昨日の続きです。
あのね、私、存じ上げなかったんです。藤城清治さんを。だからきっと今読もうとしてくださってる方の中にもそういう方いると思うんだけど、絵を見たらきっとわかります。
 
 
fc2blog_20171121224127554.jpg
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
 
fc2blog_20171121224332985.jpg
入り口のこの、洋とも和ともとれぬ感じ、好き。さっきまであまり興味なかったけど、急に乗り気になる。
 
 
fc2blog_201711202211556c8.jpg
楓の赤が目を引きます。
 
fc2blog_201711202211269cf.jpg
チャペルもありました。
 
 
私は子供の頃、とにかく多くの本を読んでいました。おじいちゃんが絵描きだったにもかかわらず、謙遜ではなく私にはその絵心は一切ありませんでしたから、私にとっては、「文章」こそが親しみやすいものであり、兄妹もいなかったため、本が友達のようなものでした。
 
特に、子供の頃から高校受験を終えるまでは、漫画禁止令が出ていたため、活字のみ、あっても挿絵程度の本しか親から許されておらず、だから尚のこと、文章からインスピレーションのようなものを感じます。それは今でも変わりません。
 
 
 
だからなのか、私はどうやら多くの色を見ると、脳の「色を認識する部分」がパンパンになる習性を持っているらしい。
沢山の色が使われている絵を見てそう思いました。
 
 
fc2blog_2017112123463273d.jpg
赤と黒、白くらいが、私には多分ちょうどいいんです。
うつわとかも、飾るとしたら私の中のイメージは、赤と黒と白がベースになっています。
 
 
ピンク。黄色。水色。
お洋服でもほぼ着ない。そもそも私、春の人でないから似合わないのだけれど。
リビングのカーテンも黒。寝室はさすがに白と黒では睡眠に支障をきたしそうなので、色をつかっているけれども、決して明るくはない。
 
 
fc2blog_20171121231557c7d.jpg
眩しい。けれども影絵のため、黒が多く使われているから、惹かれるのかもしれない。
 
風の又三郎をはじめとする、数々の物語に、絵があてられていました。
 
素晴らしかった。
 
(著作権の問題があるので)絵が貼れないのがもどかしいのですが、広島の原爆ドームや東日本大震災の爪痕、清水寺などの美しい寺社など、様々なものが描かれていました。
 
 
fc2blog_20171121231505053.jpg
これはチケットに描かれていた絵(これくらいは許されるかな。チケットの写真だもの)
 
 
戦後の焼け野原。
藤城清治さんは
「何もなくても、太陽か月か火の光があれば、行きてゆける演じられ、描ける」
と影絵劇を始められたそうです。
 
「ぼくの原点は生きて、演じ、動いていること。舞台と観客が一体となって感動することだ。
だからぼくの美術館は、劇場型美術館にしたいと思っている。主役はむしろ演じ描く側よりも会場で見る観客側にあるといっていいだろう」
 
 
 
表現者が何かを伝えるのに、「こうでなければならない」という決まり事などないのかもしれません。
緑がなければ青と黄色を使えばいい。黒がなければ白で表現すればいい。
今あるものの中から、伝えることができる。
それがどんなに素晴らしいことかと、そんなことを考えながら、那須を後にしました。
 
 
fc2blog_20171120220744dde.jpg
あなたがここに来て、一体何を感じるのか、大変興味があります。
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

那須のオススメスポット。

 20, 2017 23:53
9月、お友達と那須のモンゴルに泊まりまして(那須のモンゴルってなに)
fc2blog_2017112021542485d.jpg
 
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
 
 
そのときにランチで寄った【草花宿】がとてもよかったので、お客さまに、「とってもいいレストランだったんですよー」というお話をしていたら、「連れてって」ということでですね。
今日、行って参りました。
 
fc2blog_20171120212720f46.jpg
 
ナビがないと覚えていられないような場所にあります。
東京から移り住んで、身体にいいものを提供したいという想いでこのお店を作られたのだとか。
 
fc2blog_201711202136398c9.jpg
「大きな道から1本入っていて、小川が流れていて、そして雑木林があるところにしたかったんです」
奥様はそうおっしゃいました。
実際、そんなところも私がこのお店を気に入ったポイントでした。
 
fc2blog_20171120213535abe.jpg
お料理は優しいものが多い上に、飲み物も白湯や生姜茶などが出てくるので、女性は喜ばれると思います。
 
fc2blog_20171120213546a57.jpg
このかき揚げ、前回もいただいたのですが、とても美味しい。
 
 
ちなみに、9月はとてもいいシーズンで、テラス席で気持ちよくいただきました。
 
fc2blog_20171120215746790.jpg
 
 
この季節にはこの季節のよさがあります。
 
fc2blog_20171120214410d39.jpg
 
素敵なので、那須に行かれるときには是非行ってみてくださいね。
 
 
 
