いつも飲み込んでいる感謝の言葉、いつ伝えるつもりなのですか?

 20, 2016 22:35
雪のせいで行けなくなった展示会。予定が狂うなぁなんて思っていたけれど、Riyonを好きでいてくれるお客さまとのお喋りで、今日もハッピー♪
なんなら今日、行けなくてよかったなと思うくらいに♪
 
 
こんにちは。
 
 
熊谷の片隅でひっそり♪
珈琲豆・陶器・洋服
セレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
私のデスクに伝票の山がありました。
 
 
見て見ぬフリを続けていたところ、どうでしょう?みるみるうちに伝票の山は大きくなっていくではありませんか?!
 
 
腹をくくって経理の仕事をしていると、お店の方から
 
「今日はお姉ちゃんいないの~?」
と、聴こえていました。
 
声でどなたなのかすぐにわかりました。
 
 
必要とされること
 
ありがたいですね。(経理の仕事が中断出来るからではありません。)
 
M様は、洋服を選ぶとき、必ず私を呼んでくださいます。
 
 
fc2blog_20160120180407ddc.jpg
 
 
いつも笑っているのに、カメラを向けたら何回撮っても真顔なので、
 
「これは詐欺ですね。おしとやかなお嬢様に見えちゃってますよ。」
 
そう言うと、また大声で笑ってくださいます。
 
ともすれば、誤解を招きかねない、かなり失礼な冗談ですが、これが私からの愛情表現だと知っていて、尚且つそれを喜んでくださる方にしか申し上げません。
このお客さまとは、それだけの関係が築けています。
 
 
帰りがけに「今すぐではないですけど、オンラインショップはじめますよ。」
 
と申し上げたら、
 
「えー?!私をここに来させないつもりなの?インターネットじゃ嫌よ!
私来るからね!!!
 
とおっしゃって、また笑いました。
 
 
私としては、遠くからいつも来ていただくのが大変だと思っての発言でした。
 
が、お客さまはお客さまで、私がどういう意図で申し上げたのかを瞬時に理解し、あえてそう冗談のように、おっしゃったのかもしれません。
 
いつもありがとうございます。
 
 
 
贈り物
 
特に、近しい方への贈り物にこもっている想いは、私がどんなに一生懸命考えても、決して分かり得ない、強い想いです。
 
 
S様は、姪御さんの成人式のお祝いに、陶器を探しておいででした。
 
 
お菓子の専門学校をご卒業の姪御さん。
 
「毎日忙しいだろうから、ほっとひと息つくための珈琲碗がいいかなぁ。これでゆったりと飲んで欲しいなぁ。それとも、自分で作ったケーキをのせるための、お皿にしようかなぁ。」
 
 
 
S様は、ある陶器をじっくりと見つめていらっしゃいました。姪御さんが使っているシーンを想像しているのがわかりましたので、少し黙っていました。
 
陶器の贈り物ひとつにも、これだけの気持ちが入っています。
 
S様の想い、届いて欲しい。
 
その後、S様はあるお話をしてくださいました。
ここで詳しいことを書くわけにはまいりませんが、それは、とても素敵な愛のお話で、私は胸がいっぱいになってしまいました。
 
 
誰かを想っていても、私たちの命にはいつか終わりがきます。
 
生きているうちに伝えられる想いは、幾らばかりでしょうか?
 
想っている感謝の、一体何百分の一が伝えたい人に伝わっているのでしょうか?
 
あなたにももし、感謝の言葉を、愛を、伝えたい人がいるなら、恥ずかしくても、その飲み込んでしまった言葉のうち、100回に1回でもいいから、伝えるべきです。
 
 
 
人間の感情は1日に8億4000万回変わるそうです。
 
それならばそのうち7億は、ポジティブな感情だといいですよね。
残りの1億4000万は、その7億を、幸せに感じるための調味料として、必要な感情かも知れません。
 
 
私も、目の前のお客さまが、お友達が、そして家族が、私と関わることで得る「感情」は、少しでもプラスになるものでありたい。くだらない冗談でもなんでもいいから、笑顔でいて欲しい。
そう思います。
 
 
あなたの愛する人が、私の愛する人が、1回でも多く、笑顔でいられるよう、あなた自身が、私自身が、無理のない笑顔でいたいものです。
 
笑顔の威力はスゴい
 
そう思うからです。
 
 
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :10時~18時
おやすみ:日/祝/第1・3月曜
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

COMMENT 0

WHAT'S NEW?