記事一覧

今更ながら、LINEの良さに気づいた件

昨日はアクセサリーのメーカーさんが、お店に来てくれました。
 

 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
最近、メーカーさんとのやりとりに、LINEを使うことが増えてきました。
以前は送られてくるDMと電話、FAXのみでした。今もそういうところのほうが多いですが、いつも都合のいいタイミングとは限らないので、お客さまとお話していたり、ラッピングラッシュだったりするときに
「何日から展示会なんですけど、ご予定はいかがですかー?」
って言われると、
「ちょ、うぉーーーーーーーあとにしてーーーー」
って思ってしまう。思ってしまうっていうか、「すみませんあとでまたかけます」って言って切りますけどね。
 
こちらの都合で、お客さまをお待たせしたくない。でも仕方がない。メーカーさんだって、こちらのことが見えてるわけじゃないしね。
 
 
その点LINEやメッセンジャーは見れるときに見て、返事も返せるときに返せばいい。
その気軽さからか、LINEでやりとりしているメーカーさんの方が、圧倒的に距離感が近いなと感じています。
ビジネスではあるんだけれども、個人の感覚だから。
 
電話は急ぎの用だったり、LINEでは失礼だと思ったことだけでいいと思う。
 
たとえば商品の追加をするにも、いちいち品番を書かなくても、写真を貼って、「これのブラック、38サイズありますか?」で済むし、キズなどの問題があったときにも、写真を貼れば容易に伝わる。
 
電話して、担当者にかわってもらって。。。しかも営業の方って、いつも会社にいるとは限らないので、折り返しますって電話かかってきたときにはこっちが接客中でバタバタで。。。ということもよくありますし、話したところで、口頭では伝わりにくいこともしばしば。
 
 
昨日来てくれたメーカーの営業、高野さんは、前回来店時に買ってくださった、シノズキッチンのスパイスを使って、早速カレーを作りましたって、1度しか会ったことのない私に、LINEで写真を見せてくれました。
ブログにも載せていたので、勝手に貼ります(笑)
 
fc2blog_20180531185411244.jpg
fc2blog_201805311854212ff.jpg
 
 
今日も1日、買い付けのため外出していたのですが、やり取りの途中でふと思いつき、お客さまに楽しんでいただけそうな企画を提案したんですね。
そういうことも、LINEだから気軽に送れるのであって、ちょっと思いついたくらいでは、いちいち電話しない。
気楽なやり取りから、いいアイデアが浮かぶってこと、あると思うんです。
 
他のメーカーさんからの連絡も、帰りに返信。電車の中で仕事が進むなんてありがたい。
 
 
お伝えしたいのはLINEやメッセンジャーの便利さではありません。
そんなことは周知の事実。
そういう意味ではなく、こうしてメーカーさんとやり取りしていく中で、これらのツールを使っているところと使っていないところとでは、その距離感に差がでているということ。
そんなことに改めて気づいたのです。
ビジネスの電話のやり取りに「(笑)」とかスタンプとか、ましてやツッコミとか使えないですもんね。
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

プロフィール

Riyon

Author:Riyon
埼玉県熊谷市。籠原駅から徒歩15分ほど、公園のめぐりにある、珈琲豆と器とお洋服の、小さな小さなセレクトショップ、Riyonです。
Open 11:00~18:00 日/月曜/祝日はおやすみです。