心もカラダも揉みほぐすヒト。

 24, 2016 22:01
マッサージイベントは、笑顔と幸せなため息をいっぱい生んで、おかげさまで大盛況でした♪
私は、皆様が帰られたあと、やってもらったのですが、知らない間にどうやら怒らせていたようで、こんなありさまに。
 
 
fc2blog_201602241804516ad.jpg

 
 
こんにちは
 
珈琲豆・陶器・洋服
熊谷のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
 
山口久美さんと知り合ったのは、私がまだ、大学生の頃でした。
彼女は、私のバイト先のお客さまでした。
ですからもう、長い付き合いになります。
 
 
そして、このイベントをはじめたのは、昨年のこと。
 
 
ずっと友達だったけれど、お互い全然繋がりのない仕事だから、一緒になにかしようとは思わなかった。
正確には、思いつきもしませんでした。
 
 
けれどもある日、一緒になにか楽しいことをやりたいなら、やれない理由ではなく、なんとかしてやれるよう、考えてみてはどうかと思ったのです。
 
fc2blog_20160224215829c49.jpg

 
 
話していると、豪快に笑う彼女だけれど、お客さまを前にすると、彼女の語りかける、その声の大きさや、間合いや、スピードは、とてもほどよい。
それは別に、お客さまの前だからといって、作っている訳ではありません。
 
 
 
私も人のことは言えないのだけれども、彼女は写真写りがとても悪いんです。
本人の前でもいつもネタにして、2人で笑ってしまうくらい。
 
 
けれども、それって実は、表情の豊かさからきているものなのだと思います。
人の話をちゃんと聞く人だから(たまに全然覚えてないけど)、シャッターを押すどのタイミングも、目の前の人の話に反応しているのです。
 
写真では、そんなふうに、考えたり、笑ったり、困ったり、、、の一場面が切り取られる。
だからいつも、写真を撮り直すことになります。
 
 
fc2blog_201602241418519ed.jpg
 
 
私は、自分がその会話に加わっていない限り、彼女とお客さまのお話の内容までは聞いていないけれど、
お客さまの方から、ご自身のスピードで、話したいように話しているように思えます。
 
 
 
お話というのは、たいていの方が、「聴く」よりも「自分が話した」方が、その時間を「楽しめた」もしくは「癒された」と感じます。
そして、その時間を形成するもの。それがたとえメインでなくとも、何かが不足しているだけで、人は頭の中で、その時間が自分にとって心地よくなかったと決めてしまいます。
 
 
例えばカフェで、お互いのことをよく知らない間柄の人と話しているとして、そのカフェのイスがとても座り心地の悪いイスだった場合、帰ってきてとても疲れていますよね。
悪いのはイスなのに、「あの人と会っても疲れるだけだ」と、脳は勘違いします。
(親しい間柄なら、「座り心地の悪いイスだから、お店を変えよう」などと言えるはずですので、問題はないのかもしれませんが。)
 
 
その時間が楽しくなかった=その人といても楽しくなかった
 
と、変換されてしまうのです。
 
 
 
それをふまえると、この狭い空間で、「癒された♥️」と思っていただけることは、すごいことです。
お客さまは、マッサージで体をほぐされ、そしてもしかしたらそれ以上に、頭をほぐされているのかもしれません。
そう考えると彼女は、本物の癒し師です。
それを味わったお客さまは、本当に満足そうに帰られるのです。
 
 
fc2blog_2016022421502572c.jpg
 
そう。彼女にしか作れない雰囲気がある。
 
お客さまはただ、マッサージを受けにきた訳ではない。
 
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :10時~18時
おやすみ:日/祝/第1・3月曜
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

COMMENT 0

WHAT'S NEW?