お店の模様替えって、正直大変。
でもそのあとのことを考えると楽しみで仕方がありません。
 
 
fc2blog_20170429202120bbd.jpg
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
棚のペンキ塗りをして家に帰ってきたら、父が珍しくNHKのニュースではなくお笑いを見ていました。
まぁおそらくたまたまついていただけだろうけど。
 
 
さすがにクタクタで、立ったままだけどそれを見て笑ったら、少し疲れが取れました。
お笑いっていいですね。
 
 
 
もう、何年も前のことだけど、はじめて、ルミネtheよしもとにお笑いを見に行ったときのこと。
その日は好きな芸人さんが何組か出ていました。
おもしろかった。
いっぱい笑いました。
 
でも、その時に1番感じた事は、
「お笑い芸人さんて、なんて間(ま)の取り方が上手なんだろう!」
ということでした。
 
 
早すぎてもいけないし、遅すぎてもいけない。
絶妙な間で喋るから面白いんだ。
日常、TVでしか見ることのなかった漫才は、ネタそのものが面白いかどうかでしか判断していませんでした。
 
 
でも、生でみて、肌で感じた、観客との一体感を含めた空気感は、なんだか緊張とともに、すごく心を持っていかれました。
感動しました。
賢い人にしかできないことだ。
そう思いました。
 
 
 
お笑いに限らず、日常でも、間ってとても大切ですよね。
お客さまとの会話。お友達とのメッセージのやり取り。仕事もそう。
 
 
スピード感は大事だけど、ただ速ければいいわけではない。
 
 
 
 
漫才では、観客が笑っているときに、どんどん話を進めたら、観客はきっと、聞き逃すまいと、意図的に笑うのをやめてしまうでしょう。
観客が充分に笑っても、次の話題もちゃんと聞くことが出来るだけのちょうどいいタイミングを見計らって、喋り始めるはずです(知らないけど。多分)。
 
 
それって、私達がお客さまにすべきことも同じことのような気がします。
 
 
お客さまが、気に入られたお洋服を当てて、もしくはご試着した状態で、鏡の前に立ち、
何も喋らず、動きもしないときは、考えていらっしゃるときです。
 
 
きっと頭のなかで、
「これにあうお洋服は持ってたっけ?」
 
 
白のブラウスを合わせたら可愛いけど、そんなの持ってたっけ?
あぁ。黒のTシャツがあった。あれなら合うんじゃないかな。
というふうに、ワードローブを考えたり。
 
 
ご旅行などに行かれるなら、
これでは寒くないかな。だとしたら、あのトレンチを合わせればいいかな?
と考えたり。
 
 
 
 
お客さまがそのように考えているのに、何もしゃべらないからと言って、ペラペラと店員がずっとしゃべっていては、お客さまも困ってしまいますよね。
 
 
目に見えるものだけではなくて、その「間」があるべき理由も、きちんと感じ取れるようにしていたいと思います。
 
 
 
では今日はこのへんで。
お休みの方も、お仕事の方も、楽しいGWを♪
 
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

器のコーデはお洋服のコーデと同じ

 28, 2017 22:53
こんばんは。
今日は、器の色や柄による、コーディネートの仕方を書きたいと思います。
 
 
fc2blog_20170428221125f65.jpg
 
(んんと、なんだろうこの指。まぁいいや。)
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
熊谷のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
 
うつわはただの道具じゃない。
というのは私の考え方なので、押し付けるつもりもないんですけど。。。けど、うん。やはりただの道具ではありません。
ただごはんを食べるための道具、ビールを飲むための道具だと考えると、なんでもよくなる。
それだと楽しくない。
 
 
お友達のりほぴーは、わざわざ神奈川から熊谷まで、器を買いに来てくれたとき、頭の中にお料理が思い浮かんでいるのがこちらからもみてとれました。
 
 
fc2blog_20170428215327214.jpg
 
1番右が、りほぴーです。
 
 
 
すごく楽しそうなの。
いろんなものを盛り付けたところを想像するって。
 
 
fc2blog_20170428212833635.jpg
 
 
これらは、りほぴーがおうちで使ってくれてる写真です。
 
 
fc2blog_20170428213355a4b.jpg
 
 
 
