FC2ブログ

記事一覧

人が好きなのは多分、水戸黄門的な物語。

私はブログを書くときにね「& nbsp;」っていうのを使って、間隔を作っています。
それは、読み手が読みやすいようにという息継ぎの意味もあるし、私の気持ちを表現するのに、ちょうどいい手段として使っています。
そこに段落があることで、読んでくれてる方が一方的に読まされているのではなく、どう繋がるのだろうとか、私ならこう思うのにとか、一瞬考える時間が生まれると思って。
そういう間って、必要だから。
 
fc2blog_20180414195043d1c.jpg
写真は内容と関係ないのですが、今日はお友達が笑ってる写真をいっぱい使いたい気分なのです。
 
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
fc2blog_20180414195308207.jpg
 
 
日曜日、映画「リメンバー・ミー」を観に行きました。
すごく心が温かくなるいい映画だったんだけど、途中、当然ハラハラする場面も出てくるわけです。
ディズニー映画なので、水戸黄門的に(最後は正義が勝つから安心して)見れるのはわかっているのですが、それでも見ている最中は、え?どうなるんだろう?って思いながら見ていました。
 
fc2blog_201804141956487fe.jpg
 
映画って、いえ、本でもそうなんだけど、ただもう主人公にやりたいことがあって、それをやりたいようにやっていたらうまくいきましただったら、納得しないんじゃないかな。
そのためにも黄門様も、はじめはただの旅をしているおじいちゃんである必要があるのだと思う。初めから黄門様だと言ったら、開始5分で物語が終わってしまうもの。
 
fc2blog_201804141945162e4.jpg
 
私達が生きていくうえでもそうなんじゃないかな。
誰しも、自分の思い通りになんかならなくて、ハラハラして、物事がいい方向に進んだと思ったら、今度は別の問題が降り掛かってきて、そうかと思ったら、誰かが助けてくれて、そして自分と向き合って。。。
そんなことの繰り返しじゃないですか。
 
fc2blog_20180414194731abe.jpg
 
私ね、数年前に今まで生きてきた中で、最も辛かった時期がありました。
そのときにね「辛いのは生きてる証拠だ」って言い聞かせていました。「すごく人間らしいじゃん」って。
いつか、必ず楽しい日々がやってくるから、そのときを思いっきり楽しむための期間なんだって。
ミスチルも言ってたしね。
「長く助走をとった方が、より遠くに跳べるって聞いた」って。
通勤中は「SUNRISE」をやたら聴いてた記憶が蘇りました。
 
fc2blog_201804141947405b5.jpg
 
笑えないほどヤバかった(笑)
でも、そんな時期があったからこそ、今いろんなことに、いろんな人に感謝できるのかもしれません。
周りがみんないい人で、楽しい人ばかりで、前向きな人ばかりで、毎日充実してるんだもの。
それにね、以前も書いたけど、私は筋肉云々の前に、体が弱くて、倦怠感と微熱が毎日出るアイツと共存しています。どうしても体が動いてくれないときがある。そうすると泣きたくなる(えへ)。
だからこそ働けること、遊べることに感謝できるし、いっぱい動きたい。
 
fc2blog_20180414195409e41.jpg
 
読み終えたあとに面白かったと思える映画や本には、必ず波があります。
波があるものを面白いと思うのは、誰しもが必ず、波を経験しているからだと思います。
だから皆の心に刺さる。それに、ドキドキって必要ですしね。
一番初めにブログのHTMLのことを書いたけど、ああいうふうにね、人生には自分の意志で改行とか、スペースとか、段落とか作れるわけではないから、なかなか思うようになんてならない。それもまた、スパイスなんだと思うんですね。
 
fc2blog_2018041419460809e.jpg
 
それは穏やかな波かもしれないし、大きな波かもしれない。
でも、平気な顔して、なにか抱えながら進む。
生きるってそういうことじゃないかな。
そのへんに咲いてる花をみて、あ、綺麗だなって思えるかどうかは、その人次第。
元気な人の前にだけ花が咲き、落ち込んでる人の前に、花が咲いてくれないわけじゃない。みんなの前に平等に、花は咲く。
その花に気づけるかどうかだと思うの。
 
fc2blog_20180414194554611.jpg
 
「辛いとき」と、「辛くなるんじゃないかって悩んでるとき」の2つに、自分の時間を支配されたらもったいないと思う。
 
「辛いとき」があるのは当たり前。
辛いとき以外は、休むときと、楽しむとき。
 
 
fc2blog_20180414195656921.jpg
 
辛い時は、その先に待つ楽しいことなんて、想像することなんてできない。
私もそうだったけど、それでもできてるんだから。
根拠はないけどきっと大丈夫だよって思う。
おやすみなさい。
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

プロフィール

Riyon

Author:Riyon
埼玉県熊谷市。籠原駅から徒歩15分ほど、公園のめぐりにある、珈琲豆と器とお洋服の、小さな小さなセレクトショップ、Riyonです。
Open 11:00~18:00 日/月曜/祝日はおやすみです。