はーーーー。お腹いっぱいーーーーー。
 

 
ってどの口が言うんだよ!!!!!
 
fc2blog_2017112100364971a.jpg
 
fc2blog_2017112100370396e.jpg
 
というわけで、言わずと知れたペニーレイン。
 
fc2blog_20171120220242c99.jpg
 
寒いのでさすがにテラス席はクローズでした。
 
fc2blog_2017112022040404a.jpg
9月は緑がいっぱい。季節きせつでいい顔を持っています。
 
fc2blog_2017112022035415f.jpg
 
 
 
次に行ったのがココ。コチラは草花宿の奥様のオススメで、急遽行くことをきめました。
 
fc2blog_20171120221139c68.jpg
藤城清治美術館。
 
fc2blog_20171120220744dde.jpg
お庭の至る所にネコがいます。あ、これネコじゃないな。
(ココ、かなり良かったので、内容については明日に引っ張ります。)
 
 
そしてこちらも有名なカフェ、SHOZO
 
fc2blog_20171121002234f74.jpg
 
fc2blog_20171121002221edf.jpg
ここに来て、感じの悪いスタッフさんを見たことがないし、珈琲もおいしい。そしてオシャレ。
 
 
さて、暗くなってきたところで私たちは那須IC→鹿沼ICへ向かいます。
 

 
正嗣、間に合わず。。。宇都宮の方は、みんみんより正嗣を挙げる方が多いので、1回食べてみたかったんですけどね。
 

 
仕方がないのですぐにみんみんの場所を調べ、無事餃子を食べて帰ってきたのでした。
餃子¥230 ライス¥100 TOTAL ¥330。
やすーーーーーーーーーー!!!
それにしても、お客さまが終始喜んでくれていたのが、とっても嬉しかったです♪
 
 
最後は宇都宮のオススメになってしまいましたが、那須のオススメのお店、もしよかったら行ってみてくださいね♪
 
 
感謝もしないで文句ばかり言われたらイヤになる。何もしてあげたくない。
喜んでもらえたら、人は「またやってあげたいな」って思う。
そんなものだと思う。
シンプル。
 
ありがとうには、ありがとうで返したい。
では今日はこのへんで。
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村
Keisukeokunoya 益子焼マグカップ。
本日、短パン社長、カトタツさん、スミさん、ヒロナガくんが発送してくださいました。
 

 
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
 

 
 
今日は、明日皆さんの手に届く、Keisukeokunoya、益子焼マグカップを皆さんがお使いになる前に、できればやっていただけると嬉しいなということをお伝えさせてください。
 
はぁ。長かったような短かったような。。。
 
fc2blog_201711172054330bc.jpg
サンプル作成。
 
 
fc2blog_20171117202424ddf.jpg
 
fc2blog_201711172023401a2.jpg
益子焼の作家さんが、1つひとつ手作りしたものを
 
 
fc2blog_20171117202348be7.jpg
 
fc2blog_20171117202359879.jpg
スミさんとヒロナガくんに手伝っていただきながら、ヤスリをかけました。
 
 
益子の土は荒いのが特徴ですし、手作りの品ですので、大量生産ほど裏がスベスベではありません。
もし、ガラステーブルを使っていらっしゃる方など、裏が気になるという方は、
 
ヤスリがけしてください
 
その辺で売っているサンドペーパーで大丈夫です。それでも気になるようなら、コースターを使ってくださいね。
 
 
 
 
fc2blog_201711172006414f6.jpg
ヒロナガくんの箱作成。ほんの少し、ほんの少し手こずっていました。
 
fc2blog_20171117205822b49.jpg
なんでも器用にこなすカトタツさんとスミさん。ヒロナガくんの箱の組み立ても、スミさんがつきっきりで教えていらっしゃいました。
 
 

スミさんは大阪での展示会を終えたばかりでお疲れのはず。
ヒロナガくんも、連日、何かしらのお仕事で忙しいはず。
 

 
短パン社長は、長野→静岡→長野→東京って、もはやどこにいるのかわからないほどお忙しい。
 
 
それなのに急ぎで作業を進めてくださったおかげで、明日か明後日、皆さまのもとへ届きます。
 
 
 
届いたら、すぐにでも使いたい。早く短パンコーヒーを飲みたい!
わかります!わかります!!!
 
