fc2ブログ

記事一覧

綺麗な服は綺麗な人だから着るわけではない

昨日の続きみたいな内容になりますが、どんなお洋服が似合うかわからなかったら、信用できる(なんにでもお似合いになりますぅって言わない)お洋服屋さんにいくか、それが思い当たらないなら、信用できる(なんにでもいいんじゃないって言わない)人と一緒にお買い物に行けばいいと思います。
そのとき「こう見られたい」「こうなりたい」という抽象的な感じだけでもあるといいかなーと思います。

 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
私なんてどんな服も似合わないんじゃないか。
足が太いから、背が低いから、お腹が出てるから、この服は似合わないんじゃないか。
 
 
でもね、モデル体型の人なんてほとんどいません。
ファッション誌には身長が高くて超細いモデルさんが着てるわけだから、私はこうならないと思って当然といえば当然なんだけど、少しくらい足が太くても、少しくらい背が低くても、何にも問題ない。そんなの気にしてたら誰もお洋服着れません(笑)
 

綺麗なお洋服は、100%の人が着るものじゃない。
100%に近付くために着るものだと思う。
綺麗だから着るんじゃなくて、綺麗になるためって言ったらいいのかな。

 
これは運動でも、お化粧でも、同じことが言えるんじゃないかな。
綺麗に見せるための口紅も、華やかに見せるためのピアスも、モデルしか使っちゃいけないわけじゃない。

ただ、それが似合う(自分をより引き立ててくれる)か、似合わない(自分以下に見せてしまうか)かはあるけれども。似合うものを探せばいい、もっと自分をよく見せてくれるもの、テンションがあがるもの。私なんてこの程度でいいとか言ってたら、どーでもいいお洋服を買ってしまう。
 


以前、補色について書いたことがあるのですが、コーディネートのご参考までに、また貼ってみますね。

補色


補色とはこの図でいう、真逆の色のことを指します。
たとえば、赤なら緑って感じですね。
反対の色は目立つ組み合わせです。

その両隣を類似色と言います。
その類似色の補色も含めると、目立たせるために使える色が何色かでてきます。
だからたとえば橙なら、その類似色は赤と黄色ということになります。ということは、その反対色だから、ざっくり言うと青から緑が補色にあたります。

イメージ的にはこんな感じ。
fc2blog_20181020235841ef1.jpg


そしてこれはお洋服だけでなく、お部屋のインテリアにも、そして料理の盛り付けにも使えます。

fc2blog_20181020235421607.jpg

必ずしもそうでないこともあるんだけど、色の組み合わせ方がわからなかったら、反対の色を考えてみると、わかりやすいです。


 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

プロフィール

Riyon

Author:Riyon
埼玉県熊谷市。籠原駅から徒歩15分ほど、公園のめぐりにある、珈琲豆と器とお洋服の、小さな小さなセレクトショップ、Riyonです。
Open 11:00~18:00 日/月曜/祝日はおやすみです。  

記事カテゴリ【月別】