記事一覧

SNSめんどくさいんだなって感じる投稿をみてこんなことを思ったよっていうお話

昨日は閉店後、ご注文いただいていたうつわ、自分のためのうつわ。いろんなものを見繕っていました。
 
fc2blog_20180514003935478.jpg
例えばこんなもの。これを選んで何をしたかは、また後日書きますね。
 
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
例えばおいしいものを食べたとき、
「あー〇〇にも食べさせてあげたいなー」
って、ご家族や恋人、お友達のことを思い浮かべることはないでしょうか。
その他にも、店員さんの感じがいいとか、居心地がいいとか「オススメポイント」を見つけると、連れてくるなり、紹介するなりしたくならないですか?
 
私は思います。
 
だからお店に来てくれるお客様には、いいと思ったところはオススメします。
遠くても近くても。
 
 
「誰かにも食べさせたい」
「誰かにもこの雰囲気を味わって欲しい」
そして
「私の好きな人達を紹介したい」
って。
 
そこにビジネス関係ない。
 
何の話をしているかというと、SNSがめんどくさくて、義務になってるなって思う文章を見て、もしかして、このシンプルな「してあげたい」という気持ちの部分と「やらなきゃ」の部分が、混同しちゃってるのではないかなって。
 
 
 
SNSをやりだしたら、写真を撮る機会が増えました。
私はお洋服屋さんであり、うつわやさん。
iphoneで撮影しているのですが、これでは暗いなーとか、微妙にピントが合ってないなーとかね。
プロじゃないので、そんなことやってると、長くかかってしまうことのほうが多い。
お洋服は冷めないけど、お料理は撮影にもたついていると冷めます。
 
 
私は素人だけど、素人なりに風景なら美しく、お料理なら美味しそうに撮りたい。
一昔前は、記録や記念のためだった「写真」が、今では「誰かのため」に変わりました。
いえ、たったひとりを喜ばせたくて撮ったものだとしても、結果的に多くの方に向けたものになっていると言ったほうがしっくりくる。
さりげない1枚の写真も、実は誰かの顔を思い浮かべて撮っていたりします。
純粋な気持ちに通ずるところです。
 
 
たまにブログに登場する、友理や石川商店、マザーズランチ、HAPPYSUGAR。。。食べ物やさんに限ったことではないけれど、お友達のお店のことはみんなにお知らせしたいし、気に入ってくれるとすごく嬉しい。もっというと、この人の紹介するものならいいものに違いないと、それを紹介するための立証として注文することもあります。
 
 
それが美味しければ、こだわったものならば、当然誰かにも紹介したい。
ね。そこにビジネスは関係ない。人です。
だから、いいものはいいってそのままストレートに伝わるのだと思うのです。
 
SNSがめんどくさいって思ってる方。私が偉そうに言えることではないけど、今日食べたそのごはん。ご家族にも食べさせたいんじゃないかなって。お友達にも紹介したいんじゃないかなって。
そんな気持ちで投稿するのはどうかなってね、思ったのでした。
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

プロフィール

Riyon

Author:Riyon
埼玉県熊谷市。籠原駅から徒歩15分ほど、公園のめぐりにある、珈琲豆と器とお洋服の、小さな小さなセレクトショップ、Riyonです。
Open 11:00~18:00 日/月曜/祝日はおやすみです。