fc2ブログ

記事一覧

手ぬぐいを購入した件

ずっと行きたかったお店。
銀座たくみ。

fc2blog_20221227215839691.jpg

無名の職人によって作られた、それぞれの地方の特性にあう品々。
それらは民藝と呼ばれ、柳宗悦をはじめとする民藝運動で広まりました。

昭和8年12月、地方の優れた民藝品を普及するために、たくみは作られました。

fc2blog_20221227191155773.jpg

今回購入したのは、銀座たくみオリジナルのてぬぐい。
芹沢銈介がデザインした銀座たくみの包装紙の版を起こし、てぬぐいとして製品化されたもの。
急須、うちわ、漆器など、様々な民藝品が描かれていますが、中でも羽広鉄瓶やほうきが気に入っています。

fc2blog_20221106221354c51.jpg

先月、桐生ファッションウィークに出店されていた桐生てぬぐいさん。

fc2blog_20221106203618782.jpg

バッグに柄を染めるワークショップにも参加しました。

fc2blog_20221227191214f54.jpg

そこで購入したのは、寅年てぬぐい。

干支というより、デザインが気に入りました。
ボールペンで細かく描いたモノクロアートを、手染めで一枚いちまい、生地に染め上げているそうです。

また、桐生てぬぐいさんの説明によると、

三匹の虎は「現在・過去・未来」を意味し、全体図に時の流れを描出、仏教用語でいう「三世」「而今」を表現いたしました。
「過去や未来に囚われず、ただ、今この一瞬を大事に」という思い、願いを込めて描きました。

とのこと。

また、全体的に吉祥文様が細かく描かれているのも、気に入っています。
日本の文化や伝統が詰まっていていいものです。


ちなみに、手ぬぐいの端が切りっぱなしになっているのは、端を縫っているものよりも乾きが早く、汚れやホコリがたまりにくいためだそうです。
また、結んだり裂いたりということにも向いているのだそうです。

お店のディスプレイに使っていますが、どちらも温かく、おしゃれで気に入っています。
 
 
 
お洋服と和のうつわと珈琲豆のセレクトショップ
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

プロフィール

Riyon

Author:Riyon
埼玉県熊谷市。籠原駅から徒歩15分ほど、公園のめぐりにある、珈琲豆と器とお洋服の、小さな小さなセレクトショップ、Riyonです。
Open 11:00~18:00 日/月曜/祝日はおやすみです。  

記事カテゴリ【月別】