信頼してもらうには自分から信頼すること

 01, 2016 23:55
「おかしいな、そこもちゃんとチェックしたはずなのに。。。」
言い訳が虚しく響きます。
税理士さんは、淡々と私のミスを指摘していきました。
 
 
はぁ。私はいつもどこかしらがぬけているのです。
ちゃんとやったつもりなのにな。
 
 
fc2blog_20161001221835e33.jpg
 
 
うちのような小さなお店だと、経理担当がいなくて、会計も自分でやっている方も多いと思います。
 
 
1年に1度しか出てこないような勘定科目は、
「あれ?これは何費だっけ?」
と思うわけです。
 
 
その度に去年のを確認しては、
「ああそうか」
と、同時に思い出すのです。
「去年も同じことを確認したな、私。。。」
 
 
ファイル 2016-10-02 1 02 03

 
とりあえず人と会計の話をしていて感じること。
それは
 
ちゃんとバックアップとりましょう!
 
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・陶器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
今日来た税理士さんは、学生時代からの親友です。
 
 
 
彼女とは、大学生のときのアルバイトを通して知り合ったのだけれども、学校も住む地域も違うのに、いつからか遊ぶようになり、お互いが社会に出てからは、より頻繁に会うようになりました。
 
 
 
性格も好きなものも、何もかも違います。
今考えても、何故仲が良いのかさっぱりわかりません(笑)
 
 
でも、多分これかな。
 
 
彼女は私に何でも話してくれる。
 
でもそれは多分、私も彼女になんでも話すから。
 
 
絶対的な信頼関係とは、一方通行ではありえないと思うのです。
 
 
「それいいね」とか「似合うんじゃない?」とか、
そんなことを言うのは簡単です。
 
 
でも、本当の友達でなければできないのは、言いたくないことまで言うことです。
「それは私だからいいけど、他の人に言ったら誤解されるから、言わない方がいいよ」
 
 
 
相手のために泣いたり、相手のために笑ったり、馬鹿なことをやったり、鼓舞したり、慰めたり、なにかあればとことん付き合ったり、言葉が足らなくても理解したり。
 
 
最近、本音で話し合える人たちが何人かいるから、友情は付き合った時間には関係ないとも思うのだけれども、
かといって一朝一夕に築いた関係ではありません。
 
なかなか会えなくても、会うと安心するのは、なにがあっても味方だと思える人だからです。
 
 
 
一生懸命走っているのだから、たまには休むところも必要。
「遠慮なくここを使え」と言えるのが、私の役目だと思っています。
 
 
 
私も、彼女にその場所を提供してもらっているから。
 
 
 
それは
家族でもない、恋人でもない、でも、それに限りなく近い友達だから出来ること。
努力や技術ではなくて、あなただからと、心の扉を開いてみせること。
 
 
ファイル 2016-10-02 0 57 57
 
 
 
彼女を含め、私には大切な人たちがいます。
彼女たちにとって、私は親友です。
なぜなら、彼女たちが、私にとって親友だから。
 
 
 
 
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

COMMENT 0

WHAT'S NEW?