See Now Wear Now

 15, 2016 20:07
正直、大きなファッションショーの映像から、実際にお客さまにお届けする商品のイメージには、直結しません。
 
ファイル 2016-10-15 17 11 08
 
でも、それは表現だし、各ブランドの個性であり、芸術だと思う。
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・陶器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
See now Buy now
 
 
ニューヨークでは、
「今見て、今買う」
という動きが来ているそうです。
 
 
 
お洋服を手に取れるのは、ランウェイから、およそ6ヶ月後のこと。
しかし、その流れが、変わりつつあるというのです。
 
 
 
 
 
実際、バーバリー(イギリスのブランド)はランウェイの発表直後から、ECと店頭での展開を始めました。
 
 
「ファッションショーで見たものを、すぐに買える」
という新しいあり方。
 
 
東京ガールズコレクションなどでも、そういうスタイルをとっていましたよね。
 
 
この「See now Buy now」
日本はそれに対して中立とされていますが、ミラノやパリは、「変わらないと思う」との見解が多い。
 
 
実際、シャネルと フェンディ を手がける、カール・ラガーフェルドは、ミラノにて発表されたフェンディ のバックステージでの取材において、ショーで見てすぐ買えることについて聞かれ
「めちゃくちゃだ。」
とコメントしたそうです。
 
 
「私がファッションショーにてコレクションを発表するのは、それを見た顧客がじっくりと時間をかけて吟味し、工房のスタッフが最高の品質の製品を万全の状態で生産し、また同時にエディターたちがその作品を美しく表現してくれるから。もしそれが無くなったら、何もかも終わりだ。」
 
 
と、一蹴したとのこと。
 
 
 
 
毎シーズン、ラグジュアリーブランドのデザイナーが、時間と手間をかけた新作を発表します。
そうしたお洋服は、ネットを通じて即拡散、そのトレンドをとりいれた商品は、あっという間にファストファッションのお店に並びます。
 
 
元々、そのデザインを発表したブランドの服が店頭に並ぶ頃、お客さまはそれを見て、今更と思われる可能性もあります。
 
(そういう見方をすると、ラグジュアリーブランドとしては、今見て今買ってもらえる方がいいと考えるのでは?と安易に考えてしまいます)
 
 
 
 
 
とはいえ、これは大きなブランドしかできないことですよね。
 
 
小さなブランドは、いくつ売れるかわからないのに、大量に作るのはリスキーだと思うし。。。って、考える私は、頭が堅いのでしょうか?
 
 
 
ラグジュアリーブランドだけではなくて、私たちが今いる世界。
 
 
 
商品の出荷は前倒し。
お客さまがウインドウを覗けば、すでに先々のものが並んでいます。
今着ているものが店頭に並んでいたのは、真夏だったのではないでしょうか?
 
 
今着るものこそ、今店頭に並んでいた方がいいと、私は考えています。
勿論少し先の物も必要ですけどね。全部そうする必要はないのではないかなということ。
 
 
ちょうどいい季節のものが店頭にあると、「セールにしなければいけないのか?」というプレッシャーを感じないかと言ったら、嘘になります。
 
 
「セールは他店より先にやりたい。
それが堂々とできないから、ひっそりとプレセールをする。」
それぞれのお店の考えがあります。
でも、はたしてこのような考え方が、今私が考えるべき問題でしょうか?
 
 
 
むしろ、そういった状況をみていると尚のこと、うちのお客さまには、「今買わなきゃ」という焦りではなく、落ち着いて、週末に着れるお洋服を、楽しく選んでほしいなと思います。
 
 
この周辺にも、安さがウリのお洋服屋さんはたくさんあります。
それでも、Riyonに来てくれるお客様がいるということは、このお店に来る理由が「価格」ではないということを意味しています。
 
 
 
ファイル 2016-10-15 17 27 35
 
 
小さなお店だから、大手アパレルの方が聞いたら、なに悠長なこと言ってんだと笑われるかもしれない。
でも、私は今、こういうスタイルでやっています。
そんなことを考えながら、おとっつぁんの作った石焼き芋にかぶりつくのでした。
 
 
 
さて、明日は何を着る?
 
 
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

COMMENT 0

WHAT'S NEW?