オシャレは表現だ

 30, 2016 17:50
私は海外旅行が大好きなのですが、長時間の飛行機がとても苦手です。
なぜなら。眠れないから
 
したがって、ハワイに着いたその瞬間から、、、ね、眠い
 
いえいえ、やはり、この美しい空と日差し
 
 
ファイル 2016-08-29 22 16 59
 
興奮して目も覚め・・・・・
 
 
 
ちなみに、日本とハワイの時差はー19時間。
私は頭がアレなので、5時間プラスして、日付を1日戻します(笑)
 
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・陶器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
以前、銀座線の電車内と駅構内で、コンテンポラリーダンサー(既成のジャンルに属さないダンス)と、モデルによるファッションショーが行われました。
私は直接見たわけではないので、その感想を書くことは出来ないのですが、
 
街を実験場として、ファッションの持つ力が、今という瞬間を人々の記憶にどれだけ残せるか。
 
雑然とした街の日常に、どれほどの緊張感と静寂を作れるか。
 
という実験的な試みに挑んだファッションショー。
 
 
 
ファイル 2016-08-28 16 58 56
 
ファションの自由な発想が、街を行き交う人々のひらめきと結びつき、その記憶を未来につなげていく試み
だそうです。
 
 
 
日常生活で突如捲き起こるファッションショー。
 
 
驚く人、撮影する人、無関心な人。
おなじものを見ても、その方のフィルターを通せば、見えている景色やそれによる感情はまるで違います。
 
 
 
そんな、「様々な人々の心が現れているイベント」を、俯瞰してみている人もいたでしょうね。
いろんな人の目となって考えてみると、とても面白いです。
 
 
ファイル 2016-08-28 17 00 20
 
 
 
 
お芝居も本も詩も歌も絵も、そしてファッションも、すべては表現です。
自己を表現するためのもの。
 
 
正直に申し上げます。
私は明らかに芸術のゾーンに入っているファッションの素晴らしさで、理解できないものがたくさんあります。
 
 
街を歩いていてもそうです。
独自性を貫いて「先を行き過ぎて私がついていけない」のか「個性的なファッションをすることで、オシャレだと思い込ませてしまう力をもっているのか」紙一重だと思うこともあります。
 
 
では流行にのる人たちは、「自分を持っていないのか」、「表現していないのか」と言ったら、それは少し違うかもしれません。
 
 
若い女の子はみな流行にのり、同じ格好をしているというけれど、「みんなと同じがいい」「空気を読め」で大人になった日本人特有のものかもしれないし、街に馴染みたい気持ちが根底にあるのかもしれません。
 
 
 
 
それに、ファッションだけに言えることではありませんが、バンドワゴン効果というものもあって
「みんなが買っているから、失敗はないだろう」
という安心感を得たい気持ちは、誰にでもあるものですよね。
 
 
 
ただ、はやりの服に身を包んでも、細かく見れば、全く同じになることはないと思うのです。
 
 
他人からみたら「同じ」に見えたとしても、髪をアップにするのかおろすのか、ピアスは大きめか小さめか、靴はスニーカーかサンダルか、そういった細かな選択ひとつとっても、表現といえるのかもしれません。
 
 
 
 
私は20代前半の頃、わりとかわいい系の服を好んで着ていました。
 
身長もそこそこあって、水泳で鍛えられたのか、立派な肩がコンプレックスです。
女性らしい優しく可愛らしい服を選ぶことは、華奢な女性へのあこがれが強いことにあったのかもしれません。
 
 
今でもその憧れこそあるものの、どうにもならないうえに、年齢も年齢ですので、少し落ち着きたいというのもあって、選ぶものはかわりました。
 
 
 
ファッションは、日常の中に見える芸術の一部。
 
 
今日手にとったそのお洋服にも、何らかの気持ちが隠されています。
刺激を受けたり、安らいだり。
 
「私ってこうなの!」
という、自己の主張でもあるし、アイデンティティーの確立にもつながっているのかもしれません。
 
 
 
 
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

COMMENT 0

WHAT'S NEW?