美しい器に出逢うとお客さまの顔が目に浮かびます♪

 03, 2016 22:53
朝5時に出発。いざ栃木県へ!!!
 
朝食には秘密の高菜祭り以来の、まささんのタカーナおにぎり♪
(美味しいよ~♪まささん、のぶ子さん、美味しいよ~♪)
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・陶器・洋服
熊谷のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
そして益子に到着。
あー!着いた~!と車を降りてみたはいいが、
あまりの寒さに怖気づきました
 
 
IMG_4561.jpg
 
こちらの先生なんかダウン着てるし。
 
 
益子焼の陶器市のときに行くのは、作家さんがほぼ同じエリアに集まってくれるためです。
 
益子の先生方って皆さん窯を持っていらっしゃるので、それなりの広さが必要。お住いの場所がスゴい山道の先で、何度も迷子になりました。(Uターンも一苦労(笑))
 
 
予めお電話で、在庫が少なくなった商品を注文してある作家さんもいるのですが、新しい作家さんとの出逢いもあるので、陶器市のときにウロウロして
「この作家さんは、こういう感じなんだなぁ」
と見せていただきます。
 
IMG_4564.jpg
 
まぁ、正直に言って。。。疲れます(笑)
でもね、いい器に出逢った瞬間、その疲れは吹き飛びます。
 
 
 
この器に氷を敷き詰めて、葉っぱを敷いて葛きりをのせたら、すごくきれいだろうな。とか、
 
あ!こっちの器にはお花を飾って。。。とかね。
 
自分のテンションもあがりますけど、「これ絶対お客さま喜ぶよ!!!」っていう器に出逢えると、早く買って帰って、器が大好きなお客さまに見せたくなるんです。
 
 
陶器は洋服と違って、その方が使っているところを見ることはほぼありません。
でもたまに、お写真で見せてくれる方がいらっしゃいます
それってすごく嬉しいんです♪
 
 
買い付けてきた陶器をお客さまにお見せするときは
「どうだっ!!!」
って。
 
あ!口には出しませんけどね。そんな感じで(笑)
器好きのお客さまがそれを目にしたとき
「うわぁっ♡」
って、感嘆の声が上がるんです。
 
「ふふ♪すごい素敵ですよね!ほら、こっちなんかもすごくよくて~、みてください、この薬の流れ方。たまらないですよね!」
「わぁっ♡それもいいわねぇ。困ったわぁ♡」
 
困った姿を見て、喜びます(Sではない)
 
 
お客さまはそのとき、これをどのように飾ろうか、どんな料理を盛り付けようか、どうするとこの器が、そしてそれに盛る料理が映えるのか、そんなことを考えています。(多分)
そういう瞬間のために、器を選んでいます。
至福の、妄想タイム
 
 
IMG_4589.jpg
 
村越琢磨先生は、私が好きな作家さんです。
益子の方ではないのですが、陶器市のときには必ず益子にいらっしゃいます。
 
 
先生の器にのせると、どんな料理も高級料亭に変貌をとげます。
 
それに、こういう器をみると、適当なものをのせたくなくなるんです。
のせるものは、別に手がこんだものでなくても、おにぎりとか、買ってきたお惣菜でもなんでもいいのだけれど、ただ、盛り付けるときには、最高に美味しく見えるように盛り付けたくなるんですよね。
 
 
IMG_4587.jpg
 
 
先生は、こんなに重厚感のある器も作るし、海外のギャラリーからも高い評価を得ている方なんです。
それなのに、
 
「先生?先生って誰~?たくまくんって呼んでよ~」
なんておっしゃったりして(笑)
 
 
陶芸家には、ザ・芸術家さんも多いですが、村越先生は、とても親しみやすい方です。
それを踏まえたうえで、この器をご覧ください。
 
 
村越27-5
 
村越85-4
 
 
いかがでしょうか?
温かいお人柄が伝わってきませんか?
 
 
 
どんな器も、その先に作っている人がいる。
 
そんなことを思いながら使ってみてくださいね。何の気なしに使っている器を、もっと大切に使いたくなると思いますよ
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :10時~18時
おやすみ:日/祝/第1・3月曜
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

COMMENT 0

WHAT'S NEW?