誰がパイセンなのか

 01, 2016 23:10
予告通り。フジテレビに参上。獲物は確かにいただきました。
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・陶器・洋服
熊谷のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
一緒に行ったのは、小金井のセレクトショップ【ゆうすい】の美帆さん。
 
 
SNSで毎日会ってるから、実は会うのが4回目だと、暫く話してから気付きました(笑)
 
 
美帆さんは、こう言いながら、私にチョコレートを手渡しました。
 
「私もチョコレート好きなの」
 
私は直接、美帆さんに「チョコレートが好き」って言ったことなんてないのだけれど、SNSで発信しているから、好きなものを知ってくれている♪最近こういうことが多い。
すごいことですね♪
 
 
とりあえず2人して、マイアミさんに向かって「カレーのコーナーまだかな」と、無言のプレッシャーをかけてみました。
 
 

 
 
 
昨年9月。
短パン社長のマーケティングセミナーに参加したところ、テレビカメラが入っていました。
 
 
それこそが、社長に密着取材をしていた「人生のパイセンTV」スタッフの皆さんでした。
 
 
151026パイセンTVに映ったよの私
 
 
その後
「明日からまた仕事かぁと溜息をつきたくなる日曜の夜、そんな憂鬱を吹き飛ばす番組を作ろう」というパイセンスタッフ、マイアミディレクターさんの想いを知り、短パン社長は、ただ接する機会が多かったから、仲良くなったわけではないのだと確信しました。
 
 
今日の収録の様子を見ていても、パイセンスタッフさんって熱くて全力。だから、ただ笑っていられるのです。
 
 
仕事でも遊びでも、とにかくバカみたいに真剣に取り組んでいなければ気づけないことがある。
 
 
一見、ふざけているかのように見える人は、仕事ぶりが見えないかもしれない。でもそれは、見えていないだけ。「頑張って仕事しています」という風に見せていないだけということもあるのです。
 
 
人の芯の部分が見えていない人はなにか言うかもしれない。
 
大人になってまで、熱いことを格好悪いと思っている人がいる。揶揄する人がいる。
 
 
けれどもそんなふうに、人に嘲りの視線を向けた足元には、一体何が残るのだろう。
 
 
お城を守りながら、誰も笑顔にしないプライドという鎧やら刀やらを振りかざしていても、そのプライドが響くのは、外しか見ない人。
もしくは、同じようにプライドを振りかざしている仲間であろう。
 
 
 
 
遊びの中に、気付きを与えてくれるのは、こういうがむしゃらな大人たちです
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :10時~18時
おやすみ:日/祝/第1・3月曜
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

COMMENT 0

WHAT'S NEW?