fc2ブログ

記事一覧

渋沢栄一が来年の大河ドラマに決まったってよ

突然ですが渋沢栄一をご存知でしょうか。

ええそうです。2024年、一万円札の顔となるあの方です。来年の大河ドラマ「青天を衝け(せいてんをつけ)」も決まっています。

こんばんは。
お洋服と和食器、珈琲豆のセレクトショップ、 Riyonのみわです。

その渋沢栄一の出身地、埼玉県深谷市は、私のお店がある熊谷市の隣にあり、深谷ねぎが有名。近所のコンビニでゆるきゃらのふっかちゃんに偶然会ったことがあるのですが(本当に偶然)、めっちゃかわいいの。

fc2blog_20200209191651b0e.jpg

お写真いいですか?って声かけたら、このポーズ。ふっかちゃん可愛すぎて怖い。というかプロ(ふっかちゃんにプロとかないから)。


渋沢栄一の話に戻ります。今日はね、
「名前くらいは知ってるけど、渋沢栄一って何した人?」という方に読んでもらえたら嬉しいです。
渋沢栄一が設立に関わった会社はご存知ですか?


現在の名前で書くと。。。
みずほ銀行、東京海上日動火災保険、王子製紙、東急、帝国ホテル、東京証券取引所、キリンホールディングス、サッポロホールディングス。。。などなど。
書き出せばキリがない。その数なんと500以上!
す、すごいな!!!


ある方がおっしゃってました。「だけどどこも渋沢の名前がついた会社じゃないでしょう?それくらい、自分のためより人のため、尽くそうとした人なんですよ」って。

それを教えてくれたのは、尾高惇忠(おだか じゅんちゅう)生家にて、解説をしてくださった方。

fc2blog_202002091932493a0.jpg

尾高惇忠とは、渋沢栄一の10コ年上の従兄。論語からなにから、渋沢栄一はこの方に習っていました。

fc2blog_20200209193513418.jpg

渋沢栄一は尾高惇忠にものすごく影響を受けたみたい。というか、この方なくして渋沢栄一の活躍はなかったかもしれない。

fc2blog_2020020922172727d.jpg

ちなみに当時、群馬にある富岡製糸場の創業にむけ、工女を募集していたのに、フランス人が飲んでいるワインを見た人が、若い女性の生き血だと勘違いして変な噂を流し、富岡製糸場で働いてくれる女性がいなくて困っていたのだそう。初代場長だった尾高惇忠の長女が、事情を察して工女第1号となりましたとさ。


fc2blog_20200209220208fd0.jpg

こちらは誠之堂(せいしどう)。大正5年、渋沢栄一の喜寿のお祝いに、第一銀行工員たちによって建てられたのだとか。設計は当時の建築界の第一人者であった、田辺淳吉さんという方。

fc2blog_20200209220151d03.jpg
天井も窓もオシャレ。


fc2blog_20200209220200ba1.jpg
世田谷から移築されたとき、ブロックごとにカットされて運ばれてきたので、そのカットの痕が残っています。

fc2blog_20200209220128532.jpg
清風亭(せいふうてい)も敷地内に建っています。こちらもモダンでした。



fc2blog_20200209221704c2c.jpg
旧レンガ工場(ここは以前事務所だったところかな。現在は展示室になっています)

fc2blog_20200209221649b2b.jpg
ここで作られたレンガは、東京駅や赤坂迎賓館に使われています。

fc2blog_20200209222711aad.jpg

昔使っていたものが残されています。

fc2blog_20200209215310199.jpg

渋沢栄一記念館と生家もはずせません。

fc2blog_20200209193332523.jpg

だいたい車なら、移動時間に20分もかからないような場所に点在しています。
驚いたのがどの記念館にも必ず解説をしてくださる方がいて、どなたも大変親切だったこと。
だからよく記念館にありがちな、達筆すぎて読めない書物なんかを読んで解読しようとしなくても、丁寧に説明してくださいます。

私は伯父と父、母と一緒だったのですが、伯父と父がとにかく歴史好きなので、どこの場所でも係の方と楽しそうに話していました。

渋沢栄一を知ろうとすると、もれなく政治や経済の歴史を知ることが出来ます。
ここは近くに大きな利根川という川が流れているので、船での物流と共に、情報も集まる場だったらしいんですね。歴史政治経済算数体育理科美術に疎い私でも楽しめましたので、ご興味ある方、是非埼玉北部にある深谷にいらしてくださいね(って、私の町じゃないけど笑)
 
実は自宅から10分くらいのところにあるのに、初めて訪れました。おそーーーーー。

来年の今頃は観光客が増えると思うので、今がいいかもですよ。

 
 
お洋服と和のうつわと珈琲豆のお店
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

プロフィール

Riyon

Author:Riyon
埼玉県熊谷市。籠原駅から徒歩15分ほど、公園のめぐりにある、珈琲豆と器とお洋服の、小さな小さなセレクトショップ、Riyonです。
Open 11:00~18:00 日/月曜/祝日はおやすみです。  

記事カテゴリ【月別】