あなたのためだから

 09, 2016 23:51
昨夜のこと。
バブさんの結婚式。
お嫁さん、とっても綺麗だし、バブさん幸せそう~♪
 
 
fc2blog_201610082123112c8.jpg
 
と、二次会会場ではなく、遠い地のロイホでチキンを食しながら、Twitterをチェックする私(笑)
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・陶器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
誰か、特にお友達が落ち込んでいると、なにかお役に立てないものだろうかと考えてしまいます。
 
頼まれてないのに。
 
 
 
お友達が悩んでいたりすると、「私ならどうするだろう」と考えてしまいます。
 
聞かれてないのに。
 
 
 
でも、ふと思うことがあります。
大きなお世話とアドバイスを、はき違えないようにしなければなと。
 
 
 
先日、古い雑誌を片付けていたら、たまたま、ある女性有名人2人による対談風のページがあったんですね。
 
「(結婚してない人に)結婚はいいぞー」とか、
「どこそこの学校に入れるには、今の内からこうしておかなきゃだめよー」とか
「(私はコツがわかってるから)うちの子はちゃんと朝まで寝るよー」とか。
 
とか。
煩わしいアドバイスは嫌だよねという話らしい。
 
私だったら、それをありがたいアドバイスだと思うかもしれないなと思いはしましたが、なるほど、人によって受け取り方は様々ですよね。
 
 
 
 
でも、じゃあ、友達が頭を抱えていたら?
 
 
「私には関係ない」
と思う人はなかなかいないと思いますが、ではどうするのが1番いいのでしょうか?
 
 
 
難しいですよね。
 
人や状況によって
「ただ聞いてほしいだけ」
「すぐにでも解決するための策を求めている」
「選択肢として一応聞いておきたい」
「決めてはいるが、なんらかの不安要素があるため、誰かに背中を押して欲しい」
 
と様々。
 
 
 
相手の為に良かれと思ってする、アドバイス(のようなもの)が、自己満足や押しつけになっていないか?本当に相手のためになっているのかと、人様のお話に発言するときには、気をつけなければと思います。
 
 
 
当人は頭を抱えているうちに、そもそも悩んでいることの芯の部分、本当の問題点はなんなのか。見えなくなってしまうことが、しばしばあります。
 
でも、もしそうなってしまってたら、少しでもシンプルに向き合いやすくなるように、硬い殻や邪魔なものを壊すお手伝いできたらいいなと思いますし、本人も、こちらがきちんと聴くことで、状況を説明するうちに、自分の答えに気付くということもきっとあると思います。
 
 
 
お友達が悩んでいると、なにかしてあげたくなってしまうけれども、直接的な解決策を与えるなどということは出来ませんので、「あなたのことを理解したい」と、きちんと伝えながら、丁寧に聴くことができたらな。
そんなことを思いました。
 
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

COMMENT 0

WHAT'S NEW?