いつもね、班長さんのアキーコは、「みわたんはセミナーの日は泊まりー?」などと聞いてくれて、「泊まりかもー」と答えると、ささっとホテルを調べてくれる。
ちなみに彼女が探したホテルにハズレはありません。
 
 
先日も、兵庫のタカナ大好きタナカ畜産のあつみさんとご一緒することが出来ました。これね、翌朝朝食とってるときの1枚。寝たのは深夜3時過ぎ。楽しかったね。
 
 
fc2blog_201709241910243a7.jpg
 
そして、お部屋は違うけど、いくさんも♪
(ホテルで撮り損ねたー)
 
fc2blog_20170924215708cae.jpg
(私の向かって右隣です)
 
お二人ともこの日が初対面でした。
 
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
 
今日は、改めてSNSについて少しお話したいと思います。
なんでもそうですが、初めは「やるぞ!」と意気込んでいたものも、毎日していれば、いつの間にか当たり前になります。
 
 
たまに旅行に行ったときくらいしか投稿しなかった人が、いきなり顔出しで投稿を始めると、友人たちも「いきなりどうしたの?」と驚きます。聞かれれば説明をしていましたが、聞く人は聞くし、聞かない人は聞かないままだから、そうするうちに、それ以上は、「なぜSNSでの発信が重要であるのかを、誰かに説明すること」の必要性など感じなくなります。
あまりにも日常生活に溶け込みすぎてしまうのでね。
 
 
そして慣れないながらも、その意義を自分なりに認識し、やりつづけていると、楽しくなってきます。「ビジネスのため」に始めたはずのものが、いつの間にかそんなことなど忘れ、ただ友達とコミュニケーションをとることに夢中になっている。
 
 
でも、もしかしたらそれだけ、今まで孤独を味わっていたのかもしれません。
仕事でどんなにいやなことがあっても、大変なことがあっても、嬉しいことがあっても、わざわざ誰かに報告することなどないし、たまに会える友人に、そんな細かい、ましてやネガティブな話など、あまりしたくはない。
 
 
そんなことを、
「これ、大変!(笑)」「苦手な作業!(笑)」
と笑い飛ばせるようになったのは、紛れもなくSNSの力であるといえます。
SNSというか、全国の見てくれている「SNSというツール」を使ったお友達のおかげ。
 
 
大変な仕事は変わらない。
投稿したからといって、仕事が減るわけじゃない。
なんなら投稿している時間があるなら、早くやれとも言える。
でもね、モチベーションは全然違う。
 
 
 
 
かといって、その関係性は一朝一夕という訳にはいきません。
冒頭にも書きましたが、一緒のお部屋に泊まったあつみさんは初対面です。
ですが、もう結構長いこと認識して投稿を見ていたし、やりとりもしていました。
 
 

 
 
 
 
 
学生時代、学校が変わったり、学年がかわったりする度に、初めてその教室に入ったとき、そこには今までの日常とは違った景色があります。(当たり前だけど)
知らないひとが沢山いる。(当たり前だけど)
そんな人たちとどうやって仲良くなろうか。
私もそうですが、人見知りの方は、そんなことを考えていたと思います。
 
 
でも、いつの間にか仲良くなっている。
何がきっかけって、たいてい他愛もないことだったりしますよね。
毎日顔を合わせて「おはよー」「バイバイ」と言っているだけでも、当然違うわけです。
 
 
SNSでも同じことが行われています。
顔の見える、どこに住んでいるか(もしくは勤務地)を知っている、何を職業にしているのか知っている人が
「おはよー!今日はこんなことをしてるよー」
といえば、会社や学校で挨拶しているのと、さほど変わらないんです。
 
あ、わかりますよ。昔は私もネットの中で仲良くなるとか、胡散臭いとか思ってましたしね。
でも、それは、「どこの誰だか、全くわからない」場合の話。
 
 
きちんと発信している人は、たとえ会ったことがなくても、怖くないどころか、更に仲良くなれる。
「やっと会えた」という気持ちも相まって、とてもうれしくなる。
 
 
 
今、アナタのお仕事がもしも大変なら、尚のこと。
部活とか思い出すとわかりやすいかもしれないけど、一緒に頑張る仲間がいるって、いいものですよ。
SNSって、そんなチカラをもっています。
 
 
 
ブログは毎日読まれるものでもないだろうし、思いついたときだけでもこうして説明することで、そのときにたまたま読んでくれたひとが「あぁそうか」と思ってくれるのならば、それはまた1つの「楽しい消費」「楽しい仕事」に繋がるのかもしれないなんてことを思います。
 
 
 
静岡のはなぶさ旅館、はなさんから届いたばかりの干物。
 
fc2blog_2017092422024960b.jpg
 
めっちゃ美味しい。これも、SNSがあったから買い求めることができました。
 
fc2blog_2017092421593183e.jpg
 
 
 
