「頭良さそう」より「わかりやすい」がいい

 02, 2016 23:30
帰ってきて、とりあえず向かったのはラーメン屋さんでした(笑)
 
ファイル 2016-09-02 21 53 27
 
 
繊細な味が、美味しいです♪
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・陶器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
学生時代、私は勉強が嫌いでした。
 
競争することも苦手で、そのくせ負けると悔しくて、だけど勉強は嫌いだから頑張らないという習性があります。
 
 
そんな中でも、中学2年のときの英語の先生の授業は大好きでした。
 
ハキハキしたタイプの女性の先生で、いつも、勉強と関係のない話ばかりしていました。
勉強しなくていいから、授業は楽しかった。
 
先生が旦那さんとどうやって結ばれたかの方が、英語の文法より興味があった。
 
 
今でも英語はしゃべれないままですが、おそらくそのころが、人生の中で1番英語ができた時代でもありました。
 
 
もちろん、高校受験に備えて、いやいやながらも勉強していたというのもあるとは思いますが、やはり、その先生が、
授業=勉強
という、嫌な公式を捨て、楽しい授業を心がけてくれていたのではないかなぁと思います。
 
 
 
そんなことを思い出したのは、短パン社長から以前いただいた、「プロコレ(プロモーションコレクション)」を見ていたからです。
 
 
ファイル 2016-09-02 22 01 13
 
 
セミナーに行けないのが残念すぎて、先日これを出して見ていたのですが、いつみても、「面白い」んです。
それはどういうことかというと、「どうしたらみんなが楽しんでくれるか?」に焦点をあてて作っているということ。
なおかつ、ご自身も楽しまれているということ。
 
 
どんなにいいことを言っていても、難しい専門用語を用いて、同じ文字のサイズで、ただひたすら文字が羅列している本を、私は読めません。
 
 
「マーケティング」などというものに触れることすら嫌で、たまに読んでも、たとえば4Pとか4Cとか、そもそもその言葉自体を知らないから、「それは何なの?」からはじまり、しばらくして似たような本をまた読んでは、同じ言葉が出てきて、
 
「あ、これなんだっけ?前に本で読んだな」
という、ちょっと頭がアレな感じでした。
 
 
でも、藤村先生や短パン社長のそれは難しい言葉など一切出てこないし、なんなら笑いをとりながら、楽しみながら授業をして、
結果、笑っているのに実は集中できるという意味では、あの先生と同じだなぁと思ったのです。
 
 
 
 
ファイル 2016-09-02 21 58 34
 
 
そもそも本を読む目的は、自分にはない考え方を知るためであり、その先に実践できることがなにかないか?ということを知るためです。
 
 
 
ファイル 2016-09-02 21 58 49
 
 
実際、このプロコレは、だいぶ前にいただいたものですが、古いとか新しいとかはありません。
これをただ、「おもしろい写真だね」だけで終わらせるか、「お客さまを喜ばせたい」「笑顔にしたい」というお手本が詰まった教科書にするかによって、答えが変わると思うのです。
 
 
そしてもうひとつ。何かを人様に教えられることがあるならば、「私は教えたぞ」とひとりよがりになるのではなく、その方に、いかにわかりやすく、そして楽しく伝えるかということが重要だなぁと思うのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

COMMENT 0

WHAT'S NEW?