今日の夕飯は、北海道の【ようでん】忍さんの、スープカレーでした。
なぜならそこにスパイスがあったから。
ちなみにごはんは【石川商店】の淡雪こまち(淡雪こまちの玄米も入れました)
 
 
fc2blog_201708192353027c8.jpg
 
 
この時期はナスが美味しいじゃないですか。うちも父が作っているので、こうして無農薬のおいしいお野菜が食べられるのは、本当にありがたいです。
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
今、アパレルは展示会の時期です。
9月のあたまも、展示会の予定がいくつか入っています。
そうすると、何月何日から、どこどこにて展示会やりますよというDMが、アパレルメーカーさんから届きます。
 
今日も1枚届いていました。
 
 

 
 
 
実はそこには
「素敵な服を作りたい」
「これを着てくれる人をオシャレにしてあげたい」
と思っている人。
「せっかく出来た素敵な服のよさを、ちゃんとお客さまに伝えよう」
と思っている人。
「展示会に来てもらうために、カッコいいDMを出そう」
と思っている人、それぞれの想いを胸に、多くの方が働いていると思います。
 
 
このニットの編み目、とってもかわいいんだけど、せっかくの想いが、全然見えないのが残念。
 
 
 
こういうDMでも行こうと思うのは、日時さえわかれば行くつもりのメーカーさんのみ。だから益々「自分」が伝わらないことが、どんなことなのかって思います。
 
 
 
えーっと、はじめにのせたカレーですけど。
面倒くさそうに見えて、実はスパイスは全て忍さんが計量済みなので、私はパケットに入ったスパイスを、順番にいれ、あとはタマネギやトマトなどの野菜を切って、火を通していくだけで、簡単に作れてしまいます。
なんなら、慌てて作ったカレーのルーが、ごくたまに溶けていないことなんか考えたら、コチラのほうがカンタンかもしれない。
 
 
カレーが嫌いな人ってあまりいないと思うし、そこそこおいしいルーさえ使えば。そこそこ美味しいものは誰でも作れてしまう。
じゃあスパイスから作れって言ったら。。。?
どんなにカレーが好きって言っても、それは食べるのがという意味であって、ルーを使って手早く出来るのも含めてカレーの良さだしね。(それは人によるか(笑))なかなかできない。
そして、カレースパイスがセットになっていても、多分買わない。
だってめんどくさそうだから。
 
 

 
(本気にする方がいるとアレなんで、念のため書きますと、ガラムマサラシノブは本名ではありません。
紛らわしくて申し訳ございません。私からお詫びを申し上げます。)
 
 
 
彼女はカレーが大好き。そんな彼女が自分好みのカレーをみんなに紹介して、それをみんなが「私も作りたい!」
って思うのは、ごく自然なこと。
彼女の勧めるスパイスセットだから買いたい、それだけ。
 
 
今ではもう、それこそ上のDMのように、
「2017 Winter Curry Collection」とか書いてあるカレーの写真のポストカードが届いたら、
「シノブさん、好きだもんねー♪」
って思うもの。
多分そんなはがきは届かないと思うけれども(笑)
 
 
上のアパレルメーカーさんだって、もし本当に作っている人の誰かがカレーが好きで、カレーの写真付きだったら、そのはがきのむこうに、人が見えるのにとすら思います。
 
 
 
お米もそう。顔が見えるお米やさんのお米は、美味しいに決まっている。
だって、マジメすぎるほどマジメなオコメンさんが、一生懸命選んだお米を扱っているのだから。
実際、とっても綺麗なお米で驚きました。
 
fc2blog_201708200049100ba.jpg
 
美味しかったー。
でも、私の中の不動の1位。つや姫をおびやかすほどの勢いかどうかは、カレーじゃないときに味わいますね(笑)
そういえばお米って、おいしいときにただ夢中になって食べるけど、美味しくないときはすぐ気付きますよね。
なんなんですかね(知らんがな)
 
 
 
 
そうそう、昨日こんなことがありました。
 

 
せっかくですので、困り果てているジョーさんに救いの手を。
 
fc2blog_20170820004303e16.jpg
 
「どれがいいの?」と江口様、興味を持たれたので
 
fc2blog_201708200043107ce.jpg
 
江口様。つや姫(私の1押し)お買上げ、ありがとうございます♪
 
デジャヴかな。
江口様には先月も売り込みした記憶がありますが。。。(笑)
 