 
では、今日はこのへんで。
おやすみなさいませ。
いい夢を♪
 
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村
私が心から笑っているとき、それは勝手に私が笑ったのではなく、その、目の前の人が笑わせてくれたのだと、私はいつも思う。
心遣いのできる人が、人を笑わせることができるのだと。
 
 
fc2blog_20170923212006f6b.jpg
 
面白い人は、いつも人のことをよく見ている。
 
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
 
本屋さんに行くと、沢山のマーケティング本があります。
どんなに机にかじりついて勉強しても、「こうあるべき」に気を取られ、ガッチガチになっていたら、楽しくありません。
楽しまなければ前には進めない。
 
 
fc2blog_20170923211526fe3.jpg
 
 
3年前にはSNSがよくわからなかったという【ハッピー薬店】橋本さん。信じられません。
でも誰にでもスタートの日がある。短パン社長に「高田馬場なう」(初めてのツイート)があるように。
いきなりすべてが出来るわけではない。
ハッピー(橋本)さんは、いつも、誰かの投稿に対して、人の心が穏やかになるようなコメントをしてあげているのを、度々目にします。
 
 
fc2blog_20170923211448e97.jpg
 
 
出来ない自分を責めずに、ダメな自分を受け入れよう。
自分らしく発信していこう。だめでもよくても、自分は自分なのだから、認めながら進んだら良いのだと。
 
 
 
 
我孫子【CONKS】柏【SUNNY’S】沖縄【FUNTAS】の美容室3店舗を経営されている、松島亘さん。
 
fc2blog_20170923215530d8d.jpg
 
ふざけてるーーーーーーーーー!
 
でもね、私の知ってるワタルさんは。。。
 
fc2blog_20170923224229147.jpg
 
やっぱりふざけてるーーーーーー。
そして、とても心遣いのある、優しくて明るくて、太陽みたいな方です。
 
 

 
そう。ワタルさんのお店は、全店舗お休みにして、社員さん全員が社長の講演を聴きに駆けつけていたのです。
とはいえ。普通なら、めんどくさいなーと思ってもいいところですよね。
 
 
でも、そんなことを思っている人が、果たしてこの中にいるでしょうか。
CONKSグループのすべては、この社員さんたちの表情が物語っています。
それはただ、「社長が講演するから聴く」
ということではなく、心から尊敬し、愛情を持つ、親友のような、家族のような表情でした。
 
 
fc2blog_20170923220445060.jpg
 
ね。こんな表情します?(勝手に写真お借りました)
 
 
fc2blog_2017092322045341f.jpg
 
これ、セミナー中ですよ?
爆笑です。もう。見ての通りです。
 
 
都合のいい四字熟語を使っちゃいますが、ワタルさんも紆余曲折あったといいます。
決して平坦な道のりではなかった。
でも、目の前の人たちの笑顔のために、発信を続けた。
するとお客さまとスタッフさんの関係性がとても深いものに。
 
fc2blog_2017092322073985d.jpg
 
伝わりますものね。そういう人の温もりって。
 
 
fc2blog_20170923235159fe2.jpg
 
先に、ワタルさんのことを太陽のような人だと書きました。
みんなを照らし、みんなが笑っているとき、その裏では己に厳しく、全力で光を作ってくれている方だと思うのです。
私の周りには、そんな方が多い。
ビジネス云々の前に、人として、尊敬できる方々です。
 
 
 
そうそう。大事なことを忘れていました。
ワタルさんに髪を切ってもらいたい人は、是非、以下の要領で、検索してみてくださいね。
 

 
 
では、今日はこのへんで。
おやすみなさい。いい夢を♪
 
 
fc2blog_2017092321223680d.jpg
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

SNSありきの消費

 22, 2017 23:51
藤村先生はおっしゃいました。
 

 
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
そう。私たちはもともと、旅行に行ったり、出かけた先で、美味しそうなもの、美しい景色、面白いことに出逢うとシャッターを押していた。
 
目的は「旅を通して、なにかしらの体験や想いを得ること」
その一瞬を切り取った写真は、とても大切なものですよね。
しばらくしてその写真を見返すと、
「あのときここから見えた山がキレイで」
「ここのレストランはおいしかったな」
とそのときの感情を思い出すことが出来るから。
 
 
 
しかしながら、現在の旅の理由はそれだけではなくなった人が、半数弱いるということです。
 
 
fc2blog_20170922225354d26.jpg
 
 
今年の夏流行った夜のプールも、
「写真さえ撮れればいいから」
と、(泳ぐ時間がとれない)閉店30分前にも関わらず、入る人もいたのだとか。
 
 
そう。
「SNS映え」
それが、今の消費の傾向であると、藤村先生はおっしゃるのです。
 
 
そして「SNS映え」は、伝染します。
「どこどこのプール、後ろの東京タワーがすごくキレイ!」
 
fc2blog_201709230056597cf.jpg
 
と一人が投稿すれば、それを見たお友達や知人は、そのまたお友達を連れて、夜プールに行き、投稿します。
すると、またその投稿をみたお友達が、お友達を連れてそこにいきます。
 
