fc2ブログ

記事一覧

あらゆるものが廃れていったけど変わらないものもある

観たい番組を録画しているのですが、溜まっていく一方です。昨日ようやく観た番組で、年代別「思春期にささった曲」というのを、各世代10曲ずつ紹介していて、懐かしい曲がいっぱいありました。


ちなみに、今40歳の人たちが思春期に聞いていたという10曲がコチラ。

fc2blog_20200422235435b88.jpg


あれ。思春期の話となると、ほんの数年でもズレがでてくるもので、これらの曲はすでに思春期を脱してるものがほとんどでした笑

中学時代によく聴いていたのは、ユニコーンとか槇原敬之とか、LINDBERG、ドリカム、サザン、ユーミン、あとはその年のいわゆる「ヒット曲」を聴いていました。

fc2blog_20200422235455b96.jpg

高校時代はミスチルにジュディマリに、あと洋楽を少し。あとTMNも聴いてたのは高校時代だったかな。あ、というか小室ファミリーも聴いてました。


思春期。一人で過ごす時間の多くは、音楽とラジオと本で埋めていました。深夜、ラジオを聴きながらどうやって勉強していたのか謎ですが、娯楽は限られていたし、地味だけどその頃なりの楽しみ方も知っていたように思います。

今の中学生は、みんな小さなコンピュータを持っていて、どこにいても、隙間時間にも、自由にいろんな情報を得られます。
勉強だって、いちいち図書館にいってあらゆる本を引っ張り出してこなくたって調べられるし、家の電話を待つこともないし、思い立ったときに相手がどこにいようが連絡を取ることができます。

だいいち、人と約束するのに、具体的な待ち合わせ場所を決めずにでかけちゃってもきちんと会えるなんて。今でこそ当たり前だけど、よく考えたらすごいな。

では私たちの時間は無駄だったのでしょうか。
いや、そうではない(と思いたい笑)

今の子供達は、費やさなくてよい時間は他のことに有効に使えば良いのだから、私が当時もたもたと図書館で調べ物をしている時間を考えれば、数百倍の調べ物が出来ることになります。だけど私達の時代も、そういった手間の中から学んだことがたくさんあると思うのです。それを経たうえで今、驚きとともに感謝することもできます。

かつての「最新」も、時代の流れと共に、廃れていきます。正確には、同じ目的でも進化して形をかえていきます。カセットテープだって、ウォークマンだって、フロッピーディスクだって。

今までだってそうだったのだから、この先も、なんらかの「目的」を果たすために必要なやり方は、必ずしも1つではありません。
その「目的」は今も昔も、実はたいして変わっていない。

たとえば、いい気分になりたいとき、元気になりたいとき、静かに浸りたいとき、「音楽を聴きたい」として、以前テープやCDだったものが、サブスクにかわっただけ。

私が中学生のころ、ユニコーンに求めていたもの、マッキーに求めていたものは、また別の誰かにかわっただけ。
中心は普遍的なものだと思うのです。

fc2blog_20200423010430f22.jpg


私はこの先、どういった方法でお客さまに、「お洋服」や「うつわ」の先にある「感動」を届けられるんだろう。そんなことを最近すごく考えています。時代に順応して、進化していきたい気持ちはあるけれど、それこそあの頃の曲を聴いて、ちょっと泣きたくなるような、胸の奥がかゆくなるような感覚を覚えるように、1つひとつの商品がお客さまの手元にいったとき、大切な思い出がくっついていくものであってほしい。お客さまと共にあゆんで行くのだから。そのためにも、お買い物の時点から、そのストーリーがはじまったらいいなと思っています。体温を感じるお買い物。対面でも、そうでなくても。
 
 
 
お洋服と和のうつわと珈琲豆のお店
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

プロフィール

Riyon

Author:Riyon
埼玉県熊谷市。籠原駅から徒歩15分ほど、公園のめぐりにある、珈琲豆と器とお洋服の、小さな小さなセレクトショップ、Riyonです。
Open 11:00~18:00 日/月曜/祝日はおやすみです。  

記事カテゴリ【月別】