 
 
では、今日も1日お疲れさまでした。
おやすみなさいませ。
いい夢を♪
 
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

みんなの食器の使い方まとめ。

 18, 2017 23:51
今日はちょっと忙しかったけど、なんだかいい1日でした♪
いいものも届いたんだけど、それはまた別のときに♪
 
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
そんな本日のブログは、密かにチェックしていたみんなの陶器の投稿を紹介させていただきます。
 
 
まずは、新潟【カツデン】林さん。お友達のいずみんのご主人です♪
 
 

 
すぎちゃんセレクトのお酒とともに♪いいなぁ、日本酒が飲めるって、かっこいいなぁ。私も言いたいです。
(言うだけならタダ)
 
 
 
そして、宇都宮からわざわざ来てくれる、電車が大好きなひろみさん。前回来てくれたとき、Twitterの話してから、めっちゃ楽しんでるっぽくて、私も嬉しい♪
 
 

 
ちくわがなんだかおしゃれな感じに!ブラックペッパーが食欲をそそります♪
 

 
コチラはすぎちゃんレシピの梅しそチャーハン♪
あー美味しそー!間違いない組み合わせですもんね!私もまた作ろーっと。
 
 
 
 
お次は、やはりわざわざ横浜からお店に来てくれたりほぴー。
先日、短の家でも一緒でした。
 
 

 
りほぴーは本当に和食器が好きなのが、話していると伝わってきて、その話題になると、つい私も熱が入ります(笑)
 
 

 
あの【九州ラーメン友理】の高菜がのっている。ごくん。
 
 
 
そしてこないだ一緒にディズニーに行ったアキーコ。
 
fc2blog_201708190027249b2.jpg
 
デジャヴ?デジャヴなの?高菜がのっている。。。
 
 
 
 
そしておなじみ忍さん。
言わずもがな美しい色使いと余白。
 
 

 
お客さまの中で、どなたか田中・スパイス・忍のスープカレーのスパイスが欲しい方はいらっしゃいませんか?
すでに注文してあるので、数に限りがございます。そんな方はおはやめに私まで♪
 
 

 
はぁ。ビール飲みたくなりますねー。
 
 
 
そして本日、無事Riyonにて【HAPPY SUGAR】のお菓子が解禁になりました!
ウチコさん。
 
 

 
キレイですね。うん。贅沢だ。
 
 

 
な、なんと!Keisukeokunoya(白い楕円鉢)と一緒に使ってくれるとか!ありがたやー。
 
 
 
最後に、兵庫県の但馬牛の牛飼いさん。一馬さんとあつみさんご夫妻。
 
 

 
写真の腕前が良すぎるというのも手伝いまして、とても素敵な1枚に。
それより、疲れていてもこうしていいものを使うことを忘れないことって、案外できないものです。
 

 
ほうほう。ローソンのシューアイス。今度買ってみよう。
 
 
そして奥さまのあつみさん
実はまだお会いしたことがないんだけど、とても親しみを感じる方。いつか一緒に友理に行くんだよね♪
 

 
 
うんうん。私、陶器が好きだから、こういう投稿大好物♪
こうやって、陶器を道具としてではなくて、ちゃんと「それを使う時間」に重点をおいて、大事に生活していることが、とても素敵だって思うのです。
 
 
 
 
ここに紹介させていただいてる方々、みんな忙しい方ばかり。
でも、きちんと「楽しむ」という心のゆとりを持っている。
 
 
お店をやっている人は、普通なら売っておしまい。
でも、こうやって皆さんが見せてくれるから、私はまた、力をもらう。
ありがとう♪ありがとう♪
 
 
 
あ、そうそう。いま、お待ちいただいてる方(忘れてませんよ!)。平皿と、おかずをのせるお皿(範囲が広いな(笑))ね。しばしお待ちくださいね。とりあえずではなくて、もう少し色々見てから提案させていただきたいのです♪
 
