FC2ブログ

記事一覧

作り手からお客様、想いが合致して初めて生を受ける

ただ「うつわ」と一言で言ってもいろいろあります。陶器、磁器、漆器。洋食器、和食器。私のお店では和食器、主に陶器を扱っています。また、今はどこどこの地域のものだからこう、といった特色は、伝統としては残ってはいるものの、それぞれの作家さんの個性や表現によって、大きく変わってきています。こんばんは。埼玉県熊谷市で、和のうつわ、お洋服、珈琲豆のセレクトショップ、「Riyon」というお店をしています。みわこです...

続きを読む

花に嵐のたとえもあるぞ

桜の咲き誇る別府沼公園を通り抜けて、お店に着いてはまた、飾った桜をいつまでも眺めていたくなります。高校生のとき、卒業式でみんなに、また会おうと約束しました。私の高校は栃木にあり、みんなあらゆる場所から通学していたから、近所を歩いていて偶然同級生と出くわすことなどありません。そしてその後、本当に会った人の数は数える程度です。現在Facebookでつながっている、高校に入って初めて出来たお友達は海外在住なのだ...

続きを読む

ご試着時にあわないとみんな痩せなきゃって言うけど、コンプレックスに合うものを着れば大丈夫

先週、山口さんがかわいいお洋服をまた沢山持ってきてくれました。今度こそ本当にしばらく来れないと言っていたなつさんが、最近急に春めいてきたからと、お取り置きのお洋服を取りに来てくれたのですが、コレに合いそうじゃない?と渡したお洋服がめちゃめちゃハマっていました。またかわいいお洋服に出逢わせてしまい、本当にごめんなさい笑なつさんは身長も高くてとても細いので、よく居合わせた他のお客さまに褒められています...

続きを読む

昨年の白馬はやっぱり行ってよかった

今日は東京でお仕事の予定で向かっていたのですが、急遽予定が変わり、何もせずに戻り、別の場所に向かいました。慌しい1日でした。帰ってきて、昨年の夏に行った白馬旅行がとても楽しかったと、写真を眺めていました。白馬マウンテンハーバーへは、ゴンドラに乗っていきます。伯母は足を悪くして、昨年の夏、私が病院へ連れて行きやすいように、私の家に滞在していました。そんなに歩くわけでもなかったので、旅行には予定通りい...

続きを読む

自分の知らない自分の感情に出逢うこと

一昨日の所沢もそうだけど、私はたまにお客様とお出かけします。昨日、皆に写真を送ったのですが、大変喜んでくれました。お客さまはいつも言ってくれます。私のブログを読んでると、行ってみたくなる、食べてみたくなる。実際に新しい所に連れて行ってもらえるから嬉しいって(私は運転してるだけですけど笑)。とはいえ、半分以上は知っている人の投稿から知ったことで、もっというと映画や本に関しては95%以上がオクノヤさん...

続きを読む

愚痴にしちゃえばそれまで。書き方をかえれば人を元気づけることも出来る。と私は思っている。

昨日は、私としては苦手な作業をしていました。全部終わってはいないんだけど、ひとまずキリのいいところまでやってちょっとスッキリ。明日お店でやるべきことが減りました笑。好きなことを仕事にしているし(正確にはやってるうちに好きになったんだけど)、お客様がいい人だから(ていうかこの部分が90%)、基本的にお仕事自体は楽しい。ただ、苦手なものは何年経っても苦手です。ロリポップなめながら永遠と続く作業。昨日そん...

続きを読む

展示会ではお客様のお顔を思い浮かべて注文しています。

萠さんから靴下が入荷しました。ちょっと透けていて、春らしくてかわいいです。うちのお客様は、全身ブラックコーデする方も多いので、春に重くなりすぎないようにグレーもいれました。この他にも、赤やグリーンなど、かかとがない(どちらが前でも履ける)靴下もあるので、足元をアシンメトリーに楽しんでいただけると思います。是非店頭で見てみてくださいね。ちなみに価格は各¥2,530(税込)です。お洋服ってトレンドがあ...

続きを読む

何について書いても私の言葉でしかない

ブログはせっかく読んでくれてる方がいるのだから、毎日役立つ情報を書けたらいいのだけれども、役立つ情報を知りません。助けてください。ただ、誰かにとって興味のない話でも、また別の誰かにとって、何だろうと興味をもつきっかけになってもいいかと思っています。劇団四季の話は、ミュージカルにまったく興味がない方が読んだら面白くないのはわかっているし。早川義夫さんのことを書けば、素直さが足らなさすぎるし。季節を語...

続きを読む

2020年365回目のブログです。

ふと流れてきた音楽や、整理するつもりで見ていた写真に、いつかの想い出が蘇ることがあります。コンビニに行くくらいの気軽さで、毎日いろんなことを思っては忘れ、その瞬間にどんなに面白いと思っても、どんなに悔しく感じても、後になるときっかけがあったって思い出せないことが多い中で、楽しかったことなんかを思い出すと、それらは大抵自分の手柄ではなく、人様がしてくれたことであることが多く、いかに自分が人に支えられ...

続きを読む

お菓子を創造するということ

今日Instagramにあげるために、先日のTANPAN LABでのイベントの写真を見返していたのですが、改めて見るとお菓子ってすごい世界だなと感動してしまいまして。私は芸術とか全然明るくないんだけど、展覧会とかね、なんとなく、自分の頭の中にないものを見ることで、私自身も知らない感情を見せてもらうという感覚が好きなのですが、西くんの、お菓子を作り上げるライブを見せていただいて、それに近いものを感じました。いつだった...

続きを読む

プロフィール

Riyon

Author:Riyon
埼玉県熊谷市。籠原駅から徒歩15分ほど、公園のめぐりにある、珈琲豆と器とお洋服の、小さな小さなセレクトショップ、Riyonです。
Open 11:00~18:00 日/月曜/祝日はおやすみです。