 
そうやってどんどん増えていく。
たったひとつの投稿が、ときにはコメントが、どこまで膨れ上がるかわからない時代です。
 
 
それは当然、今までにない消費。
そういう私達も、このセミナー会場に行く前
 
 
fc2blog_20170922224602a32.jpg
 
ランチで「GHEE」に行っています。
でも、それってただ「美味しいカレーが食べたい」という理由だけでしょうか。
 
 
いいえ違います。
 
この日、セミナー開始は13時。GHEEのオープンは12時。決して時間に余裕があるわけではありません。
ささっと食べて、すぐでなければいけない。
にも関わらず、私達がここに行った理由。
 
 

 
 
短パン社長行きつけ、オススメのお店に、皆で行って写真を撮り、そして美味しいカレーをいただく。
そして投稿。まぁ投稿はしないにせよ、その繋がりを感じること、体験のために、行っているといえます。
そこまででようやく1つの目的。
SNSが生んだ消費であることにかわりはありません。
短パン社長のように影響力があるわけではなくとも、こういったことはどこにでも誰にでも起こりうることです。
 
 
kisobarも同じことが言えますよね。
 
 

 

 
 
【大阪製缶】清水社長のフツーTもそうだし、【九州ラーメン友理】友理Tもそう。
まさかフツーだと思っているから、トッピングして欲しいから着るわけじゃない。
友理なんてだいたい、着ていっても量が多いからトッピングお願いしないし(笑)
 

 
 
そのように私たちは、意識していなくとも、そういったSNSのための消費や、SNSが導いた消費をしているのです。
誰かと繋がっていること、誰かの笑顔が見えるようなこと、そして自分の承認欲求。
そんなことを欲しているのでしょうね。
 
 
 
では今日はこのへんで。
おやすみなさいませ。
いい夢を♪
 
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

割れにくい陶器の詰め方

 21, 2017 09:59
陶器を発送するときには、やはり緊張します。無事に届きますようにと。
保険はかけているし、頑丈にしているつもりですが、やはり割れずに届いたというお知らせが来るまでは、ちょっと心配。
 
 

 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
 
陶器を運ぶなどという機会は、みなさまはそうそうないとは思うのですが、お引っ越しなど、陶器を運んだり、送ったりすることもあるかもしれません。
 
今日は、私が遠方からのご注文で、送らせていただく場合、なるべく心がけていることをご紹介しますね。
 
 
 
〈包み方〉
 
面倒かもしれませんが、お皿は1枚1枚エアキャップ(プチプチ)で、なければ新聞紙でもいいので包みましょう。
どうしても面倒なときや、紙がたりないときは、1枚おきでもいいです。とにかく直接陶器と陶器がぶつかりあわないようにします。
 
急須など、口や持ち手部分があるものは、ちょっとぶつかっただけでもとても割れやすいので、かなり厚めに口や持ち手を保護しましょう。
 
 
〈(ダンボールなど)箱に詰める〉
 
頑丈そうなダンボールや箱の底に、エアキャップ又は丸めた新聞紙などを敷き詰めます。
次に、包んだお皿を、立てていれます。
 
fc2blog_2017092023434840c.jpg
(あ、これは、このダンボールの大きさでよいのかチェックしている段階なので、何も下に敷いていません)
 
大事なことなので繰り返します。
 
お皿は立てていれます。
 
 
このとき大抵皆さん、横に置くと思います。
でもそうすると割れやすいのです。
 
 
これは言うまでもありませんが、どうしても重ねなければいけない場合は、重くて大きな食器を下にし、上に軽いものをのせます。持ったときにバランスを崩さないよう、左右であまり重さが違わないほうがいいです。
 
 
もし隙間ができてしまったら、新聞紙などを丸めて詰め、ギュウギュウにしてください。
この緩衝材はとても大事です。なるべく陶器が動かないようにしましょう。
 
 
fc2blog_20170920234359ba0.jpg
 
 
1箱に沢山詰めたいからと、ダンボールの蓋が持ち上がるほど詰めてはいけません。
上に別の箱をのせたら、割れてしまいます。
 
 
 
 
 
次に、初めて陶器を使うときの注意点も書いておきますね。
 
 
米のとぎ汁を入れた鍋に、器を入れます。(水位は器がかぶるくらい)
火にかけ、沸騰する手前で弱火にします。(15分くらい)。
火を止め、そのまま冷めるまでおいておきます。
うつわを水から取り出し、しっかり乾かします。
 
