FC2ブログ

記事一覧

静寂を感じるのは音があるから。

私ね、海外のことにすごく興味があるし、旅行は国内より海外に行きたい派なんだけど、日本もすごく好きなんだ、きっとってふと思いました。日本人らしい心も、きっとどこかにあるに違いないって。
 
 
fc2blog_20180501003649971.jpg
 
詫びとか寂びとか。
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
fc2blog_20180430144650683.jpg
先日ブログにのせた浄妙寺でいただいたお薄。
 
 
fc2blog_20180430144748e21.jpg
こちらも先日紹介した報国寺が素晴らしくて忘れられない。
すぐにでも行きたい。
観光客がいっぱいだったから、静寂っていうほど静寂でもないんだけど、竹林に吸い込まれていくような感覚になりました。
 
 
 
 
私は自分では正しいお作法でお茶が点てられないのだけれども、とても落ち着く。
和の空間が好き。
 
伯父の自宅にある茶室がまた素晴らしくて、本当は抹茶碗なんかも見せてもらいたかったんだけど、タイミング失ったから、次回はみせてもらおう。
 
fc2blog_201804301445388c5.jpg
テンションがあがる。(落ち着くって言ってみたり、興奮するって言ってみたり、忙しい)
 
 
fc2blog_201804301445082bb.jpg
今調べたんだけど、猫間障子っていうのかな。
外の景色が見られると同時に、お部屋にやわらかな光が入ります。
 
 
fc2blog_20180430144421be9.jpg
伯父の話は高尚で、いつも途中で脳が追いつかなくなるんだけど、この日は歴史やお能の話じゃなかったから、なんとか大丈夫でした。
「三夕(さんせき)」という和歌の話なんですけどね。
春ではなくて、秋のこと。
 
 
秋といったら、どんなことを思い浮かべます?
おそらく「紅葉」って方が多いと思うんだけど。
 
でもね、三夕の和歌は、紅葉ではなく、「夕暮れ」にその寂しさを感じると詠ったものなんです。
 
 
「さびしさは その色としも なかりけり 真木立つ山の 秋の夕暮れ」
 
寂しさというものは、その色とは関係ないんだね。(紅葉していない)緑の山を見ても、夕暮れには寂しさを感じるのだから
 
 
「心なき 身にもあはれは 知られけり 鴫(しぎ)立つ沢の 秋の夕暮れ」
 
世を捨て出家したこの身のはずなのに、秋の夕暮れにはやはり情緒を感じてしまう。シギが飛び立つと、その羽音が轟いた後だからこそ、より一層、静けさが際立つんだよね。
 
 
「見渡せば 花も紅葉も なかりけり 浦の苫屋の 秋の夕暮れ」
 
まわりを見渡したところで、花も紅葉もありはしない。
ただ、海辺の粗末な小屋が建っているだけの秋の夕暮れ。そこにこそ趣がある。
 
 
思えば清少納言も「秋は夕暮れ」とうたっていますし、思えば私自身も、いえ、あなたもきっと、夏の終わりあたりから、夕暮れを見て寂しく思うこともあるのではないでしょうか。
 
fc2blog_2018043015484386f.jpg
 
景色を見て感じることなど、今も昔もそうかわらないのかもしれません。
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

プロフィール

Riyon

Author:Riyon
埼玉県熊谷市。籠原駅から徒歩15分ほど、公園のめぐりにある、珈琲豆と器とお洋服の、小さな小さなセレクトショップ、Riyonです。
Open 11:00~18:00 日/月曜/祝日はおやすみです。