらの音楽が引っ張り出してきたあなたの中の想い出はいったいどんなことでしょうか?
 
 
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

COMMENT 0

WHAT'S NEW?