何もしない=現状維持?

 27, 2016 23:35
先日お客さまが、同級生の方がだされたという本を見せに持ってきてくださいました。
 
 
IMG_4740.jpg
 
よくみるとバッグや髪は切りぬいた写真を貼ってあるんですよね。
コラージュとデザイン画、テーマや季節によって様々で、とても興味深かったです。
 
IMG_4743.jpg
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・陶器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
たまに
「同じような毎日をただ繰り返しているだけだ」
そう思うことってありませんか?
 
 
私は、もう10年以上前のことですが、よくそんなことを考えていました。
「何のために」とか「何がおもしろくて」とか。
 
 
どこかに出かけたり、友達と遊ぶのは楽しいのだけれども、おうちに帰って来ると、虚無感というかなんというか、意味をもってしか進めなくて、苦しかった。いちいち意味を探すのに必死で、疲れていた。
そんな時期がありました。
 
もがいてももがいても、同じところに留まることしか、できはしないではないかと、自分に嫌悪感を抱く毎日でした。
 
 
 
 
でも、今は思うのです。
同じところに留まるって、意外と大変。
同じような暮らしを毎日できることって、とても有難くて幸せなことなのだと。
 
 
 
留まる事って、何もしないことではないんですよね。
頑張って進まないと、留まる事すらできなくて、何をどんなに嫌になったところで、投げ出したりしたらもっと嫌になるだけだし、現状維持ならまだしも、後退するばかり。
頑張ることでしか、不安はぬぐえないし、進むこともできない。
 
 
試験がいい例ですよね。
今度の試験どうしようと、ただ心配していても、勉強もしないでいい点など獲れるはずもない。
安心するためには、勉強するよりほかありません。
かといって、ちゃんと睡眠や休憩をとらなければ、頑張ることすらできない。
自分でバランスを考えながらやるしかない。
 
 
 
そういう、何でもないことを、地味に見えることをちゃんとやる。
そうすることで、どこからか聞こえてくる叱責する自分の声も、「まぁいっか」と大目に見てくれて、(そんな自分と)仲良くやっていくことができるのでしょう。
 
 
 
そして、人様と関わり合いながら、迷いながら、ゆられながら、でも私はコレだ!と、最終決定は自分ですることで、抽象的に抱いていたカラーが、少しずつ細分されていって、自分独自のカラーがはっきりとしていくのだと思います。
 
 
 
意志の確認は、確かな一歩になります。
 
 
 
冒頭でお話しした「すごい人」も、確かにすごいのだけれども、1冊作り上げるのに、1年以上かかっているようだと聞きました。
魔法使いじゃないんだから、どんなにすごい人だって、一瞬でできるなんてことはないんですよね。
だから、誰かだけが特別だなんて言葉は、逃げになってしまう。
 
 
 
明日もまた、踏み出そう。
たとえ現状維持に見えたとしても、見える景色が変わるかもしれないから。
 
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

COMMENT 0

WHAT'S NEW?