fc2ブログ

記事一覧

『ほかげ』塚本監督、塚尾桜雅くん登壇決定

先日お伝えした、深谷シネマでの『ほかげ』再上映。

3月8日の塚本晋也監督舞台挨拶に、この度『ほかげ』にて、キネマ旬報ベスト・テン、新人男優賞を、最年少で受賞した、塚尾桜雅くんも登壇することが決まりました。

撮影時にはまだ7歳。戦争孤児役でしたが、本当に恐ろしさを感じているのではないか、なぜ小学校1年生でここまでの演技が出来るのかと思うほど、演技が素晴らしいです。



舞台は終戦直後。
闇市を舞台に、絶望と闇を抱えて混沌の中で生きる人々の姿が描かれています。
焼け残った居酒屋で体を売って生きる女、戦争孤児、復員兵、片腕が動かない男。様々な人々の視点から、私達は知らなかった部分の戦争というものを知るのです。


映画が始まり、状況を理解し、初めこそ趣里さんの視点で物事を感じ散っているのですが、桜雅くん演じる坊やが居酒屋にくるようになり、その目を見たとき、我々はいつしか坊やの視点に切り替わっています。
その後はずっと、彼の目を通して、状況を理解し、どうにもならない事柄に対して、感情をなるべくフラットにして、淡々と理解しなければと思わされるのです。

でなければ、精神が崩壊してしまうから。

fc2blog_202402022257220d3.jpg


戦争が終わったときが、平和や希望のスタートではないのか。

直接的な描写があるわけではないのに、いかに戦争が残酷で恐ろしいものであるかを語る。そんな映画です。

毎日、SNSを開けば、TVをつければ、目を伏せたくなるようなニュースが放送されます。
この映画が祈りの映画であるとおっしゃった塚本監督の言葉も理解できます。
できれば知らないままでいたいけれど、こんな世の中であるならば、知らなければいけないのかもしれません。



 
 
 
お洋服と和のうつわと珈琲豆のセレクトショップ
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

プロフィール

Riyon

Author:Riyon
埼玉県熊谷市。籠原駅から徒歩15分ほど、公園のめぐりにある、珈琲豆と器とお洋服の、小さな小さなセレクトショップ、Riyonです。
Open 11:00~18:00 日/月曜/祝日はおやすみです。  

記事カテゴリ【月別】