FC2ブログ

記事一覧

大丈夫であるように

髪を切ると、スッキリする。
重いものは脱ぎ捨てたい。春だしね。
 
fc2blog_2018041102210212b.jpg
 
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
昨日、深谷シネマの画像を探していて、塚本晋也監督のツイートにたどり着きました。
Cocco主演の映画「KOTOKO」を思い出しました。
Coccoが好きです。んー。というより、表現者である彼女の才能に憧れを抱いています。
 
20歳くらいのとき、強く儚い者たちで、彼女の存在を知りますが、そのときは好きでも嫌いでもありませんでした。
それから数年後、しばらく音楽活動休止ということで、Mステでの最後のステージを見ました。
歌ったのは焼け野が原だったんだけど、彼女はお辞儀をすると、両手でキスを投げ、泣きながらバックに走り去っていきました。
 
私はそれを見て、なんだこの人。すごいって。全身全霊ってこういうことを言うのかって、胸の中でなにかが爆発しました。見ておいてよかったって、言葉にならなくて涙が出たのを未だに覚えています。
 
 
さらに時が経ち、友人宅にあった絵本「南の島の星の砂」をみたり、ドキュメンタリー映画「大丈夫であるように」を観たり、彼女の歌を沢山聴いたりして、私の中のCoccoは大きく大きく成長していきました。
遺書にRaining、樹海の糸、雲路の果て、焼け野が原。好きな曲が多い。
 

 
 
「大丈夫であるように」という是枝監督のドキュメンタリー映画は、私のCocco感を大きく変えたもののひとつです。
 
fc2blog_201804101949512bb.jpg
 
 
 
「あまり知られていないが
ジュゴンの見える丘という
美しい場所が沖縄には在る。
実際、ジュゴンを見たという
そんな人には
会ったことがないけれど
それでも私は
歩く力を失くした時
何度かその丘に立って
ジュゴンを待った。
 
(中略)
 
そもそも度重なる環境破壊や
水質汚濁によって
ジュゴンが帰ってくることなど
もう無いのだろうと
覚悟はできていたはずなのに
最後の細い祈りが
断たれた気がして、泣いた。
私は基地のない沖縄を知らない。
生まれる前から
基地はもうそこに在った。」
Spinning Springより
 
 
 
環境問題に立ち向かう姿も、この映画には納められています。私が語れることではないので、彼女の目を通したそれが気になる方は、是非観てみてください。
 
 
ジュゴンは帰ってきました。
そして、「ジュゴンの見える丘」ができました。
 
 
彼女から学んだことなら沢山あるはずなのに、私はそれを、自分の人生に、思考に活かすことが出来ません。
不器用に生きてきた私だけど、彼女に比べたらそれは中途半端で、彼女のように、ぶつかっても壊れてもいいからと、まっすぐ歩くなんてできない。
ぶつかったら壊れてしまうもの。怖い。
 
 
話は戻るけども、あんなことを書きながら、私はじつは塚本監督の作品が苦手です。
高校時代に親しくしていた友人が塚本監督にひどく憧れを抱いていて、ある日みんなで、その友人宅で鉄男を観ました。けれども私は痛いのが苦手で、目を覆ってばかりでした。私はその友人の才能に嫉妬していたので、彼に敵わないことが悔しくてたまりませんでした。
KOTOKOはそういった意味も含めて、私の中で大きなものとなりました。
特別な存在の塚本監督と、特別な存在のCoccoが組んでいたから。
 
 
テアトル新宿で、塚本監督に映画の感想を述べていたら、勝手に涙がぽろぽろと溢れてきて、なにを言っているのか自分でもわからなくなったけど、それでも急かすことなく、監督は優しく聞いてくれました。
後に、Twitterにそのことを触れてくれているのを観たとき、いろんなことが浄化されるような気持ちになりました。
 
 
ちなみにその友人は、監督の元で映像の仕事をしていて、KOTOKOにも関わっています。夢を叶えました。
 
fc2blog_20180411013731247.jpg
 
KOTOKOはね、私が、見たいけど見たくないCoccoの姿、そのもののような気がするんです。
予告編をここに貼ろうかと思いましたが、激しいのでやめておきます。好き嫌いが別れます。気になった方のみ、検索してみてください。
痛々しいけど、美しい。なぜならCoccoだから。
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

プロフィール

Riyon

Author:Riyon
埼玉県熊谷市。籠原駅から徒歩15分ほど、公園のめぐりにある、珈琲豆と器とお洋服の、小さな小さなセレクトショップ、Riyonです。
Open 11:00~18:00 日/月曜/祝日はおやすみです。