FC2ブログ

記事一覧

悔やまない。好きだからこそ。

先日、劇団四季の創設者であり、演出家でもある浅利慶太さんが亡くなりました。お別れの会の模様をニュースで見ました。
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
fc2blog_20180919091518114.jpg
これは、先日CATSシアターに飾られていたものです。

私が初めて見た劇団四季作品は李香蘭。高校生のときのこと。
歴史が苦手な私でしたが、ミュージカルは自然に歌詞を覚えるので、昭和史の勉強にもなりました。
李香蘭の主演はずっと、浅利慶太さんの奥様である野村玲子さんが演じています。
 
 
日本には数多くの劇団が存在しますが、劇団四季は、「俳優が舞台だけで食べていける」劇団です。演劇をビジネスとして成立させているから。

通常、お芝居やミュージカルをやるには、どこかしらの民間の劇場を借ります。
それは多額の場所代がかかるだけでなく、期間も半年、1年など、長期に渡り劇団四季が借りることは出来ません。

そのため、CATSシアターなど、劇団四季専用劇場を作ることにより、コストコントロールができ、適正なチケット価格にすることができるそうです。。


経営と技術には、俳優の数(600名)を超える数の人が在籍しており、俳優は月額の最低保証があります。舞台俳優として食べていけるのはこのためです。でも、1年契約なので、来年もそこにいられるかどうかはわかりません。


そうした徹底した管理や経営システムのもと、素晴らしい公演が実現しています。
私達がただただ安心して、ただただ楽しみに出来るのは、俳優や制作陣が、大変な稽古や体調管理、サポートをしているからです。日本でもできるはずだと、そういう劇団を作ってくれた浅利慶太さんには、(会ったことないけど)感謝です。



さて、そんな浅利慶太さんとのお別れの会では、市村正親さんや石丸幹二さんなど、すでに四季を卒業した俳優も含め、この歌をみんなで歌って送ったようです。


悔やまない
好きだからこそ
(命燃やし)全てを捧げ 
生きた日々に悔いはない

ひたすらに この道を

(「愛した日々に悔いはない」より)

歌詞を作ったのは違うけど、日本語詞は浅利さんです。私がCATSと同じくらい大好きなコーラスラインの曲。


この曲、「愛した日々に悔いはない」は、まさに浅利さんの生き様なんだと思います。昨日の安室ちゃんも「また歌いたくなっちゃうかもって思ったら、辞めるなんて言わなかったと思う」って言ってたけど、常に全力、常に今が最高なんだと思うのです。


この歌の「すべてを捧げ」の部分の歌詞は本当は「すべてを捨てて」です。でも、浅利さんが以前

「『すべてを捨てて』より『すべてを捧げ』が適当なのではないか」と思ったのに、若い俳優達はピンとこなかった。だから「すべてを捨てて」となっている」

のだそうです。
浅利さんが若かった時代は、何もなかったから、自分自身を演劇に「捧げ」た。
でも、今の人達には多くの選択肢がある。その中からさまざまなものを「捨てて」演劇に生きているのではないかと話したそうです。


どちらにしても、私には「覚悟」という言葉に聞こえる。

覚悟って、重い。
そして潔い。



 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

プロフィール

Riyon

Author:Riyon
埼玉県熊谷市。籠原駅から徒歩15分ほど、公園のめぐりにある、珈琲豆と器とお洋服の、小さな小さなセレクトショップ、Riyonです。
Open 11:00~18:00 日/月曜/祝日はおやすみです。