 
 
陶器は、目には見えませんが、土ですので隙間があります。その隙間を埋めてくれる役割を果たします。
 
それが面倒であれば、30分~1時間ほど、水につけておきます。それも面倒なら、せめて水で濡らしてください。
 
 
さらに私は、しばらく使わなかった陶器を使うときや、特に釉薬のかかっていない、ザラザラした陶器を使うときにも毎回水で濡らします。そうすることで、匂いや色の沈着を防げるからです。
特に、キムチや魚など、匂いの強いものを入れるときには余計にやったほうがいい。
 
陶器に入ったヒビ(貫入)に、お茶などの色が入り込んだ状態を「味」とする見方もあるのですが、やはりキレイに使いたいというときは、漂白剤を普通に使って大丈夫です。
 
 
 
いかがだったでしょうか。
そんな感じで、陶器を長く大切に扱ってくださいね♪
 
 
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村
酒器が主役になれる季節。
落ち葉の赤と、熱燗の湯気。
 
 
fc2blog_201709201949596b6.jpg
 
 
こんにちは。
 
珈琲豆・器・洋服
埼玉県熊谷市のセレクトショップ【Riyon】みわです。
 
 
 
 
「これを失ったらどうにもならない」
って、思い込んでいることって、きっとたくさんあるんだろうなって思います。
 
物質的なことも、精神的な支えも、中にはすでに違和感を覚えていたのに、それを失うと環境が変わってしまうから、変えたくなくて、しがみついていたものさえあって、そういったものを手放してみました。
そういうことというのは、意外と些細なことで。でも、本人にとっては大きなもの。
わりと平気でした。なんなら、無理していた自分に気付いたくらいでした。
 
 
たとえば、本当に小さな話なんだけど、お気に入りだったピアス。
失くすのが怖くて動き回るような日は着けないでいたのに、あるときバスに乗り遅れそうになって走ってしまい、その後耳を触ったらピアスがなかった。
気付いたときは、軽くですがショックでした。でも、よく考えたらそんなにもともと使っていなかったし、片方になっちゃったけど、別のと組み合わせて、普通に使っています。むしろ、元々シンメトリーよりもアシンメトリーの方が好きなんだったと気付きました。
 
 
たとえば、親友の転勤が決まったとき、すごく寂しかった。
でも実際、今の時代はいつでもつながっていられるから、いつでもLINEすればいい。会えなくても元気でいてくれてるその存在にただ感謝できる。
FBの、日本酒のイベント参加の通知をみるたびに、ああ彼女は今日も元気だと笑顔をもらえる。
 
 
たとえば、たとえば。こうなったら嫌だと思っていたことも、無理してでも受け入れると(というか、受けれざるを得ない場合もありますが)、不思議なものでだんだんそれに順応してくる。
人は今の状態を100としたら、いい部分は維持しつつ、必要なものを足して、105とか、110とか、とにかく上に行きたいと思っているから、「現状」から欠けるなんてとんでもないと思ってしまう。それでもなんとかなってしまうのだから不思議です。というか、マイナス5でも、プラス10なら、もうプラスなんですよね。
 
 
環境は受け入れるしかない。きっとみんなわかっている。
乗り慣れない車も、行き慣れない場所も、いつか、いえ、すぐに慣れる。
人もそう。
その人の声も、仕草も、見慣れてなじむ。生活の一部になる。
そのときに初めて見えてくるものもある。
 
 
あんなに気に入っていたのに、大きな理由もなく、なんとなく行かなくなったお店も、なんなら失くしたことに気づかないものすらあるでしょう。
 
 
 
 
よく「手放すことによって、手に入る」
というけれど、本当にそう思う。(そのときはそう思えないけれども)
それは、自分の気付けるかどうかによるものもあるのだと思う。認識。
ニーチェがこういったように。
 
 
『事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである。』
と。
 
 
 
ただ、一方で、今あるものに感謝しています。
当たり前になって、見えなくなってしまうときもあるけれども、
いつか言えばいい。
いつかやればいい。
いつか。いつか。
いつになっても来ない、その「いつか」は。
 
 
 
先日も、家族のために無農薬の野菜や果物を作ってくれる父に、きちんとお礼をいいました。
「いつもありがとう。」って。なかなか言えないんですよね。
 
でも、大切なことです。
 
 
 
 
 
RiyonのECサイトはコチラ♪
 
Twitterもやってます!コチラです♪
 
そして実はInstagramもやってます!コチラ♪
 
 
 
 
 
Riyon
 
 
埼玉県熊谷市別府5-80-3  
TEL : 048-533-9533
営業時間 :11時~18時
おやすみ:日/月曜/祝日
 
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 熊谷情報へ
にほんブログ村

WHAT'S NEW?