FC2ブログ

記事一覧

必要なものを売るということは不必要なものは売らないということ

シノズキッチンで使うために片してあったテーブルの上。
いつものように戻しました。

これで通常の営業に戻ります。
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
昨日ね、母のもとに保険会社さんから1通のお手紙が届きました。もう満了ですよって。
このままなにも連絡がなければ、自動で1ランク上の(掛け金の高い)保険に移行するようにします。
っていう内容のものでした。
同じ掛け金、同じ内容のものならともかく、何もしないと1ランクアップさせるというやり方に疑問を持ち、私はある方にメッセージを送りました。
 
それは私の入っている保険の担当さんです。
私は母に届いた内容を写真におさめ、貼り付けました。
「同じような保障、掛け金のものがあれば、是非〇〇さんにお願いしたいんです」と書きました。
数十分後、電話がかかってきて、結構遠いにもかかわらず、すぐに来てくれました。
 
結果。
「その掛け金にしようとしていたお金、普通に貯金ください。」
話はそれで終わりでした。
「え?まさかそれだけを云うために、ココまで来てくれたんですか?」
そう確認すると、そうですとうなづきました。
 
 
母は申し訳なくてそのまま帰すわけにもいかず、「では(それとはまた別の保険の)コチラはどうですか?同じようなのあるんじゃないですか?」
そう聞くと、「確かに同じような内容を含むのものはありますが、掛け金がだいぶあがってしまいますから、お守りと思って、これはこのままでいきましょう」
 
 
「保険はネガティブなことにお金を使おうというものです。
たとえば10年後に健康祝い金というのがありますが、微々たるもの。
健康ですごせたら損をしたみたいな考え方になるのは良くないです。
だったら自分でお金をためて、5年健康に過ごせたらご褒美に美味しいものを食べるってした方が生きたお金の使い方だと思いませんか。」
そうおっしゃいました。
 
 
この担当さんのやり方では、一緒に働く方々には納得がいかない方もいるだろうなと思いました。
おそらく誰よりもお客さまがついているでしょう。保険に入ろうとする人をとめたりしているのに。
 
 
こんなに売り込んでいるのに俺は契約できなくて、なんでこの人は全然売ろうとしないのに、こんなにお客さんがいるんだよ!
と思ってる人、いるだろうなって。
 
 
物を売れる人は、なんでも売り込む人ではなく、その人にとって必要なものを提案できる人。
お洋服でもなんでも一緒。
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

プロフィール

Riyon

Author:Riyon
埼玉県熊谷市。籠原駅から徒歩15分ほど、公園のめぐりにある、珈琲豆と器とお洋服の、小さな小さなセレクトショップ、Riyonです。
Open 11:00~18:00 日/月曜/祝日はおやすみです。