先日会ったとき、彼女はこんなことを言いました。
「近くにあるレストランが、和食器をつかっていたんだけど、最近洋食器に替えちゃったんですよね」
って。
「洋食やさんなのに和食器でだしているところが面白かったのにな」
って。
 
器に興味を持てば持つほど、レストランに行ったとき、いいことも悪いことも、今まで見えなかったことまで見えてきます。
 
 
 
 
 
陶器のコーディネートの仕方は、お洋服のコーディネートと、とても似ています。
 
 
たとえばお洋服で考えたら、好きなスカートを1枚買ったら、それに合うトップを探すじゃないですか。
 
スカートは何色ですか?黄色?ピンク?ブルー?その色に合わせて、何色のトップが合うか、探しますよね。
ネイビーだから、黄色や白がいいかなとか、
白に白も爽やかでかわいいなとか。
 
 
たとえばこちら。
 
fc2blog_201704282219507b2.jpg
 
柄のカップ。
お洋服だと思ってくださいね。
これが柄のシャツだとしたら、どんなボトムを合わせますか?
 
fc2blog_201704282220031cf.jpg
 
はい。柄のものは全く合わないわけではありませんが、難易度が高くなりますから、通常は選びませんよね。
 
fc2blog_201704282220504ec.jpg
 
柄をあわせるなら、このように同じもの。
 
fc2blog_2017042822201486d.jpg
 
一番多いのは、無地で、同じ色のものではないですか?
 
 
どうですかね。伝わってますかね。この調子で進みますね。
 
 
はい。では白い器は?
 
 
fc2blog_201704282222059f8.jpg
 
たとえば白いシャツを着たら、ボトムはわりと合わせやすいですよね。
 
fc2blog_201704282223111fb.jpg
 
柄のものでもいいし。
 
fc2blog_20170428223157e08.jpg
 
白でまとめてもいい。
 
 
いかがだったでしょうか。
お洋服のことはコーディネートするのが好きなのに、器のことはよくわからないという方は、是非お洋服と同じ感じで考えてみてくださいね。
 
 
ただ、いずれの場合も、やはり食卓にはグリーンかお花があると尚いいです。
特に、真っ白でまとめたなら尚の事。
これで明日のお食事が楽しみですね♪
 
 
 
では、今日も1日お疲れさまでした。
いい夢を♪
 
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村
私ね、一部の人、いえ、一人の人にスナフキン(ムーミンにでてくるキャラクター)と呼ばれています。
 
 
fc2blog_201704271946100b2.jpg
 
ロングカーデなどを、好んで着ているせいです。
 
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
私もスナフキンと同じように、旅行が好き。
(バックパック1つでは、でかけないけど)
多分それは、自分の知らない世界を見せてくれるから。
知らない国の、知らない人たちが、当たり前のように、そこでずっとしてきた習慣や文化をもち、暮らしている。
非常に興味深い。
 
 
 
 
人間は変化を嫌うから、思わず受け身がちになります。
でも、その一方で、新しいものを見て驚き、目を輝かせる。
本当は、新しい世界をただ見るだけではなく、変化を望んでいるからではないでしょうか。
 
 
興味を持てる限りは、想像力が働く限りは、きっと変化し続けることが可能なのだと思います。
 
 
Riyonに来てくださるお客さまはご存知の通り、うちのお洋服は、少し個性的なものが多い。
やたら布面積の広いワンピースや、わけのわからないバッグ。おもしろい切り替え。
 
 
そうすると、たまに言われます。
「これ、おもしろくて素敵だけど。。。でも、どこに着ていったらいいのかしら」
って。
 
 
埼玉北部に住む方々の「お出かけ」基準は、お食事(それもただのお食事ではなく、ある程度の場)や、東京など、都会にお買いものに行くこと、そして旅行。
 
東京には個性的なお洋服を着た方が多いから、その「少し個性的」はとてもいいバランスなのですが、ご近所に買い物に行く程度だと、「この服はちょっと個性的すぎる」と考えてしまうようです。
 
 
 
 
私は、お友達でもお客さまでも、とても素敵だなと思ったときに
「どちらへお出かけ?」
と好意的な意味で声をかけます。
それくらいおしゃれですねという意味で。
 
 
 
でも、お客様のお話をうかがっていると、とても、好意的とは思えない言い方をされて
「近所の人にさっき、こんなふうに言われちゃったの」
って、ちょっと悲しそうな顔をする方も少なくない。
 