 
今日も1日お疲れさまでした。
おやすみなさい。
いい夢を♪
 
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村
ディフーザーをいただきました。
これをくださった方は、明るいけれども、べらべらと要らないことまで喋る方ではない。
 
 
fc2blog_20170817202404a50.jpg
 
 
香りのプレゼントは、趣味が出る。
この方は、プレゼントをくれるとき、決まっていいものをくれる。
いいものを知らなければ、いいものを見る目も養われないのだといわんばかりに。
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
 
 
10代から、20代の半ばくらいまで、よく喋る人、いろんなことを教えてくれる人を、スゴいと思っていました。
多くのことを語れる人は、多くの知識がある人だ。
 
 
こんなに自信満々にいろんなことを語れるだなんて、この人はよほど勉強してきたに違いない。
だからこんなにもいろんなことがわかってしまうのか。
なんて凄いんだろう。
 
 
そう思っていた時代がありました。
 
 
でもある時から、「黙っている人こそがすごいのではないか」と思うようになりました。
ある人が、あることを知っていながら、黙っていたことを知ったときでした。
それが誰だったのか、今となっては忘れてしまったのですが、そのときの「何故黙っていたのだ」という感覚は、今でもわずかながら残っています。
 
20代も終わりになってからでした。
 
 
 
知っていることをたくさん教えてくれる人は凄い。
けれども私の尊敬する人は、多くを語らない。
それは口数が多いとか少ないとかの問題ではありません。
 
本当に多くのことをしている人は、そんなものです。
知識をひけらかさない。
 
 
にんげんだもの。本当はわかりやすく、てっとりばやく、認められたいはずなのです。「すごいね」って。
でも、才能や経験から得た知恵や知識を、普段は「はーい!それ、俺がやりましたー!」「それ私、知ってます!」「俺が」「私が」と主張するのではなく、さりげなくやるというのはなかなか出来ないことです。
 
 
あぁ。そんなことまで気遣ってくれたのだとか、あのとき、あの人はあえてああ言ったんだとか。
だからそういう人は、
「俺がやりました」
などと言わなくても、分かる人にはちゃんと伝わるのです。
 
 
 
 
その後、早川義夫さんの本を読んで、さらにその思いが強まりました。
明るいように見えるけど、そんなにべらべらと喋る方ではないのに、歌や本の中では、こちらが息継ぎもうまく出来ないほどに、どどどと波が押し寄せてくる感情が届く。
 
 
早川さんはこうおっしゃっています。
 
 
わからないというのが答なのではないか。
しゃべらないほうが利口なのではないか。
脳は語るけれど。心や魂はいつだって黙っている。
 
 
早川さんは、歌手をやめて、本屋を始めました。
でも数年でやめて、また歌手になりました。
本屋さんのときのことを、こう記しています。
 
 
本屋をやめて思ったことの一つ。
ああ。もっと個性を出せば良かったと思った。
小さな町での小さな本屋での専門店化は勿論難しいが、専門店というのではなく、自分が売りたい本を売ろうという気持ちをもっと持つべきだと思った。
棚は限られているのだから、あれもこれも置かず、ある分野はすっぱり諦め、何を捨てるかに重点を置き、お客さんとともに、少しずつでいいから、棚に個性を出していくべきだと思った。
 
 
本なんて、誰でも売れるのだ。
 
自分が売れるものは、自分しかないじゃないか。
 
 
 
たとえば黙っていても、扱っている本や、いえ、本に限ったことではないのだけれどもそういう商品や、文章で、表情で、わかるものもある。
 
 
人の作った空気から感じ取ることは、喋っていたら聞こえないのだ。
だからたまに黙って、心が感じるままに、その声に、耳を澄ませることも大事なのだと思う。
 
 
 
ではこのへんで。
今日も1日お疲れさまでした。
いい夢を♪
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村
先日、友達とTwitterが話題にあがりました。彼女はTwitterのアカウントこそもっているものの、積極的にはやっていません。
私は今もTwitterを使いこなしてはいませんが、もともと友達のツイートをチェックして、たまにリプライするくらいにしか使っていなかったので、いざそれを「自分でもツイートしてみよう」と思ってもよくわからなくて、その当時「そもそもつぶやくって何?」と思っていました。
 
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
以前、よく読んでいたブロガーさんがある会社に入社したので、その会社のブログもたまに読んでいたのですが、その中にこんな記事がありました。
「Twitterで本当に『つぶやける』仕組みをつくってみたら、世界が少しだけ変わった」
それで、本当のつぶやきをTwitterに連動させたら、どんな感じなのかを検証されてたんですね。
このブログを読んだのは、1年以上前なんですけど、妙に納得というか、単純におもしろかった(笑)
 
