小さなことにとらわれていると、全体の動きに気づけない

 12, 2016 23:05
急に寒くなりました。
飾るのも暑かったトレンチも、いよいよ本格的に出番が来たかと思いきや、動いていると結局暑くて半袖で過ごすほどでした(笑)
 
 
fc2blog_201610122146363b1.jpg
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・陶器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
スマホの画面に、放置していたアプリを見つけ、久しぶりに開いてみました。
「SIMCITY BUILDIT(シムシティ ビルドイット)」というゲームです。
 
 
2年くらい前だったか、はまっている時期がありました。
 
 
fc2blog_201610121638079f9.jpg
 
 
SIMCITYとは何なのかと申しますと、自分が市長となって、街を作っていくというシミュレーションゲームです。
実は私は、それまでゲームは、数独やソリティアなど数字を見るものしかやったことがありませんでした。
 
 
「街を作って何が面白いの?」
と思ったのですが、人に強く勧められ、半ば強引にやってみることに。
 
 
 
 
街に必要なものは、まず家と人なのですが、それだけでは暮らせないですよね。
水道や電気、ゴミも捨てなければなりません。
消防署や警察も必要になります。
 
 
そして、それらを建てるためには、物資が必要。それらを生産するべく、工場を建て、そこで色々なものを作ります。
しかし、生産にかかる所要時間がモノによって様々なため、1分で作れるものもあれば6時間かかるものもあります。
 
 
それでできたモノによって、おうちを大きくしたり、モノを売ってお金を稼ぎ、そのお金で道を広くしたり、娯楽施設を建てたりできるのです。
 
 
でも、少しのお金や生産で、調子に乗ってビルを大きくすると、急にシム(市民)が増え、と同時に次々とクレームが出たり、消防署や警察署がすべての地域に行き届いていなくて、どこかで火があがっていたり、犯罪が起こったりするのです。
 
 
そのクレームを放置しすぎると、シムたちは出て行ってしまいます。
 
 
特に初めのうちは、工場も小さいですし、沢山のものを一気に作ることができませんから、時間をかけてゆっくりと作っていくしかないのです。
 
(課金をすれば早いのですが、私自身が課金をするほどやっていないですし、ここではその話は除きます。)
 
 
だから、シムたちから不満の声があがらないよう、少ししかモノが作れないなら作れないなりに、税金が少ないなら少ないなりに、無理はせず、それに見合った速度で発展させていけばいいわけです。
 
 
様々な施設のバランスを見つつ、ゆっくりと、着実に。
 
 
 
 
久々にそれを開いてみて感じたのは、1点に集中すること、そして俯瞰すること。
 
 
様々な工場の所要時間を考えなければ、街を作るための製品が出来上がりませんし、上から全体を見渡さないと、街がバランスよく出来上がらない。
どちらか片方では、無理があるのです。
 
 
日常も同じだなぁと思いませんか?
 
 
小さなことに囚われているうちに、大事なことを見落としてしまうこともある。
その逆もしかりです。
 
 
 
私はしばしば、自分を斜め上から見る癖があるのですが、それはあくまでつもりに過ぎません。
見ているだけでは何も変わらないのです。
 
 
でも、それだけでもしないと、危うい思考回路の渦から抜け出せなくなってしまうこともあります。
 
 
 
 
自分が作るSIMCITYの街は、自分そのもの。
少しづつ、出来ることから、地道に出来ることをして、少しづつスピードをあげ、その際にも俯瞰しながら、ゆっくりと進んでいく。
成長して行く。
 
 
一つのゲームに、自分の成長のあり方を考えた夜でした。
 
 
 
それでは今日はこのへんで。
今夜もいい夢を♪
 
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

COMMENT 0

WHAT'S NEW?