私はそんなとき、お客さまに言います。
「その方は羨ましくて言ってるだけですよ!」
って。
 
 
きっと、お客さまご自身もわかっていると思う。
でも、言い方によってはその台詞って、こうやってまるで、おしゃれがいけないことのように感じさせてしまうのです。
 
 
そんな風に声をかける方は、本当はご自分もおしゃれしたいのだと思います。
だから、「おしゃれしていること」に気付くんですよね。
興味が無い方は、どんなお洋服を着たって、そもそも気づかないじゃないですか。
 
 
そうやって、本当は個性的なお洋服が好きなのに、自分は似合わないと思っている方の、何と多いことか。
 
 
 
年齢は関係ありません。
 
 
先日、あるお客さまがこうおっしゃいました。
「もうお出かけする機会もそんなになくなったし、私なんて似合う服も少ない。それにこんな歳だから、着るものばかり増やしたってしょうがないしね。」
って。
 
 
それを聞いていた、その方よりも年上の常連のお客様は、笑顔でこうおっしゃいました。
 
 
「私はおしゃれすることを考えるのが好きですけどねー」
「先のことなんか考えたら、何も出来ないですよ。
今を楽しまなきゃ!私は好きなものを着て、好きなところに出かけたいわ!」
 
 
fc2blog_20170427190034e93.jpg
 
 
なんて素敵なのだろうと思いました。
ちなみにこうおっしゃったお客さまは、お二人とも70代。
 
 
あぁ。私は70代になったとき、こうでありたい。
好きなものを着て、好きな人と、好きなところに出かけ、好きなものを食べる。
 
 
だってそうしなきゃ、あっという間に人生は終わってしまうもの。
 
 
これを着て、どこへ出かけよう!?
 
 
fc2blog_20170427190026e72.jpg
 
 
(こちらはまた別の、60代のお客さま)
それが、若さの秘訣のひとつでもあるはずです。
SLAM DUNKの安西先生じゃないけど、諦めたらそこで、試合終了です。
 
 
 
ちなみに私の伯母は、80代半ばで、ハイヒールを履いて、歩いています。
いくつになっても、輝いていられるかどうかは、自分が決めること。
どうせだから、楽しみませんか?
 
 
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村
こないだね、おやすみの日に、もふもふのクッションを買ったんです。
そしたらね、いい感じ。
 
fc2blog_201704262133290fb.jpg
 
ぎゅうってしたくなりますよね。こういうのって。気持ちよくて。
なんだか癒やされました。
ま、母のですけどね。
 
 
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
先日、人は人を選びながら、そして選ばれながら生きていくんじゃないかなっていうお話を書いたのですが、自分を選んでいるのは人だけではありません。
「今の自分」を選んでいるのは、選んだのは自分です。
 
 
 
「あのときなぜあの行動をとったのだろう。」
そういうのって、誰にでもあることだと思うのですが、その小さな選択の積み重ねで、今はできています。
 
 
あのとき、遊びに行かずに勉強していたら。
あのとき、野球じゃなくてサッカーを選んでいたら。
あのとき、A校ではなくB校を選んでいたら。
あのとき、あの人じゃなくて別の人と付き合っていたら。
あのとき、あの人の話をきちんと聞いていたら。
 
 
あのとき。あのとき。。。
って。
 
 
「あのときの選択ミス(だと思っていること)」
を責める自分は、何かの折に顔をだしては、あなたの肩をすくめさせるかもしれません。
 
 
 
私だってそうです。
そういうときもある。
きっとみんなそうだと思う。
一度も後悔したことのない人なんてきっといない。
 
 
 
でもね。
「あのとき」のことを悔やむ自分がいるから、これからはもっとちゃんとしようとか、後悔のないようにしようって思うんですよね。
 
それは後ろ向きではなく、前向きなのではないでしょうか。
後悔しているから、その時のことをこれからの人生に活かそう、もう二度と後悔なんてしないようにしようと思うのだと思います。
怖いから、用意周到になる。
 
 
 
破天荒な人が羨ましくて仕方がない人もいるかもしれません。
でも、根っからの破天荒な人なんて本当にいるのでしょうか。
その人だって、怖くて、でも自分自身に負けたくないから、数年後、後悔したくないから、道を切り開きながら、頑張って、覚悟して進んでいるだけかもしれません。
 
