じわる。

 17, 2016 22:40
近所のamazonで購入した本、
「マンガでわかる!安売りするな!価値を売れ!」
に、著者である、藤村正宏先生のサインまで入っちゃいました
 
 
こんにちは。
毎回毎回「熊谷の」とか書いてるけど、どこだよって方もいらっしゃいますよね!
 
珈琲豆・陶器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】 みわです。
 
 
ちなみに、住んでいるのは群馬県太田市というところで、最近有名人が、親善大使をしているのか、毎日ニュースでPRしてくれています。
 
 
 
 
fc2blog_201602171220313b3.jpg
 
 
それは、あの芸能人の、はからいです。
先日のピーアイさんでのセミナーの際、短パン社長に、本へのサインをお願いしました。すると
「スコット(藤村先生)のも、もらってあげるね!」
と、さらっと、本当にさらっとおっしゃいました。
 
 
今日、届いたんです。
Keisuke Okunoyaの箱って、見るだけで、テンションがあがって、うずうずします(パブロフの犬とも言います)
 
 
何が入っているのかわかっているのに、楽しみすぎて、すぐには開けずに、嬉しくて思わず振ってしまいました。
空腹は最高の調味料(なんの話)
 
 
あれ?本の他になにか入ってる?・・・・・
 
 
fc2blog_20160217122113b16.jpg
 
 
推理が得意な(私も初耳です)私の鼻がききました。
 
ショッパーと、手書きのお手紙まで入ってる!
 
 
ヤッターーー!
 
 
 
fc2blog_20160217122100ef2.jpg
 
 
「・・・・・。」
 
てか、あぶなーーーーーっ!手紙がくしゃくしゃになるとこだった!強く振らなくてよかったー!
皆さんも、気を付けて!
気遣いがすごい人からの荷物の扱い、気を付けてーーーーー!
 
 
 
そして、ジワジワくる。
 
 
fc2blog_20160217143039146.jpg
 
 
この出来事ひとつとっても、
授業だ。そして教科書だ。
 
 
先日のブログにも書いたけれども、想定外のこと(いい意味で)をしてもらうと、感動します。
 
着払いにしてくださいと申し上げたのに、メール便でもいいのに、Keisuke Okunoyaの箱で届けたら喜ぶだろうな~というお心遣い。
 
 
 
先日、なぜ何度もセミナーに足を運ぶこかと、その理由をブログにも書きましたが、これにも同じことが言えます。
 
あるミュージシャンに興味を持ち、
ライブに行って生歌生演奏を聴いたら、
「やっぱりサイコーだ!」
と感動し、
そのライブのDVDが発売されたら、それを観て、またあの日のライブを思い出し、興奮してしまう。
 
この本は、セミナーでの興奮とヤル気を何度でも蘇らせるライブDVDのようなもの。もちろん、楽しいという意味よりも、やんぞ!っていう、明日の力をくれるもの。
また、初めての方には、あいうえおの教科書でもある。
 
 
 
人にしてもらったことにひどく感動するのは、自分も誰かを喜ばせたいから。
 
 
人を喜ばせる気持ちがない人は、そもそも誰かが自分のためにやってくれたことに気付かない。
 
 
きっと私も、誰かが私のためにしてくれたのに、気付けていない部分が沢山あるに違いない。
 
 もっともっと、気付けるような人でありたい。
 
そして、もらったものは、伝染というカタチでお返ししよう。
 1人でも多く、笑顔にしよう
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :10時~18時
おやすみ:日/祝/第1・3月曜
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

COMMENT 0

WHAT'S NEW?