fc2ブログ

記事一覧

破損したものが生まれかわったときの喜び

本日の簡易金継ぎワークショップ、無事終わりました。ご参加いただき、ありがとうございました。

fc2blog_2023112116253459b.jpg

飯碗など、頻繁に使ううつわは、どうしても欠けやすいですよね。
それは仕方のないことです。
割ってしまってご家族に叱られたという方に、一言申し上げたいです。

お料理に洗い物に片付け、しない方は絶対に割ることはありません。
動いているから割っちゃうんですよ。


人間だもの。
みわを。

毎日お疲れ様です。

fc2blog_20231121170140673.jpg

というわけで、本日ご参加の方の飯碗、たくさん欠けていたので、これをすべて金仕上げにしてしまうと、「直しました」感が強いかなということで、一番目立つところと、2番目くらいまでを金にして、あとはうつわと同じ緑にしましょうということに決定しました。

こちらは明るい緑。

fc2blog_20231121165439ebe.jpg

そしてこちらは、同じ織部でも、かなり暗めのお色です。藍色に近い緑を作って、塗っていらっしゃいました。
写真だとやや明るそうに見えますが、とてもいい具合になじんでいました。

fc2blog_20231121165429f74.jpg

金仕上げの箇所。

途中ちょっと終わりが見えなくてお元気がなくなっていることもありましたが笑、仕上がりが近づくにつれ、楽しみを見出してくださり、、最後には、とても楽しかった、またやりたいとのお声を頂戴しました。


そうなのです。割と地味な作業が続くので、こんなことで最後綺麗になるのかしらなどと思っても仕方のないことです。
でも、途中途中、欠けていた部分が埋まり、それによってうつわ本体の形が決まり、そして最後に色が入ったとき、なんともいえぬ達成感があります。

途中、息を止めるほどの集中で線を描く時間もあり、とてもすがすがしいものです。
やってみなければわからないことなので、ぜひ、皆様もご参加くださいね。

器用である必要はありません。その繕いの感覚と、美しく生まれ変わったうつわを、欲しいか、そうでないかです。

特別料金の¥1,300は今年いっぱい。
所要時間は2時間です。

日程等、ご相談くださいね。
来年からは少し値上げさせていただきます。(お預かりの金継ぎのお値段もかわります。年内受付のうつわは、来年のお返しでも、年内の価格になりますので、駆け込みも受け付けます。


fc2blog_20231121222916057.jpg

こちらは、お預かりしたお客様の湯呑です。
縦に一本、その脇に短いもの、2本のヒビが入っています。
お母様が気に入ってお使いになっているものだそうで、早速とりかかりました。水漏れはしていないとのことでしたので、補強として漆を。

fc2blog_20231121222930843.jpg

下塗りした状態です。こちらはワークショップの新うるしと違い、本漆ですので、時間がかかります。まずは乾燥待ち。
乾燥したら、やすりで擦って、再度同じ漆を塗ります。それが乾いたら、またヤスリで擦って、同じ漆を塗り、金属粉を蒔いて、乾燥を待ちます。

しばらくお待ちいただければと思います。
 
 
 
お洋服と和のうつわと珈琲豆のセレクトショップ
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

プロフィール

Riyon

Author:Riyon
埼玉県熊谷市。籠原駅から徒歩15分ほど、公園のめぐりにある、珈琲豆と器とお洋服の、小さな小さなセレクトショップ、Riyonです。
Open 11:00~18:00 日/月曜/祝日はおやすみです。  

記事カテゴリ【月別】