fc2ブログ

記事一覧

当たり障りのない言葉

中島らもがこの世を去って20年という月日が経つらしい。と知ったのは、ある方のX(旧Twitter)での投稿でした。恥ずかしながら中島らもの凄さを知ったのは、亡くなった後のこと。ちょっと匙ですくいあげられた程度の言葉の解釈を間違えたのか、それとも昔は過激だと捉えたのか。。。?亡くなった直後くらいに、著書を何冊か読み、私はこの人のことを何も知ろうとしていなかったのだと知りました。どこに差別が生まれるのかがよく...

続きを読む

桜の中心が濃くなってきた

出かける前に、いつもの神社へ立ち寄りました。土曜日にはまだまだだったのに、満開。よく見ると、花の中心部分が濃いピンクのものと、そうでないものとあるんですよね。調べたところ、濃いピンクのものは、まもなく散るよというサインなのだそう。なんだか寂しいですね。いつまでも咲いていてくれないのが桜。その一瞬を見逃すまいとワクワクして、ひとつ、ふたつと花を咲かせ始めたら、なんて可愛いのだろうと蕾とともに心を膨ら...

続きを読む

ブログ

今日は暖かい1日で、お花見日和でしたね。出先でたまたま見かけた桜が見事でした。さて、このブログも、3000回を超えました。自分では数えたことなどなく、気づいてくれたのはお客様なのですが。昨日、2024年4月6日までで、3020記事。いえ、記事というにはあまりにも稚拙。3020回、ブログを更新しています。冠婚葬祭、旅行、体調を崩している日、深夜に帰宅した日、、、毎日書いてきました。きっかけは、ラクー...

続きを読む

改めてプロの凄さを知る

そう頻繁には行けませんが、趣味のひとつとして、観劇があります。特にミュージカル。ブログにも度々書きますが、歌もダンスも素晴らしく、(もちろん舞台装置もですが)、体一つで、なぜこんなにもパワーを送ることができるのかと思うほどです。CATSを前方席で観るのが楽しみで楽しみで仕方ありませんでした。目がいくつあっても足りない。舞台上にいるすべての俳優さんたちのダンスを、動きを、隈なく観たい。もちろんそれはかな...

続きを読む

陶器の良さ

お店で扱ううつわの大半は、益子焼、その次が笠間焼です。直接買い付けに行くので、日帰りで行ける距離(栃木県、茨城県)というのも理由の1つですが、ぽってりと温かみのある風貌に、比較的買い求めやすい価格も魅力的です。陶器は、ぶつけたり落としたりすれば、欠けたり割れたりします。益子焼に使われている土は、砂気の多い粗い土。そのため厚みがあり、気泡も入ります。プラスチックはもちろん、磁器と比べても、衝撃に弱く...

続きを読む

恥ずかしくない自分で。

兵庫県の北の方、冬は雪深く、夏は暑そうな地域に、『田中畜産』はあります。田中夫妻の主なお仕事は、但馬牛の繁殖です。私には、牛飼いの知り合いは、彼ら以外いないので、他の畜産農家とは比較が出来ませんが、あらゆるメディアに取り上げられるには、理由があるはず。YouTubeをはじめとするSNSで、牛との日常を発信し続けています。たまに牛一頭分のお肉をオンラインで販売するのですが、それがわずか数分で完売してしまいます...

続きを読む

美しい文章って素晴らしい。

ちょうど1年前、三鷹の跨道橋を訪れました。ここは太宰治のお気に入りの跨線橋で、見晴らしのいい場所として友人たちを案内していた場所です。昭和4年から94年。老朽化のため、昨年12月10日をもって、その役割を終えました。富士山も見える。太宰が誇らしげに案内する様子が、なんだか想像できます。捉えようによってはなんのことはない普通のことも、書く人が書けば、美しく、胸に響く文章となります。鉛筆1本で、ここまで...

続きを読む

受験シーズンに思うこと。

自慢したくても自慢できるほどの賢さもなければ、人より秀でたものも、特に、ない。学生時代に苦しめられたものの一つに、「私はどこに向かうべきか」という問題があったと思います。それは自分自身による呪縛にすぎず、誰かが決めつけたわけではないのに。好きなもの、一生やり続けることを決めなくちゃ!〇〇ちゃんや〇〇くんはもう決めたって!早く私も決めなくちゃ!でも何ができる?何がやりたい?わからない。。。みんなちゃ...

続きを読む

今年も元気に誕生日を迎えました。

おかげさまで46回目の誕生日を迎えました。メッセージやプレゼントをくださったお客様、お友達、ありがとうございます。いつも関わってくださる方にも、家族にも感謝しています。深谷のINASUN TABLEさんにて、お客様と忘年会。美味しくて、たくさん笑って、最高の時間を過ごしました。毎年、おめでとうを言っていただけることは、当たり前ではありません。お客様とお店でお話ししていると、恵まれてるなぁと、いつも思うのです。お...

続きを読む

もののあはれを知る

急に朝晩が寒くなりましたね。店内にも秋らしさが見られます。お客さまにいただいた、ツルウメモドキ自宅から持ってきた吾亦紅。日が暮れるのが早くなったことで、夏には使うことのない、入り口のライトに照らされた南天の葉の影。太陽に顔をむけていた向日葵が疲れを見せ、虫の音が鳴り響き、夕暮れがより一層美しさを増し、羽織りが必要になり、樹々の葉が落ち始める。四季を感じる、日常のささいなことに見られる「情緒」という...

続きを読む

プロフィール

Riyon

Author:Riyon
埼玉県熊谷市。籠原駅から徒歩15分ほど、公園のめぐりにある、珈琲豆と器とお洋服の、小さな小さなセレクトショップ、Riyonです。
Open 11:00~18:00 日/月曜/祝日はおやすみです。  

記事カテゴリ【月別】