 
そのブログが気になる方はコチラ

「Twitterで本当に「つぶやける」仕組みをつくってみたら、世界が少しだけ変わった」
 
 
集音→テキスト化→Node.js On AZURE(サーバーへテキスト送信)→Twitterでツイートされる(Twitter APIへアクセス)
 
 
って、いやいや、システム書かれてもさっぱりわからないんですけど。(気になる方はさっきのブログを見ると、イラスト付きで書かれています)
それでね、ある方にマイクを付けて
いつも通り仕事してもらったり、街をブラブラしてもらったりした結果、つぶやかれたこと(実際にTwitterにあがったもの)というのが
 
 
「疲れた」
「おしるこ食べたい」
「死にたい」
「ライジングストリーム」
「あー」
「早く死にたい」
「ちくしょう」
「疲れてる」
 
 
妙にリアル(笑)
 
 
これが本当のつぶやきですね。
(でも何なのーーーーーーー!ライジングサンなら知ってるけど、ライジングストリーム何なのーーーーー!)
でも、これじゃ、見ている方は絡みようがない。
Twitterは「つぶやき」といえども、ある程度はどういう状況なのかわからなくては伝わりません。
 
 
突然「ライジングストリーム」とか言われても何のことかわかりません。
前後のことが書かれていて、初めて状況がわかる。
(前後のことがわかっても、ライジングストリームを理解できるかはわかりませんが)
 
 
で、この記事を読むちょっと前まで、ちょうど自分自身も「Twitter」というものがよくわからなくて困っていて、私もただのつぶやきだと
「眠い」
とか
「お腹すいたー」
だけになっちゃうなーと思っていて「つぶやく」がどういうことかわからなかったのです。
 
 
 
2016年1月のある日。
取引先の展示会の帰り、いつもはバスで渋谷まで戻るところを、ふと思い立って、ある駅まで歩いていました。
すると、短パン社長がその頃たまに行っていたスターバックスらしきお店を見つけました。(外苑西通りではないです)
 
 
fc2blog_201708170129540c9.jpg
 
(カメラロールを探したら、たまたまGWに行ったときの学大のスタバの写真が残ってたけど、これじゃどこだか全然わからない(笑))
 
ただ、そこのスタバであるという確信もなかったし、そこに寄ったわけでもないので、「あ!ここ!そうかな?」と思っただけで通り過ぎ、その後、食事をとるために入った駅チカのカフェでFacebookの投稿をしました。
 
 
たまたまその投稿を見た短パン社長がコメントしてくださったので、
「多分、短パン社長がたまに行かれるスタバの前を通って、「ここかー!!!」と、ストーカーとも思える心のつぶやきがありました」
というようなお返事をしたら、
 
 
「そういうのをTwitterであげるんだよ!」
とお返事をくださいました。
 
 
え?!なんと!!!!!
 
 
fc2blog_20170817001911726.jpg
 
(そうそう。この時実は味のある珈琲やさんにも入ったのに、おそらくそれすらツイートしていない)
 
 
 
その頃、Twitterのことを知りたくて、短パン先生はじめ、いろんな方の投稿を見ていました。
どんなことをどのようにあげているのかって。でも、いざ自分がやろうとすると、よくわからなかった。習うより慣れろなのにね。
 
 
それがこのとき、ちょっと進んだ気がしたのです。
 
 
fc2blog_201708170019224ea.jpg
 
(雑伽屋さんでは、珈琲をサイフォンで淹れてくれました。珈琲が美味しかったことすらツイートしないとか、今は考えられません)
 
 
確信もないし、そこで何をしたわけでもないので、文章に出来ず、ゆえにFacebookにはあげられない。だから黙っておこう。曖昧すぎて、誰の役にも立たないもんね。
そんなことだって、Twitterなら気軽につぶやけるわけです。(今になって思えば)
 
