どれだけ長く生きたかではない。密度の問題だ。

 18, 2016 23:53
でかけた帰りに、夕飯を買おうと立ち寄ったお店。
エスカルゴって、買っておうちで食べてみたことがないと、ふと気付いた夕刻。
 
 
fc2blog_20160818204103884.jpg
 
 
今夜の夕飯は、トルティーヤに決めました。
やはり、買われることはなかった、エスカルゴ。ああエスカルゴ。
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・陶器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
東京は青梅まで行ってきました。
従兄とのお別れのために。
 
 
連絡が来たのはお盆に入った日でした。
 
伯母がなくなったという連絡があった数日後、今度は従兄のIくんがもう危ないという電話が来たので、私は訳がわからなくて、受け入れられなくて、どうしたらよいのかわからなくなってしまいました。
私達が着くのを待ってくれて、Iくんは旅立ちました。
 
 
悲しい話。このことを、ブログに書くつもりはありませんでした。
 
 
 
でも、気が変わりました。
昨日はお通夜、今日は告別式に参列し、従兄にお別れを告げに来てくれるお友達の姿を見ていたら、
なにか、感動のようなものをおぼえたからです。
 
 
「あぁ。生きるってこうでなきゃ!」
そう思ったのです。
 
 
 
壁には、青空を思わせる美しい青のタペストリー。
Iくんのまわりに咲き誇る沢山の向日葵。
 
 
 
趣味で弾いていたベースと、愛用のハットが立て掛けられていました。
今にもそのハットをかぶり、ベースを持ち、なにか弾き始めるのではないかとさえ思いました。
 
 
fc2blog_201608182041205d3.jpg
 
(ライブでのIくんの写真がありました)
 
無宗教でしたので、読経はありません。
そのかわり、本人お気に入りの、ハワイアンミュージックがかかっていました。
 
 
 
私にとって大好きなお兄ちゃんだったけれど、家も離れているし、歳も離れすぎているし、どんなお友達と、どんな学生時代を過ごし、どんなふうに仕事をし、どんな音楽活動をしていたのか、私にはわかりませんでした。
 
 
ですが、昔からのお友達が、思い出話をしてくれました。
 
 
ネットに溢れている雛形のような弔辞ではなく、整った挨拶ではないけれども、だからこそとても愛に溢れたお言葉でした。
泣いていたけれど、笑っていました。
想い出はとても深く、溢れ、そんな何十年分もの年月を、うまくまとめられるはずはありません。
 
 
 
 
 
音楽仲間さんたちは、歌を歌ってくれました。
ギター弾き語りと、ウクレレ演奏で、「見上げてごらん夜の星を」を。
また別のお友達が、ギター弾き語りと二胡演奏で、「デイ・ドリーム・ビリーバー」を。
 
 
 
声をつまらせていることには、おそらくみんな気付いていたと思います。
でも、きちんと歌いあげてくれました。
Iくんのために。
語りかけるように、届くように、そして、一緒に歌っているようにも見えました。
 
 
 
fc2blog_20160818204139f8b.jpg
 
 
Iくんがお気に入りの曲を集めてCDにまとめていたものも飾ってありました。
本当に、音楽が好きな人でした。
 
 
お焼香のかわりに、献花がありました。
平日にも関わらず、列はなかなか途切れませんでした。
Iくんは、音楽活動を、奥さんのNさんとすることもあって、お友達とは家族ぐるみのお付き合いの方が多かったようです。
お友達はみな、Nさんに微笑みかけたり、ハグをしてくれていました。
 
 
 
私は、誇らしかった。
自分の従兄がこんなにも愛される人で、本当に誇らしかった。
 
 
11年間前、癌を宣告されてからも、Iくんは仕事も音楽活動もやめませんでした。
 
 
何も、諦めませんでした。
いつも笑っていました。
ユーモアに富んだ人でした。
 
 
こんな生き方をしたい。
それは「生きている」といえる生き方でした。
長生きすることは、素晴らしいことです。
でも、生きた年月の長さで、人間の一生は測れはしない。
 
 
 
誰も、義理で来ている人のいないお式でした。
それは、Iくんの旅立ちを、第2の人生を応援する、壮行会のようでした。
 
 
 
 
子供の頃からの大好きな映画「話の話」も、Iくんにもらったもの。
私は心のなかで、この映画をこの先も大事にするでしょう。
 
fc2blog_201608182259547a4.jpg
 
 
生きることの素晴らしさを教えてくれた、優しさを教えてくれた、そんなIくんにありがとうを伝えたくて、そして、そんな素敵な従兄を皆さんに自慢したくて、私事ですが、こんな話を書かせていただきました。
悲しいお話ではありません。
でも、読んでくださって、ありがとうございました。
 
 
 
皆さまの明日が、いつもと同じようにいい日であることを。
いい日だということに気付けることを、願っています。
 
 
 
今夜もいい夢を♪
 
 
 
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

COMMENT 0

WHAT'S NEW?