今の私には新聞より先に学ぶことがある。

 27, 2016 23:35
「ありがとうございました!お気をつけて〜!」
 
fc2blog_201606272207002e9.jpg
 
本日のお客さまのお見送りは、このTシャツで♪
 
でもなんでしょう。
お客さまに背を向けると、笑われました。
そのうち2名には大爆笑されました(笑)
 
 
西麻布のkisobarが1周年を迎えました。おめでとうございます。パチパチパチ
 
記念Tシャツは、3種類。私に何が届くかは、木曽さんにお任せしました。
届いたのがコレ!
 
 
fc2blog_20160627220725949.jpg
 
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・陶器・洋服
熊谷のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
 
皆さまの投稿や、シェアした記事をみていると、しばしば(アパレルに限らず)様々な業界全体の流れだったり、もっと大きなくくりで、会社とは何かとか、こうあるべきだとか、そういった記事を目にするけれども、正直私はそういうのがわからないのです。
 
 
政治経済や他の業界はおろか、アパレル業界全体が不況と言われている現状すら、実はよく理解していません。
Riyonは18年くらいやってきていますが、あまり変わらないものですから。へへ。
 
だから昨年、アパレルが不況だと聞いたとき、「え?そうなの?」と思ったくらい。
今年に入ってそれが益々加速してきて、どこかがどこかの傘下にとか、閉めたとか、本当に誰もが知っているような大手企業のことだけ。
 
わかったフリすらできないほど、わかりません。(なんでこんなに偉そうなのだ)
子供の頃は、大人になったら社会のことが何でもわかっていて、子供に何か質問されても何でも答えられるもんだと思っていました。
でも、大人になったからといって、勉強しないとわからないままみたいです(でしょうね)
 
 
だから。と申しますか、言い訳するつもりはないのですが、
「私にできることをする」のが、私にできることなんです。
 
 
逆に、私が政治や経済に詳しかったとして、今と何か変わるかなと思ったら、やることは変わらない気がします。
ましてや、それをお客さまに私が話したところで、うちのお客さまとは盛り上がれる気がしません(笑)
 
 
あ、勿論話せる人、話したいお客さまはそれでいいと思うのですが、私がそういう話をできないにもかかわらず、お店にずっと来続けてくれているお客さまは、Riyonにたいしてそれは望んでないらっしゃらないように思います。
 
 
私ができるのは、お客さまが今食べてきたというおいしいランチの話を聞いたり、おいしいケーキ屋さんの話をしたり、旅行の話をしたり、今度お客さまがでかけるお食事会のお洋服を一緒に考えたり、今度友達の誕生日にあげるものはなにがいいか一緒に考えたり、息子さんがご結婚された話やお孫さんが進学した話をきいたり。。。
 
そちらの方が大きなニュースなんです。
別に、日本がどうなってもいいなんて思ってはいませんが、私がいなくても日本はどうにでもなりますが、目の前のお客さまは、来週開催される同窓会に着ていくお洋服に困っていますから、そちらが優先です。
 
 
今日の、このTシャツを見て爆笑されたお客さまは、私が別のお客さまとストールを選んでいるさまを見て、
「若い人に選んでもらえるのは、自分が選ぶのとは違うわね」
とおっしゃってくださいました♪
「楽しい」
とおっしゃってくださいました♪
 
(あ、私は決して若いと言える歳ではありませんが、Riyonのお客さまの大半は60代、70代なので、私でも若いといっていただけます)
ときにはご自分のだけでなく、お嫁さんやお嬢さんへのプレゼントのときにも、相談して下さいます。
 
 
 
 
難しいお話はできないけれど、楽しければいい。
と思うのは、勉強がキライな人のいいわけですかね(笑)
 
 
ともかく、冒頭に書いたkisobarのオーナー、木曽さんのように
お店に1歩入ったら、楽しい時間を提供できる人でありたいなと思います。
 
ファイル 2016-04-20 14 12 35
 
私はお酒もあまり飲めないし、六本木に行くことはあっても、西麻布には行きません。
ましてや「西麻布のバー」に行くなんて、かっこ良すぎて、緊張して、あの方のSNSでの紹介がなかったら、おそらく勇気を出して行くこともなかったと思います。
 
 
だけど実際に伺ってみると、木曽さんは、田舎者の私が思い描いていた「西麻布のバーのオーナー」とは違いました。
常連でもない私をも、温かく迎え入れてくれる。
そんな方。
 
先日、アキーコとうかがったとき、初めてカウンターに座らせていただいたのですが、全て聞いていたわけではありませんが、どなたと交わす会話も、すごく心地良いのです。
笑いと真面目のバランスが。
 
 
思えば私が尊敬する方は、こんな方ばかり。
 
 
 
 
世の中には、人を楽しませる人や優しい人がたくさんいて、まず私が学ぶべきは、政治のことよりそういうことです。

木曽さんやkisobarを教えてくださったあの方、他にも沢山、私と関わってくださっている方々が実践されていることは、
 
「自分がしてあげたいこと」
 
ではありません。
 
「相手が喜びそうなこと」
 
 
fc2blog_20160627220645364.jpg
 
Tシャツに袖を通し、お客さまと一緒に笑って、1日の終りに思ったのは、そんなことでした。
 
 
木曽さん、ありがとうございました♪
先日、カウンター席からなかなか離れようとしなかった理由は、実はそれです。
勉強になるなぁと思っていたからなのでした。
 
 
 
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :10時~18時
おやすみ:日/祝/第1・3月曜
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

COMMENT 0

WHAT'S NEW?