 
そのアドバイスを機に、「そうか、つぶやくってそういうことなんだ!」と気付いたのです。
 
 
かまえていると、なんにもツイートできないんですよね。
あれから1年半。今は、楽しい。
何にもあげることがない時間だってあるけど、今日もお昼寝して起きたとき、珍しくお昼寝なんてしちゃった自分にびっくりして、くだらないことをつぶやくくらい、身近になりました。
 
 
Twitterの良さは、基本的には趣味嗜好に基づいて関係が深くなったり、情報のリアルタイム性に優れている点だと思うけれども、私は少し前の写真でも、「今」思ったことならツイートしたりもします。
Facebookとはまたちょっと違う、かといって便利な情報だけでもなく、毎日クラスメイトに会うくらいの気軽さで「おはよー」と気軽に挨拶できる中に徐々に(徐々にですよ!)なりますので、そうしているうちに、いつのまにか関係性が深くなっていて、それが進めば進むほど楽しくなるというツールだと思います。
 
 
 
fc2blog_20170817002244256.jpg
 
あのときTwitterで紹介できなかった学芸大学駅の近くの喫茶店【雑伽屋 】さん
 
 
 
一言芳恩。
あのとき教えてもらわなかったら、こんなに楽しいって知るのに、きっともっと時間がかかっていました。おかげで今、皆さんから元気をもらったり、勝手に感想をのべたり、どーでもいいやり取りをして、笑顔をもらうことができます。
 
 
私は今、楽しんでるけど、無意識にまだ制限してる。多分ね。なんとなくわかる。
だからもっと自由になるの。
もしもあのときの私のように、「つぶやきってなに?」という方がいるなら、「みんな私になんて興味ない」から解放されて、もっと自由に、気軽に楽しみましょーと言いたい。
 
 
ひとまず、今日は寝ましょー!
おやすみなさいませ。
いい夢を♪
 
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村
何を隠そう、私はオリーブオイルが大好きです。
ほぼ毎日サラダを食べるのですが、必ずオリーブオイルとお塩とブラックペッパー。
 
パンにもオリーブオイル。今日、おいしそうなオリーブオイルをいただきました。
嬉しいなー♪
 
fc2blog_20170815180858f19.jpg
 
 
昔、新宿伊勢丹で売っていた(今も扱ってるかも)、メディファーのオリーブオイルの「アルベキーナ」にハマりすぎたことがありました。(食べすぎるほど食べすぎてしまい、最近食べてません)
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
 
さて昨日、お友達のがーすーちゃんが、ミュージカルに興味を持ったというツイートをしていたもので、嬉しくてついリプライをしたら、「初心者は何から入ったらいいかな」というお返事がきました。
 
 
え。。。。。考えたこともなかった。
 
 
私が初めてミュージカルを観に行ったのは、小学生だか中学生の頃で、確か宮沢りえ主演のジプシー。
伯父夫婦が連れて行ってくれたのですが、新宿あたりだったと記憶しています。
 
 
自分から行きたいと思って観に行ったのは、高校生になってからでした。
それが劇団四季の「李香蘭」。
ご存じの方はご存知ですが、山口淑子さんといって、激動の時代を生きた、実在の人物の半生を描いた作品です。
主演は、主宰、浅利慶太氏の奥さんでもある野村玲子さんでした。
 
 
「ミュージカルって、なんて素晴らしいのだろう!」と思いました。
CDは毎日聞いたし、李香蘭はその後も何度も見に行きました。
 
今思えば、ハマった1番の理由は、川島芳子役をやっていた、保坂知寿さんだったかもしれません。
川島芳子さんについては、ここでは歴史的なことを書くのは控えておきますが、この物語の中で「もうひとりのよしこ」として、李香蘭と同じくらい重要な役割を担っていた役柄です。
 
 
野村玲子さんも保坂知寿さんもすでに退団されています。
ちなみに、当時はまだ石丸幹二さん(李香蘭には出ていませんが)も濱田めぐみさんも四季に在籍していました。
素晴らしかったなぁ。
 
 
偉そうに語れるほど、ミュージカルのことは知りませんが、始めのがーすーちゃんの質問にここで答えるなら、(今公演が行われていないものも含めて)
 
初めて観に行く方、特にファミリーは、やはりディズニー系がいいと思います。「ライオンキング」や「アラジン」「美女と野獣」など、おなじみの曲が使われていて、見やすいし、楽しめるんじゃないですかね。あとは、知っている曲がいいけど、ディズニーはちょっとという方、一緒に音楽で盛り上がりたい方は「マンマ・ミーア」かな(ABBAが好きなら絶対にコッチです)。
 