でもちょっと待って!落ち着いて!!!
まず、使いたい気持ちをぐっとこらえて、
 
30分~1時間ほど、水に浸けてください!!!
 
なぜかというと、陶器には見えないほど細かい貫入(かんにゅう)と呼ばれるヒビが入っています。そのため、その中に入り込んでしまうと、色が付着したり、カビの原因になります。
 
はじめに使う前にそれをしてくださるだけで全然ちがいますが、もし、長く使って、珈琲や茶渋などが付着しているのが気になる場合、キッチン用の漂白剤を使っていただいてかまいません。
 
 
次に、ここも気になることだと思いますが、
 
電子レンジ、家庭用食洗器は、使用可能です!
(直火はジーエヌ)
 
 
fc2blog_2017111721222641e.jpg
 
はぁーーーーーーーー。
私が作ったわけじゃないけど、この胸いっぱい、皆さまへの想いがのっていることにかわりはありません。
 
 
島さんの短パンコーヒーを注いで、ゆったりとした時間をすごしてください。
どうか、どうか大事にしてやってください。
以上。私からのお願いでした。
 
 
ありがとうございました。
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村
あぁ。たまごサンド、美味しかったーーー。
 
あ、すみません。こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
 

 
 
私はお料理をあまりしません。でも、そんな私にでもできるかんたんなものでも、うつわのちからでなんとかなります。
 
 
補色(反対色)ってご存知でしょうか?
 
 
fc2blog_201710292144326c4.jpg
 
 
本を撮ったものなので、見にくくてすみません。
補色とは、この図でいう、真逆の色のことを指します。
たとえば、赤なら緑、黄色なら青紫。
反対の色は目立つ組み合わせです。
 
そして、その両隣を類似色と言いますが、その類似色の補色も含めると、目立たせるための色が何色かでてきます。
よって、橙の類似色は赤と黄色。青、青紫、紫、青緑、緑の5色が広い意味では補色にあたります。
上で私が使ったたまごサンドの、玉子(黄色)とお皿(青緑)もそれに当たります。
 
 
これは料理の盛り付けにも、お洋服やお部屋のインテリアのコーディネートにも使えます。
 
例えば、サラダを思い浮かべてください。
レタス、キューリなどのグリーンサラダがあるとしますね。そこに違う色を入れるなら、なんのお野菜を思い浮かべるでしょうか?
 
 
いかがですか。トマトではないですか?赤は青緑の補色ですね。
 
 
というわけで、上の図の色を、お料理を盛り付けるときの参考になさると、わかりやすいかなと思います。
トマトソース系のスパゲッティやピザに、バジルやパセリを添えたりかけたりするのは、単に香りの問題だけではなさそうです。
 
 
ちなみに、洋食のレストランでは、食材そのものよりもソースの色を引き立てるため、白いお皿を使われることが多いですよね。
でも、和食器好きの私としては、洋食だろうが和食だろうが、また、白いソースだろうが色のあるソースだろうが、白以外のお皿でも映えるのにと思うのです。
 
 
たまたま昨日ツイートしたコチラ。
 

 
この「大人のたけのこの里」の色合いも、茶色(赤に黒)と渋い緑(その補色)が使われていますね。
 
 
 
さて、ここでついでと言っては何ですが、この超絶楽ちん、分厚いふわふわたまごサンドの作り方。作り方を検索してみるというお友達がいたので、ここに載せておきますね。
すぐできるから。
 
 
【材料】
卵 4個
マヨネーズ 大さじ1
だし汁 70ml
薄口醤油 大さじ1
 
マヨネーズ 食パンに塗る分として適量
マスタード (    〃   )適量
 
タッパー(できれば食パンのサイズに近い正方形)
 
