無法でたくさんだ

 03, 2016 21:10
無法でたくさんだ
夏目漱石「坊ちゃん」より
 
こんにちは。
坊ちゃんと違い、子供の頃「親譲りの無鉄砲」では特になかったのですが、
チョコパイを食べるときは、2つに割ってから食べたくて、クリームが付いてない方を食べると口の中の水分を全て持っていかれるとわかっているのに、食べてから飲み物がないと慌てふためくあたり、ある意味無鉄砲 と言えなくもない
 
 
fc2blog_20160203180615245.jpg
 
 
珈琲豆・陶器・洋服
熊谷のセレクトショップ【Riyon】 みわです。
 
 
 
 
「映画とか、ドラマとか、音楽とか、アニメとか、人が表現したものが、自分を豊かにしてくれる、そんな経験ないですか?
それを奪う権利を誰かが持っているというのは、間違っていると思います。」
 
 
「でも、ルールはルールでしょう?」
 
 
無法でたくさんだ
 
 
「間違ったルールを疑うこともせず、ただ生きているなんて、生きているとはいえないと思います。」
 
図書館戦争より
 
 
 
藤村先生も、先のエクスマセミナーで、リベルタンゴで有名な、アルゼンチンのピアソラを例に挙げていらっしゃいました。
 
 
fc2blog_201602031305186bc.jpg
 
 
ピアソラはタンゴを、踊る音楽から聴く音楽にかえたそうです。
 
ただ、伝統となった音楽の様式を崩そうとしても、ブエノスアイレスには受け入れられなかった。
正統とされるもの以外は異端であったからです。
その後、アメリカへ渡り、ピアソラは作曲家として名を広めていきました。
 
 
新しいことは反発されるという覚悟が必要だ
 
と、藤村先生はおっしゃいました。
 
「このようにみんなやってきたのだから、これが正しいのだ」と思われていることに疑問を持つことは、あたかも悪いことのように教わってきたのは、私だけではないはずです。
 
多数派が正義。
 
fc2blog_2016020316171816a.jpg
 
 
もちろん、人様に迷惑をかける革命は問題ですが、ここではそんな世界を揺るがすこと、ましてや政治的なことを言いたいのではなく(そもそもわからないから、何も言えねー!(え?康介?))
 
自分のお店や会社のやってきたことを「ちょっと変えたい!」
「面白いことがしたい!」
「お客さまを喜ばせたい!」
と、ふと思いつくもので、誰かに大打撃を与えるほどのことなんて、早々ないですよね。
 
だってそもそも、みんながもっと楽しむための革命ですから、反発があったとしても
「それは興味ない」
って、数人が思う程度だと思われます。
 
もし、何十人も何百人も
「なんだよそれ」
と言う人が出てきたら、それはもう、賛同している人も大勢いるということになるから、もはや成功。
 
 
私のお店は、とても小さな小さなお店で、お友達のお洋服やさんとは規模が違います。外観も、洋服やには見えません。
でも、そんなお店を好きだと言ってくれるお客さまもいらっしゃるので、今のようにお友達のような関係で、この先もずっと続けていきたい
 
だから今、ちょっとずつ変化しようとしています。
動くのって、本当は怖くて仕方ないんです。
 
「やってみてダメならやめればいいじゃん!」
 
と、私がよく書くのは、皆さまに言っているというよりは、意気地のない私自身に言い聞かせている部分が強いかも知れません。
 
 
fc2blog_20160203211342f2d.jpg
 
 
とりあえず、動く
 
 
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :10時~18時
おやすみ:日/祝/第1・3月曜
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

COMMENT 0

WHAT'S NEW?