fc2ブログ

記事一覧

「京都・智積院の名宝」展

昨日は「かちのかたちたち展」に行った後、サントリー美術館にて開催中の
「京都・智積院の名宝」展にも行きました。(どちらもミッドタウンなので)

このとき17:20。閉館18:00。
私のいつもの展覧会の所要時間を考えると、どう考えても時間が足りない。。。でもなかなか六本木に来る機会もないし、観たいと思ったときが観るべきときなので、思い切って入っ。。。たものの、やっぱり足りなくて、やや急ぎ足で鑑賞しました笑。

fc2blog_20221219200608824.jpg

京都、智積院(ちしゃくいん)。
元々この地には豊臣秀吉の長男、鶴松の菩提寺である(智積院の前身)祥雲寺が建立されました。気鋭の画家、長谷川等伯一門は、全身全霊で障壁画を描き上げ、それまで狩野派ばかりだった世界に、長谷川派も並ぶこととなります。


国宝「楓図」「桜図」「松に秋草図」が、今回、初めて寺外で揃って公開されることになりました。

実はこの襖絵、本当はもっと大きかったのだそう。
智積院は何度も火災に遭い、僧侶たちは逃げるときに壁から剥がし、持ち出したそうです。僧侶たちが必死に守ってきたおかげで、今があるのですが、そのときに人が持ち出せる大きさになったのだとか。

fc2blog_20221219234000bf9.jpg
(これはレプリカ)

楓図は長谷川等伯、桜図は長男、久蔵の作品です。

このとき久蔵、24歳。
近くで観ると、白い桜は浮かび上がっているように(実際に立体的になっている)見えます。

これは貝殻を砕き、塗り重ねて作られたそうです。
描かれてから400年経つ今も尚、それが見られるのはすごいことなのではないでしょうか。

もっとゆっくり観たかったな笑。素晴らしかったです。

「京都・智積院の名宝」展
2022年11月30日(水)~2023年1月22日(日)

開館時間
10:00~18:00(金・土は10:00~20:00)
※1月8日(日)は20時まで開館
※入館は閉館30分前まで

休館日
火曜日、12月30日(金)~1月1日(日・祝)
※1月17日は18時まで開館

入館料
一般 ¥1,500
大学・高校生 ¥1,000

詳しいことは下記リンク、公式サイトよりどうぞ。

サントリー美術館「京都・智積院の名宝」展HPはコチラ

fc2blog_2022121920183543f.jpg

エスカレーターを下ると、館内には大きなツリーが。

fc2blog_20221219201504f2a.jpg

六本木らしい、キラキラと輝く道。
この光がどのように見えるかは、自分自身の2022年のジャッジである気がします。
 
 
 
お洋服と和のうつわと珈琲豆のセレクトショップ
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

プロフィール

Riyon

Author:Riyon
埼玉県熊谷市。籠原駅から徒歩15分ほど、公園のめぐりにある、珈琲豆と器とお洋服の、小さな小さなセレクトショップ、Riyonです。
Open 11:00~18:00 日/月曜/祝日はおやすみです。  

記事カテゴリ【月別】