 
 
歌にも物語にも浸かりたい方は、「オペラ座の怪人」がおすすめ。私も好きです。
 

 
ダンスが好きな方は、「ウエストサイド・ストーリー」。
そして同じくダンスが好きな方に、私の個人的な好みを押し付けるなら、毎回おなじことをいいますが「CATS」と「コーラスライン」です。
 
 

 
 
CATSは客席にも飾られているセット(ネコ目線の大量のゴミ)も素晴らしい。その土地に合わせたものが捨てられている(という設定)。例えば横浜のときは、崎陽軒のシウマイ弁当の箱とかあったし(あとなにがあったかなー)、上から落ちてくるものは赤い靴でした。
 
 
そのCATSが、来年の夏、関東に帰って来ます!!!
東京の大井町です。待ち遠しいなぁ!
 
 
 
今からこんな話しても仕方がないけど、キャッツで取るべき席は、通路席。
通路は猫達が通ります。すぐそこから歌声が聞こえるし、カーテンコールでは握手に回ってきます。
できれば前から数列目までの回転席がオススメですが、四季の会の会員でないと、なかなか取れません。
 
 
とここで、現在の大阪の回転席を調べたら、キャッツシアターではなく、通常の四季劇場のため、回転席はないようです。ならば、S1席通路側を取るべき。
 
 
どうやって席の指定をするのかというと、「席位置こだわり予約」というのが有りますので、このブログの最後に、劇団四季のHPのリンクを貼っておきますから、そこから「チケット」へと進んで、選んでみてください。一般でも席のこだわり予約は出来るようですが、一般発売された頃には、おそらくS1は大半が埋まっていると考えられます。
 
 
fc2blog_20170815180929bf4.jpg
 
 
「たった数回観に行くために、四季の会に入るなんてもったいないよ」という方もいらっしゃるかもしれません。
四季の会の年会費は約2000円。
はじめに入会金が約1500円。
 
 
四季の会に入会するメリットは、先程も書いたように、なんといっても会員先行予約!
一般より早くチケットの発売が始まるので、いい席が取りやすい。
 
 
あとはS席の割引(そろそろ回し者説)
S席の料金は11800円だけど、会員は1000円引き。
ご家族やお友達の分まで、一緒に買えば割引できます。
 
 
ミュージカルに興味がある方は、CATSは1回見てみていただきたい。
まぁだいたい予想はついてると思いますけど、沢山のネコが出てきます。
でもね、人間みたい。
みんなそれぞれ、体つきも違えば、性格も違うのです。
 
 

 
S1席を勧める理由は、俳優さんの表情や、美しく芯が1本通っているようなカラダのバランス、ダンスがよく見えるためです。全体の動きを見るなら、逆に後ろの方の席が良いかと思います。
 
 
 
ダンスや歌に興味がない方は、なにがいいのかと思うかもしれない。
特にCATSなんかは、ストーリー性を求める方には物足りないかもしれません。
でも、その演目の役柄以上の物語が、そこにはあります。
TVなどの画面を通しては伝わらない勢い。目の前で聴く美しい歌声、エネルギッシュで、ときに繊細なダンスの、生の迫力。その熱に圧倒され、元気がもらえます。
 
 
四季のHPはこちら
 
 
 
当然のことながら、俳優さんは、簡単にその役を手にしているわけではありません。
劇団四季では浅利慶太さんの言葉「慣れ だれ 崩れ = 去れ」が貼ってあるといいます。
舞台に立ち、同じ役柄を演じていると、”慣れ”が出てくる。やがてそれは“だれ”となり、最終的には“崩れ”てしまう。そのような者は劇団を去れと、警告しています。
メインキャストがだれによって降板させられ、ある日突然ステージにおらず、稽古場に戻っていることもあるそうです。
 
 
状況を俯瞰し、基本となる部分を疎かにせず、どのようにすれば、お客さまに最高のものを見せられるのか考えられている。
それは、どの世界でも必要なことなのでしょう。
どんな体験をしてほしいのか、イメージして、具体化していくこと。
 
 
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

WHAT'S NEW?