記事一覧

スイッチは意外と身近なところにある

昨日はディスプレイを少し変えました。考えながらなので、まだ途中ですけどね。しかも今日は全然すすんでないですけどね(笑)
 

 
色々やりたいけど、できることには限りがあります。でも出来る範囲で工夫することで、お客さまが何かしらの世界を掴んで、お買いものを楽しんでくれたら嬉しい。
うつわの使い方を色々考えるのも、その一貫です。
 
あ、ちなみにインスタにもそんな写真を載せているので、うつわがお好きな方はよかったらそっちも覗いてくださいね♪
 
Instagramはコチラからご覧いただけるはず
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
ここ数日、短パン田植え部でお世話になった、フュービック(国内外にDr. ストレッチなどを展開する会社)さんの、研修の投稿を拝見していました。
 
 
黒川社長以外、お会いしたことのない方々ばかりです。にもかかわらず、皆さんのツイートを見て、その空気を感じ取ることができました。
 
発信を見る機会がなければ知りようがない。
知らなかったら仲良くなりようがない。
今お友達でいてくれてる方々は、まずは勝手に拝見したところから始まっています。顔を出してくれていたから、親近感が湧くのも早かった。
 
 
みんな遠くに住んでるから、回数でいったらそんなには会ってない。でも思い返すと、仲良くなるまでに時間はさほどかからなかったな。
 
 
ある程度の人数で集まっていると、揶揄する人もでてくるかもしれない。
でもそこにいた人にしかわからないことがある。
それは、思いっきり笑わせてもらったという事実。
笑ったんじゃなくて、笑わせてもらったの。
 
 
自分を犠牲にするのは違う。
逆に自分だけ楽しんでいるのとも違う。
 
そういう方を見ていると思うんです。人を笑わせる=楽しませる、喜ばせるには、それだけの準備が必要なんだなって。SNSを見たり、その人のことを観察したり。とにかくどうしたら楽しんでくれるか考えている。
 
 
たとえば
「先週行ってた旅行の写真、綺麗だったね」
「昨日ランチしてたカフェ、ステキなところだったね」
 
知らない人ならともかく、友達や尊敬する方にこれを言われて嫌な人などいません。むしろ「見ててくれたんだ?ありがとう」って思う。
 
 
そしてね、思いっきり笑わせてもらったあとは
「何が楽しかったのか」
「何が嬉しかったのか」
他にも
「どんなことを感じたのか」
 
 
それを考えます。
「みんなで1つの目的を果たした達成感」
「相手を想ってさりげなくかける言葉」
 
 
そしたらそれを、私も誰かにしたい。
こういうギフトは、受け取ったら誰かに渡すと伝染するものだから。
 
 
「やる気」
って、ほんの小さなことでスイッチ入ったりするじゃないですか。
いい音楽きいたとか、綺麗な景色を見たとか、あの人がこんなこと言ってくれたとか。
私がお店をやっている地域は、東京と違ってそんなにイベント的なものもないし、あったとしても気軽にはいけないとかね、あると思うんです。
 
fc2blog_201805262013377e2.jpg

シノズキッチン も短パン米おにぎりパーティーも、お客さまとのお食事会も、そういうところから企画しています。
 

 
代わり映えしない日常の中。お客さまがスケジュール帳に書いて
「もう少しだ。楽しみだなー」
って思えるイベントをね、私はやっていきたいのです。これからもそんなことをやっていきたい。
 
小さなことでもみんなで笑えたら楽しいよね。
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

プロフィール

Riyon

Author:Riyon
埼玉県熊谷市。籠原駅から徒歩15分ほど、公園のめぐりにある、珈琲豆と器とお洋服の、小さな小さなセレクトショップ、Riyonです。
Open 11:00~18:00 日/月曜/祝日はおやすみです。