フロリダが楽しみだったのには、もうひとつ訳があります。

こんにちは。

熊谷の片隅でひっそり 

珈琲豆・陶器・洋服のセレクトショップ【Riyon】の みわです。


お客さまのお子さんからのアンケートの回答を、嬉しそうに、微笑みながら読まれる、帽子山さんの横顔を見ていました。

こんな方が専務を務める旅館が、居心地の悪いはずがありません。
それに。


fc2blog_20151028181336763.jpg


こんなシュールな写真を撮られる方のお話が、面白くないわけがありません。


fc2blog_20151028191120bc3.jpg

やっぱり、行ってよかったね
純喫茶 フロリダ


帽子山さんがこの地位を築くまでには、紆余曲折あったといいます。

2時間の話で、そんなことが私なんかにわかるわけもなく、帽子山さんが伝えたいのはそこではないから、特にここには書きません。が、闘ってきた背中を持つ方は、おおらかだ。と思うのです。

これは、帽子山さん、勝村さん、短パン社長に共通して感じること。
ただ優しいのとは違う、強さから出る暖色。


fc2blog_20151028181456500.jpg

帽子山さんの奥様(女将さん)は、ブログでしか拝見していませんが、すごくユニーク。

私が度肝を抜かれた名言がコチラっ

fc2blog_20151028181410e50.jpg

この台詞が引き寄せたものは、宝生亭を愛するお客さまへの愛と覚悟でした。
その結果。

この、インターネットの時代に、直接予約率80%!!!

中にはこんなお客さまもいるとか。
「お前が頑張り続けるなら、応援してやるぞ!」

こんな風にお客様に言われるのって、運がいいとか、調子がいいとかいうレベルのお話ではありません。

お客さまの旅行に彩りを加えるべく、帽子山さんと女将さん、スタッフの方々が、お客様がどうしたら喜んでくれるのか、日々奮闘した結果です。


私みたいなものは、思ってしまうわけですよ。

「お店は、お客様全員に対して、公平でなければいけない」

「あのお客様にはしたのに、このお客様にはしないとか、あってはいけないことだ!」ってね。

でも、違うんですね。

Riyonが好きだよ~って言ってくださるお客様に、お返し、もしくはそれ以上の愛を注ぐことの、どこが不公平なのかと。


Riyonはお宿じゃないけれど、持って帰っていただくものは同じです。


大切なお客さまの笑顔を見るためには、ときに非効率であり、人様から見れば無駄と感じることもあるかもしれない。

それでもそんな風に愛を注いだ結果、得るものがお客さまの全力笑顔ならば、省く必要のない時間だと思っています。






Riyon

埼玉県熊谷市別府5-80-3  

TEL : 048-533-9533

営業時間 :10時~18時

おやすみ:日/祝/第1・3月曜





にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

WHAT'S NEW?