 
 
それに、過去のその選択だって、ミスだったかどうかなんてわからない。
たとえ、その時点では選択ミスだったとしても、1年後や10年後の自分は、今の自分のこれからの選択にかかっているから、どんなふうにでも進んでいくことが出来ます。
 
 
 
だから、やりたいことをやって、楽しく進んでいきたいなって思います。
私はこの歳になって、今まで生きてきた中で、一番「やりたいこと」があるかもしれない。
学生時代、私は何を学ぶべきなのか、全然わかっていなかったけれど、今はいろんなことに興味がある。
 
 
怖くないわけじゃないけど、とりあえず、私はワクワクする方を選んでいきたい。
きっと1年後の私は、そんな私に感謝するはずだ。
あなたは次、何を選択しますか?
 
 
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

アイデアなら街に

 25, 2017 23:21
朝、自宅の庭で切ってきたハナミズキ。
(Twitterに「ハナミズキを切ってきて」とツイートしたら、「東京でこんなことしたら怒られるよ」とお友達に言われましたが、さすがに田舎でも公共のモノを切ったら怒られると思います(笑)これは自宅です。自宅の庭です)
 
 
fc2blog_20170425190854abd.jpg
 
 
なかなか思うようにいけられず、モタモタしすぎて、みるみるうちにお花の元気がなくなってゆく。
(ごめんなさいハナミズキ)
でも、不器用ながらも一生懸命活けました。
 
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
先日、藤井さんたちとのアパレル会のことをブログに書きましたが、お食事がメキシコ料理屋さんだったこともあり、タコスが出てきました。
 
 
こんなお皿で。
 
 
fc2blog_20170407235144e4e.jpg
 
 
私は、どこのお店でも、お料理がでてくると、どのように盛り付けられているか、とても気になります。
お料理の見た目は
「美味しそう!」
と思う要素として、大変重要だからです。
 
 
 
「このお皿可愛いですね。へこんでるところに砂みたいなものをこぼれないようにいれて、ちっちゃいグリーンとか置いたらかわいくないですか?」
 
 
タコスの置かれた山を見て、そんなことを突然言い出し、藤井さんを困惑させました。
藤井さんは優しいので、「そうやね」と言ってくれました。(気を遣わせてすみません)
色々なモノをみて、何に使えるか考えるのが、好き。
 
 
器も、お料理の盛り付け方も、街のレストランで学ぶことが出来ます。
もちろんステキだと思うことばかりではありません。
いいモノ。イマイチなモノ。
 
 
そのどちらもが勉強になります。
「へぇ!このお皿の色素敵だなー!」
とか
「なんでこんなおいしい料理に、このお皿使っちゃったんだ・・・」
とか。
 
 
どんなお皿を、どんなお料理の時に、どうやって使ったらいいかわからない。
という方は、是非、どこかのごはんやさんでお食事するときに、どんな器を使っていて、それにたいして自分がどう思ったか、見て、感じてください。
 
そこに、
「私はこういうのが好き」
が隠れています。
 
 
それを真似することから始めたらいいと思います。
お洋服だってそうじゃないですか?
始めは誰でも、ファッション誌や周りにいるおしゃれさんを、見たり、真似をしたりするところから、自分のものを確立する。
 
 
 
 
fc2blog_20170425190603ddd.jpg
 
 
私は生花をならったことはないけれども、人のは見てきました。
 
 
お店を始めたときは、お花や陶器が好きだったわけではないけれど、徐々に接するうちに、生活の彩りに欠かせないものと気付きました。
だから、おしゃれなごはんやさん、おしゃれなお店、Riyonで母がいけるものも、私は見ています。
 
 
1月にお友達とみんなで泊まったホテル。
とても素敵だったのに、そこに飾られていたお花が造花だったこと、残念だなという記憶で未だに残っています。
でも、私はそれをホテルの人に言ったわけではありません。
ということは、何も言わなくても、いいことでも悪いことでも、記憶している人がいるということです。
だから、センスは磨いていきたい。
いろんなものをみて。聞いて。
 
 
それらは絶対に、自分にとって、そして、誰かをもてなすために、いい経験になるはずです。
 
 
では、今日も1日お疲れさまでした。
おやすみなさい。
いい夢を♪
 
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

WHAT'S NEW?