1,ボウルに卵を割り、マヨネーズを加えてよく混ぜます。(できるだけ泡立てないように注意)
2,そこにだし汁と薄口醤油を加えて混ぜます。
3,タッパーに卵液を流し入れ、電子レンジで3分加熱します。
4,食パンの耳をカットして、広い面(あとで玉子をサンドする面)にマヨネーズとマスタードを塗ります。
5,レンジからタッパーを取り出し、玉子の膨らみが少し落ち着いたら、再度1分加熱。
6,チンした玉子をアルミホイルに包み、2分ほど成型します。
7,その玉子を食パンにはさみ食べやすい大きさに切ったら出来上がりです。
 
 
私はこのとき、正方形のタッパーがなかったので、長方形の少し大きなもので作ってしまい、厚みがあまり出ませんでしたが、作ったら、是非色の合うお皿に盛り付けてみてくださいね。
 
 
 
では、おやすみなさいませ♪
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村
あ、まだですよ
これはサンプルの段階の写真です。
 
 
fc2blog_20171017213855bce.jpg
 
今日はいよいよ、Keisukeokunoyaのマグカップが、どのように作られているのかをお伝えしたいと思います。
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
 
いきなりいきますね!
まず初めに、粘土を練ります。これを菊練りといいます。
菊練りで粘土の硬さを均一にし、適度な粘り気を与え、気泡を抜いていきます。
fc2blog_20171016231846015.jpg
 
 
ここでいよいよ、ロクロで成形していきます。
 
 
fc2blog_20171016222825705.jpg
 
 
大まかな形が出来上がったら、コテで形を整え、
 
 
fc2blog_20171016222934069.jpg
 
 
寸法をはかり、糸で切ってロクロから切り離します。
 
 
 
一日乾かして良い硬さになったところで、マグカップの取っ手をつけていきます。
 
 
fc2blog_20171016222741cfb.jpg
 
 
それを1~2日、室内でゆっくり乾燥させます。
表面が乾いてきたら、うつわを天日に干し、完全に水分をとばします。
 
 
fc2blog_20171016223233c1d.jpg
 
 
それを、約9時間掛けて素焼きします。
 
 
温度は約750℃。
この温度まで達すると粘土に含まれる成分が化学変化を起こして、土に戻ることがなくなります。
素焼きされたうつわは釉薬(ゆうやく)に浸すことができるようになります。
 
 
fc2blog_201710162325366d6.jpg
 
 
今回の短パンマグカップは、短パンの形に塗るため、どこまで釉薬を塗るのか、1つひとつ印をつけていきます。
その後、釉薬を塗ります。
 
 
 
 
窯につめ、いよいよ本焼きに入ります。
こちらがその窯です。
 
 
fc2blog_2017101622363010d.jpg
 
 
本焼きの温度は1250℃以上。焼成時間は約22時間。
完全に温度計にたよるのではなく、炎の具合をみて、作家が勘で火を止めます。
 
 
fc2blog_20171017212354957.jpg
 
はい。今はここまでです。(これはまだ焼く前の状態)
 
 
ちなみに、この窯の部屋にはもうひとつ窯がありました。
 
fc2blog_20171017212325b16.jpg
 
これは、3.11で、登り窯と呼ばれる、伝統的な窯が壊れてしまったものです。
 
 
ここの登り窯の画像はないので、他からお借りしました。
 
fc2blog_201710172131294ac.jpg
 
陶芸の作家さんたちは、地震の度に、せっかく焼いた作品がすべて落ちて割れてしまったり、窯に入れているところだと作品同士がくっついてしまったりと、大変な想いをされています。
 
 
だからこそ、出逢ううつわは一期一会。
 
 
1つひとつ、丁寧に作られたうつわは、釉薬のつき方、流れ方、色、大きさ、すべてが一致するものはありません。
だから、今回Keisukeokunoyaのマグカップを買っていただいた方には、すべて、似ているようで異なるものが届きます。
作家の想いと、素朴な土のぬくもりを感じていただけたらと思います。
 
そして今回、島さんの美味しい珈琲を (もちろんそれだけでも充分なのですが)、皆さんが、もっともっと珈琲の時間を楽しめるようにと、短パン社長からこうした機会をいただけて、本当にうれしく思っています。
ヒロナガくんにも感謝しています。
 
皆さんの朝が、そしてお仕事中や休憩時間、とにかく珈琲を手に取る時間が、より豊かなものとなりますように。
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

WHAT'S NEW?