あのひとのことを少し理解しましょう。

 16, 2016 23:21
こないだ、お店の外の看板を塗って絵を描いたら、ご近所さんのパパとお子さんに会ったので「絵を描いたんだよ〜!」とお子さんに向かって言ったら「今ちょうど、看板が変わったって、この子がいってたところなんです!」
ってパパに言われました。
スゴーーーーーーーー!(笑)気付くのはやーーーーーーー!
その後も、すぐ近くからめっちゃ見られてました(笑)かわいいです♪
 
 
fc2blog_2016111623110735c.jpg
 
 
さて、昨日の結果が気になっている方もいると思うので、さっそく本題に行きます!
 
 
その前に、何の話?となっている方もいらっしゃると思うので、よかったら昨日のブログを読んでみてくださいね♪
 
あの人のことが理解でいないのは、あなたとあの人は違うからです
 
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・陶器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
あ、もしかしたら誤解されている方もいるかもしれないので、一応書いておくと、私は臨床心理士さんではありません。臨床心理士さんは大学院で専門の勉強をして、ようやく受験資格を得られる職です。
 
 
 
はい。では早速いきます!
 
 
≪Pタイプ≫
 
行動力があって陽気。
声の調子が変化に富んでいる。
ペースが速く、イキイキとしている。
場を盛り上げる。
飽きっぽく、細かいことが苦手。
身振り手振りが大きい。
 
 
そんなPさんの口ぐせは「とりあえず」や「まぁいっか」です。
 
突然
「腹減ったーーー!ラーメン食いたくね?」
とか言い出すのはPさんです(笑)
 
 
それからメールですね。Pさんからメッセージが来たと思って開くと、
 
「どうでした?」
 
「・・・・・いやいや、何が?」
となるわけですね。主語は、Pさんの頭の中にあります(笑)
 
 
それから、みなさんは携帯を買い替えた場合、まずどうしますか?
 
 
Pさんはですね、
とりあえず電源を入れてみます。だって、わからなかったら人に聞けばいいから。
 
 
 
 
≪Aタイプ≫
 
几帳面。
物静かで思慮深い。
正確性を重要視。慎重。
身振り手振りはあまりない。
知識や情報重視。
 
 
Aさんの口ぐせは「大丈夫?」「確認した?」「ちゃんと」です。
ぜんぶまとめるとこうなります。
「ねえその書類大丈夫?ちゃんと確認した?」
 
 
AさんはPさんと逆で、話すときに主語述語がはっきりしています。そして、身振り手振りが少ない。
そのため、Pさんの身振り手振りの多さの意味が理解できません。
 
 
几帳面なAさん、アンケートの記入には、1番時間がかかります。(間違えたらいけないので)
ちなみにこれ、私が受講しているときにも、Aさんは顕著に表れていました。みんなが書き終えても、終わらない人はAさんだったんですね。
 
 
そして先ほどの「携帯を買い替えたら」。
AさんはPさんと違います。
Aさんがまずやることが、想像できますか?もちろんAさんはわかりますね。
 
そうです。まずは取扱説明書を開いて、内容物がきちんと入っているか確認をします。
 
 
 
 
≪Dタイプ≫
 
結果、効率重視。
単刀直入。
自分で決めたがる(他人に指示されるのが嫌い)。
決断力がある。
 
 
Dさんの口ぐせは「で?」「要は」「結論は」
です。だから、Dさんと話すときは、ダラダラと話してはいけません。1問1答のリズム感が大事です。早く、簡潔にしゃべると、Dさんをイライラさせないですみます。
 
 
Dさんとの会話では、笑顔で感じ良くよりも、わかりやすさが重視されます。
 
たとえば
「で、出来るの?出来ないの?」
とDの上司に言われた場合、
Dの部下はこう答えます。
「出来ます」
 
でも、このあと出てくるFの部下は、こう答えてしまいます。
「あの、、、たぶん大丈夫です。」
出来るか出来ないかの2択で聞いているのに、こんな答え方をすることが、Dさんにはわかりません。
 
 
 
 
≪Fタイプ≫
 
穏やかで遠慮しがち。
親しみやすさがある。
決断が苦手。
周りを気にしすぎる。
対立を避けるあまり、意見が言えない。
 
 
口ぐせは「すみません」ですが、謝ってるわけではなくて皆さんに合わせますという意味です。
 
 
Fさんが携帯を買おうと、たとえばお店を2軒まわったとします。
A店の方がB店より安い。
でも、A店はB店より接客態度が悪い。
迷った挙句、結局はB店で買います。
 
 
さらに、Fさんは話の脱線の能力がすごいです。
それに、会話中、笑顔で聴いていることが多いため、逆に何を考えているのかわからないことがあります。
 
とはいえ感じがいいので、話をしている方は「わかってもらいたい」欲求が満たされます。
 
 
 
 
いかがでしたでしょうか?
 
もしかしたら、仕事のときはAだけど、プライベートではPかな。のように、ONとOFFのときでタイプが違う方も多いと思います。
そして、2つのタイプが同点だった方もいらっしゃると思います。どちらも持ち合わせているというのも、決しておかしくはありません。
 
 
そして、皆さまに頭を抱えさせた「あの人」のこと、少しだけ理解できたでしょうか?
たとえば、いつもイライラしているあの人は、どうもDっぽいぞと思ったら、これからはシンプルな返答にかえてみるとか、Pタイプの人に道を聞かれたら、あまり細かすぎないように答えてあげる方がいいとか。
 
 
 
Pタイプの方はAタイプが。Aタイプの方はPタイプが。
Fタイプの方はDタイプが。Dタイプの方はFタイプが。
 
 
なんだか理解しにくくて、ついイライラしたり、落ち込んだり。。。
 
 
だけど、タイプが違うのだから、わからなくて当たり前なんですよね。
どのタイプがいいとか悪いとかということではないんです。
 
 
昨日も書きましたが、相手のタイプを少しだけ頭の隅にでも置いておいてあげると、自分自身が少し楽になると思います。
 
苦手な人はいないほうがいいけれど、そんなわけにいかない。仲良くなろうと思っても、どうにもならないこともある。
そんなときはこれを思い出してみてください。
 
少しでも、心おだやかに過ごせますように。
では、今日も1日お疲れさまでした。
いい夢を♪
 
 
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

COMMENT 0

WHAT'S NEW?